FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ガーデン

庭のブラックカラント(カシス)でアイスクリーム♪

sR0015291.jpg

庭のブラックカラントが鈴生りです。

以前は毎年ジャムを大量(10kg以上!)にこしらえていたのですが、オットはご飯党ゆえあまりジャムの需要がなく、ここ数年は5~6瓶作る程度で残りは腐るに任せていました。
勿体無いので(?)今年もお友達のHちゃんと彼女の天使ちゃんたちにピックに来てもらいました~。


さてさて・・
天使ちゃんたちに籠を渡すと彼等は一目散に我が家の果樹園へ・・。
食べては籠に入れ、籠に入れては口にも入れ(笑)、大はしゃぎ!です。
30分もしないうちに籠はブラックカラントで一杯になり、天使ちゃんたちは満足げな笑顔。
余程美味しかったのか(面白かったのか?)、嬉しいことに翌週も来てくれることに・・ はぁとvv


ー そして翌週 ー

天使ちゃんたちが摘んだブラックカラントは、Hちゃん手作りの「ブラックカラント・アイスクリーム」となって帰ってきました~ にかー!
Hちゃんが最近購入したというアイスクリームメーカーで作ってくれたそのアイスクリームはめっちゃ美味しく、そのお味に感動したオットが

アイスクリームメーカーを新調 する事を決意!


ブラックカラント yajirusi002 手作りアイスクリーム yajirusi002 アイスクリームメーカー

思わず子供時代に読んだ「わらしべ長者」のお話が脳裏をかすめたワタクシでした(笑)。



sR0015294.jpg

仕上げにジャムでハートを描くだなんて、なんて素敵なアイデア!


ヒラリーのカシスアイス

アイスディッシャーとアイスクリームカップは1950年頃のものです~。
ちょっとレトロな感じが可愛いのですぅ~ ラヴ


sR0015316.jpg


sR0015310.jpg




Comments

satoko says...""
いいなぁ、ブラックカラント食べ放題・・・
もちろん子どもにはたまらないだろうけど、私も食べたいなー

先日実家から熟れた生梅がいっぱい送られてきて「梅干」なんて手をかけたことできないし。
梅酒用の瓶を買いに行く暇もないうちにどんどん追熟し…
慌てて全部ジャムにしたんだけども。
夫も娘も食べないし、いったいどうしたもんか…
冷蔵庫で全然減らず幅利かせてる梅ジャム、それでも生梅2キロくらいだった。。。
いったい10キロのジャムってどんな???

アイスクリーム、は送ってもらえないねぇi-202
2009.08.10 19:27 | URL | #- [edit]
Aska says..."美味しそう☆"
自宅で収穫できたものを食べるって楽しいですよね。
我が家もさくらんぼ~ブラックベリー~リンゴと、豊作が続いています。

美味しいフルーツが沢山取れるので、我が家もアイスクリームメーカーも欲しくなってきました…
帰国したら使わないかもですが。
2009.08.11 15:33 | URL | #SNSZ3Mro [edit]
ねこ says...""
satokoさんへ

>いいなぁ、ブラックカラント食べ放題・・・

お近くでしたら差し上げますのに・・。
残念ですぅ~。

>夫も娘も食べないし、いったいどうしたもんか…

梅ジャムはゼリーにしてしまうと結構食べてくれるカモカモ?
我が家でりんごジャムが大量に出来てしまった時はその手で乗り切りました(笑)。
2009.08.14 10:53 | URL | #y2k7PowY [edit]
ねこ says...""
askaさんへ

イギリスはベリー系がよく実りますよね~。
きっと気候が合うのでしょうね。

間もなく家の周り数キロに渡ってブラックベリーが大豊作になり、普段は野生動物にしか遭遇しないこの辺りもベリー狩りの人たちで地味~に賑わいます(笑)。
2009.08.14 11:07 | URL | #y2k7PowY [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.08.20 18:12 | | # [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/309-57a6f542
該当の記事は見つかりませんでした。