FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 紹介されたメディア等

グッ!と地球便(読売テレビ)で当店が紹介されます!

嬉し恥ずかし、ワクワクドキドキですぅ~。

実は当店(ヴィクトリアンキャットアンティーク)が日本のテレビ番組“グッ!と地球便”に取り上げていただくことになりました。
放送は11月3日(日)の午前10時25分から、読売テレビです。
(撮影は9月12日~15日でした)

唐突ですが・・
当店の商品仕入れルートは大きく分けて3つあります。
まずもっともスタンダードな“同業者(アンティークディーラー)から入手する”という方法、次にコンディションの良いアンティークが手に入る可能性が高い“お屋敷のハウスクリアランスで譲り受ける(持ち主が亡くなった場合や大規模な改築等の理由による)”、そして日本の方にあまり馴染のない“オークションハウスで落札する”という方法。

今回のテレビプログラムでは、オークションハウスでの下見や実際に落札をしている様子、オークション終了後に落札した品物を車に積み運んでいる様子等、オークションを中心に“アンティークディーラー”というお仕事にスポットを当てて紹介してくださるそうです。

ところで・・
私はお家の一部(2部屋/60㎡くらい)をお仕事に使って、商品の撮影や発送、ポーリッシュ、ウェブページの作成等をしているのですが、その様子も一部映っているようです。
(ただ引っ越の2週間後ということで、片付いていない部分も映っているかもですが・・)

そして!そして!!そして!!!
私の大好きな“ヴィクトリアタウン”も今回紹介していただけるのだそうです。
(毎年欠かさず年間パスを購入する、私のお気に入りの場所のひとつです

sグロッサリーショップ②
《グロッサリーストア》当時の服装に身を包んだ販売スタッフ。

ヴィクトリアタウンはヴィクトリア時代の銀行や商店、病院、学校、パブ、カフェ、写真館、遊園地など、様々な建物を移築してひとつの街を作ったという野外博物館で、街の中にあるパン屋さんで当時の製法で作った焼きたてパンを買ったり、パブでエールを飲んだり、英国名物のフィッシュ&チップス(モチロン揚げたて!)を食べたり、郵便局から手紙を出したりできます。
写真館でヴィクトリア時代の衣装を身に付け、記念写真を撮るのも一興です(笑)。

2頭立ての馬車が街中を走り、スタッフ(ディズニーランド風にいうと“キャスト”ですね)は全員ヴィクトリア時代の衣装に身を包んでお店や各々の家で出迎えてくれるので、思いっきりヴィクトリアンな気分を満喫できますよ~。

sR0037366.jpg
医者の家のリビングで寛ぐ(寛ぐ演技中の?)キャストたち。
まるで映画のシーンのようです♪

もしイギリスにいらっしゃる機会があったら(コッツウォルズや湖水地方だけではなく!)ミッドランドのヴィクトリアタウン、そして世界最古の鉄の橋で世界遺産でもあるアイアンブリッジを訪ねていただけたら嬉しいです♪

こちらが番組の予告編
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/index.html
※地域によって放送日が異なる場合があるようです

私の新しいお家はこんな感じです。
最も古い部分は15世紀らしいので(その後増改築を重ねる)、
決して“新しい”家ではないですね(笑)。
http://victoriancat.blog109.fc2.com/blog-entry-398.html

ヴィクトリアンタウンはこんなところです。
http://victoriancat.blog109.fc2.com/blog-entry-14.html


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/399-5cfbbcda
該当の記事は見つかりませんでした。