FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
イギリスの行事やイベント

クリスマスイルミネーションの点灯式 in アイアンブリッジ

幻・・でしょうか??

お買い物の帰りに通ったアイアンブリッジで、見慣れぬ光景を目にしました。
いつ行っても閑散としている、(たぶん、きっと、絶対?)世界一マイナーな世界遺産アイアンブリッジの周りに人が大勢集まっています。
しかも!人員整理のポリスマ~ンまで出動して・・。


オヨヨ・・(←死語です~)
頬を上気させた人々が大声でウントダウンを始めました。
クリスマスまではまだ日もありますし・・、いったい何のカウントダウンを・・?
好奇心がムクムクムク・・

・・が、
渋滞していた車が動き出し、ワタクシたちもアイアンブリッジを後に・・
・・な~んて出来るハズがありません(笑)。
ヤジウマ~ンなワタクシたちは車をUターンさせてもう一度街中を通り、カウントダウンの続きを見ることに・・。


おぉ~ はぁとvv

クリスマスイルミネーションの点灯式です!
10年以上イギリスに住んでいますが、点灯式の瞬間を見たのは実は初めて。
(点灯式の日程は)地元の新聞などで告知があるのでしょうが、超僻地の我が家には新聞は届きませんし、ここ数年は家にテレビもなかったので世間にめっちゃ疎くなっていました ・・・汗

花火も上がり始め、人々の興奮は最高潮!
どの顔も季節がクリスマスへと動き出した期待で満ち幸せそう heart
ワタクシたち久しぶりの花火を楽しみま・・

・・・・。


アイアンブリッジに人が沢山集まっていたの幻ではなかったですが、

あっという間に終わってしまった花火は まさに幻 のようにでした~(笑)。




日本の花火大会などと違い、イギリスではかな~り大きなイベントの花火でもほんの数十分で終了してしまうのですぅ~。 
ちなみに日本では夏のイメージの強い花火ですが、イギリスでは99.9%冬のものです。



20091122 アイアンブリッジクリスマスイルミネーション点灯式
闇夜のアイアンブリッジに怪しく(?)うごめく人影(笑)。


sR0017469.jpg
おぉぉ~


sR0017470.jpg
たまや~


sR0017484.jpg
帰り道に通ろうとした街でも点灯式をしていたみたいで通行止めでした・・。




イギリスの行事やイベント

イースター、郵便局は4連休!?

・・な、なんですと~!?

用事があって近くの郵便局へ行ったところ、平日(金曜日)だというのにお休みです。
入口の営業案内を見ると、金曜日は5時半まで開いていることになっています。

sR0012955.jpg

ワタクシの時計が狂っているのでしょうか?
ふ・・と視線を落とすと・・、
営業案内の下にもう一つ営業案内らしきものが・・。

sR0012957.jpg

やじるし↑もしかしたら土曜日は営業している・・??)

どうやらイースターで10日(金)・11日(土)・12日(日)・13日(月)の4連休の模様・・。
ちなみにイースターは12日(日)。
日本人的に考えたら、金曜日は(当然!)通常営業で土曜日半ドン(通常営業)、日・月お休み・・というのがイースターにおける正しい(?)郵便局のお休みの取り方のような気がするのですが・・。

う~ん・・
なぜに金曜日がお休みなのでしょう??
謎ですぅ~。

💡
そのムカシ、イエス・キリストは十字架に貼り付けられ帰らぬ人となったのですが、その3日後に生き返ったのだそうです。
イースターはイエス・キリストの復活を祝う行事で、俗習として復活(再び生まれる)と生命の象徴である卵を結びつけたという“イースターエッグ”が有名なのですが、近年では装飾を施した正統派(?)イースターエッグよりも、“卵の形のチョコレート” の方が人気があるようです(笑)。


sR0012765.jpg
手作りチョコレートエッグをお友達から頂いちゃいました は-と


sR0013081_20090416121453.jpg
キッチンのカップボードに飾ってみました~。
このカップボードはイギリスのビクトリア時代後期のもので、ワタクシのお気に入りなのです イギリス


sR0013092.jpg
割ると中にもミニエッグが・・。


イギリスの行事やイベント

イギリスのバレンタインデー

2月13日の夕方、生花売り場近くのレジは花束とカードを求める紳士たちの長蛇の列です。

そう、2月14日は言わずと知れた(?)聖バレンタインデー は-と
チョコレートを添えて女性から愛の告白をできる日!

・・ということに日本ではなっていますが、ここイギリスでは女性から男性にといったキマリは特になく、モチロン贈り物はチョコレートである必要も 全く ありません。

思うに・・
日本のバレンタインデーは製菓会社の仕組んだ甘い もしくは 陰謀 、そうでなければ年に一度の販売促進キャンペーンに違いありませんデス(笑)!。

こちらのバレンタインデーは恋人同士はモチロン、長年連れ添った夫婦間でもプレゼントを贈りあってお互いに対する関心と愛情を示しあうという感じです。
んー・・、なんかヨイですぅ~。

・・が、

意外なことに(?)イギリスの離婚率は約50%とかな~り高かったりします。
う~ん・・
愛情が無くなったら別れる・・という姿勢は潔いといえば潔いかもですが・・ ・・・汗


sR0011374.jpg

生花売り場の周りをウロウロする紳士たち。
微笑ましいですぅ~。


sR0011373.jpg

紳士たちが長蛇の列を成す、スーパーの生花売り場前のレジ。


sR0011380.jpg

ワタクシも14日は何か美味しいモノでもこしらえて・・と思っていたのですが、長いこと開かずの間になっていた2階の小部屋をワタクシのパソコンルームにするべく、朝からテンヤワンヤの大騒ぎをしていたらうっかりすっかり忘れてしまいました・・。
その甲斐あって(?)ずいぶん部屋らしくなりましたが・・(笑)。


sR0011387.jpg

最近、おままごとグッズが気になるのです~。
これは1950年頃の物で、内蔵されたアルコールランプを使って実際に火を付けることができるレンジ。


sR0011389.jpg

ビクトリアンキャットアンティークスで使っている柔らか包装紙。
実はこの紙には「ビクトリアンローズ」という名前がついています~。


イギリスの行事やイベント

イギリスのクリスマスと日本のひな祭りとの共通点は・・?!

夏草や~、兵共が夢のあとぉ~

ちょっと違うかもです(笑)。
始まる時はあんなにワクワクドキドキしていたのに、どうしてお片付けはこうも空しい(面倒臭い?)のでしょう?

ssP1110688.jpg


いえ・・
本当は先週の土曜日(1月6日)には片付けなくてはいけなかったのですが・・。
イギリス人の友人によると、クリスマスから12日以内に(クリスマス)飾りを片付けないと、良くないことが起こるらしいです・・ ・・・汗


・・が

先週末はオットが風邪でダウンしてしまった為、一週間お片付けが延びてしまいました・・。
もっとも住宅地であれば「人の目」もあるでしょうが、ここは森の中の一軒家。
夏なら稀にハイキングの方が家の前を通ることもありますが、今は真冬です。
この季節、我が家の半径2km以内では野生動物にしか遇わないのです~(るんるん ♪←死語です~)。


・・な~んて高を括っていたら
間が悪いことにキジ狩りの紳士たちが大人数でやってきました・・。
(・・・・・)←思わず言葉を失う2人。
いつもなら手を振り挨拶をするフレンドリーなワタクシたちですが、この日は居留守を決め込むことに・・。
やじるし↓この時のワタクシたちの心境を歌にしていました(笑)。
  (この元歌が何だかおわかりになった方は、ズバリ、ワタクシと同世代です~)


音符1もしも~もしも~できることでしたれば~
「6日を挟んで旅行に出かけてる」と誤解してちょうだいマセマセ~ 音符1


あちゃちゃちゃちゃ・・

モモがワンワンして居留守がバレてしまいました~ !絵文字名を入力してください



ssP1110633.jpg

お片づけをする前に、今年最後(最初?)のクリスマス写真を撮りました(笑)。


ssP1110634.jpg



ssP1110621.jpg


ssP1110560.jpg



ssP1110529.jpg



ssP1110638.jpg



イギリスの行事やイベント

イギリスのクリスマスは日本のお正月?

イギリスのクリスマスは日本のお正月みたいです~。

・・と申しましても、
今のお正月ではなく四半世紀以上前のお正月です。
(年がバレますね・・ ・・・汗


クリスマスの日は(ムカシの日本のお正月のように)銀行や公共施設そしてスーパーまで、ありとあらゆるお店がお休みになります。
クリスマス当日だけでなく翌日もお休みのスーパーも多いので、ワタクシも(念の為に)イブに食料の買出しに行きました。

気分は子供時代の 年越し です(笑)。
ワタクシが子供の頃は年末大量の食料を買い込んでおせち料理を作り、正月はそのおせちを頂いて過ごす・・といのが、大方の日本人の正しい年末年始の過ごし方でした。

若い皆さんには信じられないかもしれませんが、ワタクシが子供の頃、正月三箇日はどこもかしこも閉まっているのが普通でした。
開いているのは社寺くらいです(笑)。
(初詣は稼ぎ時なのですぅ~)
モチロン、コンビニなど一軒もありませんでした ( ・・・ 遠い目・・)。


さてさて・・
どこもかしこも閉まっているクリスマス、ワタクシとオットは朝から暖炉の前でモートワイン(おとそ?)を飲んで過ごしました。
お出かけは夕方モモのお散歩に行っただけ(笑)。
夕食はローストターキー(おせち料理?)をオットと仲良く頂きました。
明日の朝はローストターキーサンドイッチ(おせち料理の残り?)を・・


う~ん・・、イギリスのクリスマスは まさに 日本のお正月ですぅ~。



sR0017409.jpg

クリスマスの午後のKeepers Cottage。


sR0017425.jpg

外を覗くモモ(ボーダーコリー女子たしか5歳)。


sR0017426.jpg

外を覗くジャム(シャムネコ女子きっと6歳)。


sR0017440.jpg

暖炉の前のモモ。
暖炉の上の鍋にはモートワイン(スパイス入りのホットワイン)。
今日は朝からず~っとモートワインを頂いています。


sR0017446.jpg

材料:(A)赤ワイン750cc・オレンジジュース300cc・水300cc・砂糖大匙3・スパイスミックス1袋
    (B)ブランデー150cc
    (C)りんご・オレンジ(適当にスライス)
①(A)を沸騰直前まで暖め、(B)を加え更に(沸騰させないように)10分加熱、スパイスミックスを取り出す。
②(C)を入れたカップに①を注ぐ。



アップロードファイルクリスマスディナー(おせち料理?)アップロードファイル

sR0017481.jpg

《前菜》
(ターキーパイwithクランベリー/クスクスwithクランベリーソース/ウォールナッツとりんごのサラダ/洋ナシ)
器は私の大好きなウェッジウッド(クィーンズウェア)のアンティーク。

今日のお料理はクリスマスに欠かせない「クランベリー」がテーマ。
前菜もメインもデザートもクランベリー漬けなのです~。


sR0017495.jpg

《メインコース》
クリスマスの定番、ローストターキーとローストベジタブルです~。
たっぷりのグレービーソースとクランベリーソースを添えて・・


sR0017510.jpg

《デザート》
デザートはクリスマスプティングにしたかったのですが、オットが好きではないのですぅ~(くすん・・)。
(ムースwithクランベリーソース)



イギリスの行事やイベント

オットとクリスマスイブ

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

オットと2人でクリスマスイブです~。


sR0017390.jpg

前菜イロイロ。


sR0017385.jpg

モッツレラチーズとトマト。


sR0017386.jpg

ミニチキンナゲット。


sR0017382.jpg

かぼちゃの小豆ミルク和え、マヨネーズ&クランベリーソース添え。


sR0017383.jpg

オリーブの実。


sR0017388.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0017384.jpg

ワカメと海老のサラダ。
醤油・マヨネーズ・ニンニクを小さなビニール袋で混ぜて、そのまま(ビニールの先っぽを切って)サラダにまわしかけます。


sR0017380.jpg

中華サラダ。



ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と押して頂けると励みになりますデス。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

イギリスの行事やイベント

クリスマスマーケット

ssR0017349.jpg


何だかココロがぽかぽかしてきました~。
クリスマスイルミネーションの暖かい色合いのせいでしょうか?


モモ(我が家のワンコのボーダーコリー女子たしか5歳)を連れて、オットとバーミンガムのクリスマスマーケットに行ってきました。
11月から約1カ月に渡り開催されたクリスマスマーケットも、とうとう今日で終了です。
オットは今日が今年初めてのクリスマスマーケット、ギリギリ滑り込みで間に合いました。


それにしても・・
皆さん、お寒くはないのでしょうか?
ドイツ人に負けず劣らずビールラブ なイギリス人の皆さん、今日もビールをガンガンに飲んでらっしゃいます。
見ているワタクシの方が凍えそうです(笑)。


しか~も!
室内に席がある場合でも、なぜか皆さん外で飲んでいるのです。やじるし↓
う~ん・・、なぜでしょう?
体感温度が違うのでしょうか?

ssR0017335.jpg


日本人にしては寒さに強いワタクシですが、お外でビールはちょっと・・ ・・・汗
やはり寒い夜にはモートワイン(ホットワインwithスパイス)に限りますデス。
クリスマスマーケットで頂くモートワインはちょっとホットカルピスに似た味わいで、お中元の残りのカルピスを冬になるとお湯で割って頂いた子供時代・・を思わず思い出してしまいます(笑)。


ありゃ、りゃ、りゃ・・?? ??? 

モートワイン、飲みすぎたのでしょうか?
ココロだけでなく、頭までぽかぽかしてきましたぁ~。




ssR0017286.jpg

まるでお菓子の家みたいで、眺めているだけで幸せな気分になります~ ラヴ ハート


ssR0017299.jpg

イギリス名物(?)ガーリックブレッド。


ssR0017303.jpg

冬の風物詩、焼き栗。


ssR0017306.jpg



ssR0017280.jpg

クリスマスに無関係なお店も出店しています(笑)。


ssR0017318.jpg

移動遊園地のメリーゴーランド。


ssR0017357.jpg

豆電球 クリスマスマーケットのその他の写真は こちら


イギリスの行事やイベント

クリスマスの伝統料理 ~ローストターキー&クリスマスプディング~

もう食べられませんですぅ~ ・・・汗

この辺りでは美味しいと評判のパブ&レストラン、「PLUME of FEATHERS」へ友達と行ってきました。
ここは我が家から近いので時々お邪魔するのですが、クリスマスディーナーを頂くのは初めてです。

あ・・
「ディナー」と申しましても、ワタクシたちが頂いたのは、「夕食」ではなく「昼食」です。
大ムカシ(ワタクシの記憶が正しければ中学時代)「ディナー」は「夕食」と習ったハズなのですが、どうもここイギリス※では「ディナー」は特に「夕食」を指す言葉ではないようです。
昼食でも夕食でも重い食事を彼らはディーナーと呼ぶのです。
(ちなみに通常の夕飯は「ティー」と呼ばれます)

※もしかしたらこの習慣、私の住むミッドランドだけかもしれませんが・・。


うっかりしていました・・。
パブ系のレストランは量が多い・・という事を忘れていました。
とにかくお料理一つ一つの量が爆発的に多いのです~。

いえ・・、
ワタクシ決して小食な方ではございません。
どちらかといえば大食です。
・・が、いくら美味しくてもこう同じ味が続くと辛いものが・・。
それぞれ違うメインディッシュをオーダーしてシェアするべきでした~。
今回はクリスマスディナーということで、全員がローストターキーをオーダーしてしまったのです・・。


結局・・
残った分は「ドギーバッグ」にして頂きました。
勿論モモ(ウチのワンコ)のお土産であるハズはなく、夜に自分で頂いてしまいましたが・・(笑)。




ssR0016968.jpg

「PLUME of FEATHERS」は人里離れた場所にポツン・・と建っています。


ssR0017017.jpg

クリスマスディナーは(パブではなく)レストランで頂きました。
奥はコンサバトリー(日本の温室のようなもの)です。


ssR0017020.jpg



ssR0016977.jpg

席にはカトラリーと共に、イギリス名物(?)クリスマスクラッカー。
みんなで輪になって、隣の人とクラッカーの両端を引っ張り合います。


ssR0016993.jpg

真ん中の部分が残った人がウィナーです。
中からは・・


ssR0016995.jpg

紙で出来た王冠、小さなおもちゃ、伝統的なイギリスのジョークの書かれた紙。
どのクリスマスクラッカーでも中身の構成は(全く!)同じです。

さてさて・・
このジョークなのですが、イギリス人がみても笑えないほどのオヤジギャグ(ダジャレ)。
クリスマスクラッカーの伝統らしいのですが・・。

たとえば・・
Q.牛が食べるミューズリーは?
A.ムーズリー。(日本では牛はモ-モーですが、イギリスではムームーなのです~)


ssR0017008.jpg

メニュー。クリスマス仕様です。


ssR0016989.jpg

前菜。


ssR0016998.jpg

メインディッシュ。モチロン、ローストターキーです~。


ssR0017004.jpg

たっぷりのクランベリーソースを付けて頂きます。


ssR0017009.jpg

デザートは憧れ(?)のクリスマスプティングです。


イギリスの行事やイベント

クリスマスパーティーのドレスコード

今日はオットの会社のクリスマスパーティー、年に一度(?)のおめかしの日です~。

背中と胸の大きく開いた黒地に 金のラメラメ のロングドレス。
日本だったらこんなドレスは結婚式にお呼ばれでもしない限り、着る機会はないです。
いえ・・、
当年とって○○才のワタクシ、(例え結婚式に呼ばれたとしても)日本ではこのドレスを着る機会は皆無です、たぶん


るんるん(←死語です~)お出かけしたものの・・・
ロングドレスの方、ほとんどいらっしゃいません・・。

ガーン! (←死語です~) !絵文字名を入力してください

もしかしてワタクシ、浮いてマスカ?


一体何が起こったというのでしょう?
もしかしてロングドレス禁止令?
それともドレスコードがスマートカジュアルに??
う~ん・・、謎です~。


それにしても・・
正装のパーティーに うっかり 平服で参加・・というのもいたたまれない気分になりますが、逆もなかなかも居心地が悪いですぅ~。




ssR0016712.jpg

ホテルのバーで開場を待つ人々。


ssR0016719.jpg

前菜、サーモンのパテ。


ssR0016724.jpg

メインディッシュ。
クリスマスといえばターキーのクランベリーソース添えです~。
お皿にはイギリス人の主食(?)、じゃがいもがゴロゴロ乗っています~。


ssR0016739.jpg

デザート。
イギリス名物(?)クリスマスプティングが食べたかったですぅ~。


ssR0016780.jpg

このパーティー、ワイン(赤・白)は供されますが、ビールは自腹です。
皆さん、ホテルのバーにビールを買いに走ります(笑)。


このカテゴリーに該当する記事はありません。