FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ガーデン

ガーデニングにはHUNTER (ハンター)の長靴!

sIMG_5860.jpg
長靴とお道具入れのかご、そして疲れた時に座るイス。

いざ、ガーデニング!です。

今日も朝からポカポカ陽気。
イギリスらしからぬ抜けるような青空に戸惑いながら、我が愛しのキッチンガーデンに向かいます。


ガーデニングに必要不可欠なのは、まず長靴。
我が家において長靴は絶対に「HUNTER」でなくてはいけません。
ウチの庭にはブラックベリー(棘がある)があちこち勝手に生えているので、普通の長靴でうっかり踏むと穴が開いしまう事・・。
その点「HUNTER」の長靴なら大丈夫
取り扱い説明書には「バラを踏んでも穴が開かない」と書いてあります(笑)。
(たしか保障もあったような・・?)

次に手袋。
これも普通のものではいけません!
手のひらに当たる部分が分厚いゴムでコーティングしてある、バラの棘を通さない「バラ用手袋」着用です。
ウチの庭にはブラックベリー・・(以下同文・・)


何とも厄介者なブラックベリーですが、実は美味しい実がなります。
季節(8月末頃)になるとモモ(我が家のワンコ)のお散歩道はブラックベリーの実が鈴なりになるので、私もオットも実を頬張りながら散歩をします。
普段は人通りのほとんど(全く?)ないモモのお散歩道ですが、ブラックベリーの収穫時期にはかごを片手に実を摘む人を見かけるようになります。

・・というのもこのブラックベリー、
お店で買えばお茶碗一杯分くらいで£2(500円くらい)以上する高級食材なのです~。
生でもモチロン美味しいですが、イギリス人はこれでジェリー(ジャムのようなもの)を作ります。


さぁ・・て、まずは草むしりから始めますか・・。



sIMG_5857.jpg
長靴ホルダー付きの靴置き。オットと私の競作です。
キッチンドアの前に設置してあります。


sIMG_5862.jpg
野菜の種とタグ。

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/31-219e105a
該当の記事は見つかりませんでした。