FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 おしごと

紳士の国、イギリス ~時に優しさは残酷?!~

うぅぅ・・
筋肉痛が痛い(←死語です)ですぅ~ ・・・汗


筋肉痛が時間をおいてやって来るようになったのは、一体いつからでしょう?
若い頃、 ソレ はすぐにやってきました。
・・が、
おシニアな今、ソレは忘れた頃・・そう翌々日くらいに突然やってくるのです・・。


もっとも・・
忘れた頃にやってくるとは申しましても、さすがに数日前のことなので(いくらおシニアなワタクシでも)原因は思い出せますが・・
原因はズバリ(またまた死語です~)アンティークの絵(&プリント)、です。
いえ・・、正確には絵の入っている額の「ガラス」です。
これがめっちゃ重かったのですぅ~。
(今回の買い付けは絵だけでなく、絵皿もいっぱいあったのですぅぅ~)

しかも・・
運が悪い事に、アンティ-クショップへ向かう道の途中で工事をやっていた為にお店の近くの駐車場に行くことが出来ず、車はかな~り遠い駐車場に止めていました。


さてさて・・
イギリス人男性はとても優しいので、こんな場合は必ず声をかけて下さいます。
・・が、
運んで頂くには駐車場は遠いですし、お断りをする為にお話しするのもシンドイほど重いのです・・。
そこで・・
私は涼しげな顔で足早にそして(ここが重要です~→)なるべく人と目を合わせないように駐車場に向かいました(笑)。


両手いっぱいに古い絵を抱え、(人と目を合わせずに) キョド りながら歩くワタクシ、さぞかし怪しかったと思います・・




sR0013867.jpg

今日買い付けのお仕事で行った街のコスタ(スタバのようなコーヒーチェーン店)は6時閉店。
ソレって日本ではありえないかもです・・  


sR0013940.jpg

今回購入した古い絵画&プリント


sR0013941.jpg

今回購入した古いプリントの1枚、ワーウィックの地図
ワーウィックにはワタクシの大好きな「ワーウィック城(蝋人形館付き!)」があるのです~。



コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/62-a51de6dd
該当の記事は見つかりませんでした。