FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
イギリスの行事やイベント

イギリスのクリスマスツリーは生木!

クリスマスの準備を始める時期が早まっているようです。

イギリスに住み始めた10年前は12月の声を聞く前にツリーを立てるなんてありえないことで、大抵のお宅ではクリスマスの2~3週間前にツリーを飾ったものでございます( ・・・ 遠い目・・)。
最近は早いお宅ですと11月の終わりにツリーの飾りを済ませてしまうようです。


さてさて・・
去年まではフェイクのクリスマスツリーに甘んじていた(?)我が家ですが、今年はなん~と! アップロードファイル 生木クリスマスツリー・デビュー(予定)なのですぅ!
気分はワクワク♪ドキドキ♪ルンルンルン♪♪キャハッ は-と(←後ろの方は死語です、たぶん)


イギリスではこの時期、アチコチで大量のツリー用の木を目にします。
人々はその中からお気に入りの一本を選んで購入しクリスマスに備えるのですが、初めて見た時はめっちゃ驚きました。
・・と申しますのも
木は幹の根元でスパッと切られ、根が付いていないのです。


sR0017899.jpg

大量のツリーから気に入ったカタチのものを選びます~ クリスマス
よく見ると木は根元で切られていてビーチパラソルの台座に似たホルダーに挿されているのですが、この光景、ちょっと生花っぽい感じです(笑)。


sR0017970.jpg

アミアミマシーン(←勝手に命名)にお気に入りの木を通すと・・


sR0017968.jpg

ジャーン!(←昭和的表現)
持ち運びがめっちゃ簡単に~ は-と


ありゃりゃ・・!?
友人に良さそうなグリーンショップを聞いたり行ったり見たりしているうちに、いつの間にかクリスマスまで1週間を切っていますぅ~ ・・・汗


♪あなたを~ さがしてぇ~
此処まで来たのぉぉ~
恋しい~ あなた~ あなたぁぁ~
今~何処にぃぃぃぃ~♪

西崎みどりさんの旅愁。作詞は片桐和子さん、作曲はあの平尾昌晃大先生です~。


豆電球
イギリスでクリスマスツリーを飾る習慣が始まったのはビクトリア時代。
元々ドイツの習慣だったクリスマスツリーをビクトリア女王の夫君アルバート公(ドイツ生まれ)が結婚の際にイギリスに持ち込んだもの。
その数年後、クリスマスを祝う王室の様子がイラスト入りで「イラストレイテット・ロンドンニュース」に紹介されたのをきっかけにこの魅力的な習慣は人々の知るところとなり、ビクトリア中期には広くイギリス全土に広まったそうな・・。



Comments

さとこ says...""
あみあみマシーンに感動!
我が家も昨年生もみの木デビュー。IKEAにてゲットです。年明けに同額のお買い物券と引き換えてくれるので、実質タダです。
ツリーをしまっておく場所のない我が家において「ツリーを貸していただける」だけでもありがたいのに、生木です。
もちろん根っこはついてないのだけど、電車で買いに行く私としてはそれもむしろありがたい。
今年は木が大きめだったので少し剪定をして、落とした枝でリース作ったよ!
玄関に飾ってますがもみの香りで空間が浄化されているような清々しさがあります。
2009.12.28 09:08 | URL | #- [edit]
ねこ says...""
さとこさんへ

> あみあみマシーンに感動!
うふふふふe-266

>年明けに同額のお買い物券と引き換えてくれるので、実質タダです。
IKEAさんてば素晴らしいです~。
こっちのIKEAでもそのキャンペーン(?)、やっていたのでしょうか??
クリスマス時期はIKEAに行かなかったので謎ですぅ~。



2009.12.29 10:27 | URL | #y2k7PowY [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/332-b7bc3d3a
該当の記事は見つかりませんでした。