FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 お知らせ

お茶の合間に働くイギリス人

あの~、またお茶デスカ?

たとえばどこかに出かける前、たとえば目的地に着いて用事に取り掛かる前、選択に迷った時、もちろん歩き疲れた時もスティーブ(当店のバイヤー)はお茶をいただきます。
飲むのはその時どきで紅茶だったりコーヒーだったりはしますが、いずれの場合もミルクとお砂糖た~っぷりのヘビーなものです。

勿論これはスティーブに限ったことではなく、たいていのイギリス人は日に何度も(ミルクとお砂糖たっぷりの!)お茶を飲むのですが・・。
(イギリスにいらしたことのある方でしたら、店先でマイカップを片手にお茶をすする店員さん達の姿を見たことがあるかもしれません。)

ところで・・
先週は商品の買い付け+αでスティーブとずっと一緒だったのですが、イギリス人の(スティーブの?)ティータイムの多さに改めて驚かされることに・・。
宿泊をしているホテルでは勿論、出先でも1時間から2時間毎にカフェに入ります。


午後からのお出かけの場合

出発前の1杯

到着後の1杯

選択に迷った時の1杯

意味もなく1杯

夕食のレストランに向かう前(直前)に1杯

レストランで夕食

ひぃぃ~ん・・
これでは買い付けをする時間がありません~。
せっかちな私は何度か抵抗を試みたのですが、彼らイギリス人のお茶(ティータイム)にかける情熱には全く歯が立ちません!

”イギリス人は作業の合間にお茶を飲むのではなく、お茶の合間に作業をする人々”だということ心底悟った5日間でした(笑)。


R0040536.jpg
目的地に到着後の1杯(コーヒー)

R0040603.jpg
選択に迷った時の1杯(コーヒー)

R0040666.jpg
特に意味もなく1杯(暑かったのでビール♪)

R0040650.jpg
夕食前の1杯(紅茶)を待つスティーブ


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/410-cc78a589
該当の記事は見つかりませんでした。