FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
英国暮らしのアレコレ

イギリスも春です

んー春ですね~

イギリスも日中は大分暖かくなり、週末はお庭でご飯やお茶をいただく機会が増えました。
(夜は暖炉を焚くほど冷える日もありますが・・)

ところで・・
私はいつも午後3時から4時くらいの間にお茶の時間を取るのですが、その時にもし晴れていたらとりあえず犬ムスメ(モモ)を連れてお庭に出ることにしています。
(モモも私も日光に当たって健康増進です♪)

今日はぽかぽか陽気だったのでお庭でお茶にしようと戸を開けたところ、猫専用の出入り口からすでにお出かけをしていた猫ムスメがお庭で元気に遊んでいました。

下の写真で彼女が乗っているのは鉄製の大きなバケツで、鉄で作られているところと形状から多分ヴィクトリア時代の家畜用の水飲みバケツだと思うのですが、詳細は不明です (;^_^A


P1000443.jpg


何しろ築500年以上の古ーーーい家なので、敷地のあちこちに何十年も何百年も置かれたまま勝手にアンティークになってしまったモノが色々あります。
(そもそも家自体がアンティークですね(笑))
年代が特定できるモノもありますが、いつからあるのか何に使うのかサッパリわからないモノも・・。

実は去年、庭に池を作ろうと穴を掘り始めたところ、ヴィクトリア時代のシャンパンボトルや薬瓶、拳銃、靴など、普通にアンティークショップで売られているようなアイテムがザクザク出てきて、ついヴィクトリアンキャットに掲載してしまいそうになりました(冗談です)。


P1000438.jpg


実はこの鉄バケツ、猫ムスメの水飲み場になっています。
水面が低いので後ろ足で踏ん張って身を乗り出して水を飲んでいるのですが、どうして私が用意した普通のお水を飲まないで大変な思いをしてココから飲むのかは超絶謎です。
もしかしたらこっちの方が美味しいのでしょうか??

お庭に出すとモモは勝手にお散歩に出かけるので(庭が2,500坪程あり結構広いので・・)、私はお庭のテーブルか温室で彼女が歩き飽きて戻ってくるまで待って、大体私の飲み物が無くなる頃に戻って来るので(30分~1時間)、一緒にお家に入ります。

さぁ、モモも戻ってきたし、お夕飯の前までに残りのパソコン仕事を片付けてしまいましょ♡


P1000396.jpg

クルミの木の前のテーブル。

P1000353.jpg

塀の上で何かを狙っている猫ムスメ。


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/432-bc07693c
該当の記事は見つかりませんでした。