FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 お知らせ

イギリスのお風呂事情

小さなバスタブが欲しいですぅ~

大体イギリスのバスタブは浅く長いのですが、我が家のバスタブは格別に長いのです・・。

長さは私の背丈ほど。
そのまま横になれるほど長いです。
形といい大きさといい、まるで棺桶のようです(笑)。
実際、入浴中にうっかり居眠りしかけては、何度アッチの世界へ行きそうになったことか・・ ・・・汗


ところで・・
イギリスでは、どこの家にも「給湯タンク」があります。
瞬間湯沸かし器が一般的でないイギリスでは、給湯タンクに溜めたお湯で家で使う全てのお湯をまかなうのですが、一旦タンクのお湯を使い切ったら(タンクにお湯が溜まるまで)しばらくお湯は使えません。


さてさて・・
皆さんもご存知のように、イギリスのお風呂はバスタブとシャワールームが同じ場所にないのが一般的です。
(バスタブの傍らにシャワーブースの付いたバスルームもあるにはありますが、非常に稀です)

バスタブの中で軽くシャワーで身体を流してからそのまま(身体にシャワーをかけながら)お湯を溜めるのが私の流儀なのですが、とにかく我が家のバスタブは大きすぎるのでお湯が溜まる前にタンクのお湯が切れてしまうことも多いのです・・汗
お風呂の前の「洗い物」は要注意!です(笑)。


・・というわけで
実は今、探しているモノがあるのです~。
それはビクトリア時代の「座浴槽」


sR0013209.jpg



「イギリスの生活誌~道具と暮らし~」によると、腰湯は疲れが取れるということで、特に馬に乗る人の間で人気があったようです。
アームチェア型のお風呂に腰掛けるように座って、足だけ出して・・
何とも気持ちが良さそうですぅ~
座浴槽ならお湯も少しで済みそうですし・・。


何よりも バスタブが棺桶になる心配 がなくてグッドですぅ~ にかー!




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013169.jpg

前菜イロイロ。

sR0013140.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0013147.jpg

オットの好物、モッツレラチーズ&トマト。


sR0013150.jpg

焼きマッシュルームのオリーブオイル漬け。


sR0013151.jpg

サーディンの酢漬け。 入れ物は1950年頃のアイスクリームカップ。


sR0013166.jpg

ガーリックトースト&グリルドトマトのオリーブオイル漬け。


sR0013165.jpg

極ウマ、オランダ土産の「トロ握り」。


Comments

薪割りおやじ says..."コメントありがとう"
イギリスからのコメント嬉しかったです。

自転車に乗ったり、体を動かした後はいつも

シャワーが最高と思っていましたが、

そちらの習慣は違うようですね。

そんな大きなバスだとお湯をたくさん使いますね

家は、夏の間ほとんど水シャワーですが。

気持ちいいです。
2007.09.18 22:45 | URL | #- [edit]
ねこ says...""
日本だと夏は水シャワーなのですね~。
イギリスは寒いので、夏でもシャワーはお湯です(笑)。
ところで・・
イギリスの方々はほとんどバスタブに浸からず、一年中シャワーです。
私はバスタブに浸かる方が好きなのですが、すぐお湯が足らなくなってしまうので、最近はずっとシャワーです・・v-283e-263
2007.09.19 08:56 | URL | #N4XsTVQ6 [edit]
Edwardian_dreams says...""
はじめまして~
私も英国在住です!
サーディンが入ってる、アイスクリームカップ私もおそろいもっています~~^^
こんな使い方も、良いですね。
うれしくてコメントしてしまいました。
2008.09.25 00:28 | URL | #9YXNQq7o [edit]
ねこ says...""
Edwardian_dreamsさんへ

初めまして、こんにちは~。
Edwardian_dreamsさんも同じアイスクリームカップをもお持ちなのですね~、奇遇ですぅ。
アイスクリームカップ、おーディンなどの小さなおつまみなどを入れるのに重宝さんなのです。

もしかしてお近くにお住まいだったりして・・?
2008.09.26 15:10 | URL | #y2k7PowY [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/38-5985d070
該当の記事は見つかりませんでした。