FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の インテリア

蓄音機用のレコード針

蓄音機の揺れる音、癒されますぅ~♡

ムカシムカシ、そのムカシ・・
蓄音機(レコードプレーヤー)用のレコード針は、小さなブリキ缶に入れられて売られていました(写真はワンちんのイラストで有名なHMVの針で1920年頃のもの)。

sP1340363_c.jpg

ところで・・
当時の蓄音機には音量調節機能が付いていなかったので、針の太さで音の大きさを変えていました。
大きな音で再生をしたい時は太い針、小さめの音で再生をしたい時は細めの針・・という具合です。
ちなみに赤い缶が大きい音用で緑の缶が小さめの音用です。

ウカジの蓄音機は家具タイプなのでスピーカーに扉が付いていて、扉の開け閉めでも音量の調節ができるエラい子だったりします♪
彼女のたった一つの難点は、ゼンマイをフルで巻いても1曲しか再生できないことでしょうか?(笑)
(途中で止まってしまうことも・・(;^_^A)


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/496-e169daa5
該当の記事は見つかりませんでした。