FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

薄切り肉のないイギリス

オットと近くの街に出かけました。

とても小さな街なのですが、ハイストリート※には銀行や郵便局はモチロン、肉屋・八百屋・パン屋・靴屋・レストラン・パブ・ブティックなどが所狭しと並んでいてなかなか賑やかです。
※イギリスではメインストリートのことをこう呼びます

今日はこの街のお肉屋さんに豚バラ肉の“薄切り”を買いに行きました。
この店のお肉は美味しい事で有名なのですが(いつ行っても長蛇の列なのです~)、この界隈に住む日本人にとっては別の理由でとても有名です。


実は・・
イギリスには「薄切り肉」なるものが存在しません。
もし普通のお肉屋さんで肉を薄切りにしてくれるようにお願いしても、99%の確率で断られてしまうと思いますデス。
ところがこのお肉屋さんではお客さんの注文ならどんな厚さ(薄さ?)にでも快く応じてくれるのです~ 。
たとえイギリス人の彼らには理解できない理不尽な注文(薄さ)だったとしても・・です(笑)。


さてさて・・
いつもなら街を一周して(お肉屋さんに)戻ると、塊肉→薄切り肉・・になっているのですが今日は時間がかかっているようです。


もっとも、街を一周と申しましても・・
ハイストリートを端から端まで歩いても十数分とかからないとても、めっちゃ小さな街なのですが・・(笑)。



sIMG_6371.jpg

この界隈ではめっちゃ有名なお肉屋さん


sIMG_6392.jpg

街の教会で結婚式をやっていました


sIMG_6394.jpg

お帽子がステキですぅ~ ラヴ ハート


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/75-7c2877dc
該当の記事は見つかりませんでした。