FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
伝統的な食べ物やレシピ等

イギリスのケーキはシュガークラフト

きゃい~ん!めっちゃカワユイですぅ~。

お誕生日にお友達のHちゃんがバースディケーキを作ってくれました。
ケーキの側面には今まさにケーキによじ登ろうとする猫ちゃん付き。
猫ちゃんはケーキから落ちまいと必死に爪を立てて踏ん張っているのですが、その努力(?)も空しく爪あとだけを残してズルズルと落ちてゆく・・という場面です。
(もしかしてこの食いしん坊な猫ちゃんのモデルはワタクシ?!)


sR0014152.jpg

猫ちゃんの手には小さな爪がちゃ~んと付いてます(笑)。


sR0014149.jpg

しっぽがめっちゃキュートです~。


あまりのカワユサにナイフを入れるのをためらっていると、Hちゃんのパートナー氏、猫を縦に切っちゃえ~!と大笑い。
そうなのです~!
実はデコレーションは全てアイシング(砂糖)で作られているいので、丸ごと全部食べられるのです。
ここイギリスではアイシングでデコレーションされたケーキは定番中の定番!
なんと!ウェディングケーキもアイシングでデコレーション。


ウェディングケーキといえば・・
一番下の段をウエディングパーティでお客様にお配りして(二段目がある場合は初めての結婚記念日などで・・)一番上の段を初めて授かった赤ちゃんの洗礼の時に頂くのだそうですが、このようにケーキを何年も(何十年も?)持たせる為には定期的なアイシングの交換が必要です。
(アイシングがケーキの乾燥を防ぎます)
洋酒をふんだんに使ったフルーツケーキであることが絶対条件とはいえ、アイシングを取り替えると何年でもケーキをソフトな状態で保存できるなんて驚き!です。


さてさて・・
もうすぐ結婚18年ですが、ベィビーはまだのワタクシ。
・・ということは、もしイギリス式ウエディングだったら

アイシング交換を18年間・・!?!絵文字名を入力してください

5年目ぐらいにうっかりアイシング交換を忘れて、ケーキをカピカピに乾かしてしまいそいうです・・。


もっとも・・
今回のお誕生日で〇〇才のワタクシ、もはやママというよりグランマ(グランドマザー)なお年頃かもですが・・ ・・・汗



コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/306-2cd52ff2
該当の記事は見つかりませんでした。