FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 お知らせ

イギリスでオークション3

ssR0013096.jpg

3度目のオークションです。
アンティークディーラーSさんに連れられ、またまたオークションに行ってきました~。(1回目と同じ会場です)

にこ 2度目のオークションは こちら です。 


3度目ともなるとワタクシも場の雰囲気に慣れ、あっちにウロウロこっちにウロウロ・・、会場を自由自在に歩き回れる余裕が出てきました。
トイレの場所だって、もうバッチリ(←死語デスカ?)です
(年のせいか、トイレが近いのですぅ~)


さてさて、オークションですが・・
前回前々回と同様、今回もガラクタからアンティークまで何でもあり~・・の宝探し気分を思い切り満喫できる、血湧き肉躍るめっちゃ楽しいオークションでした~ にかー!
ワタクシもノートとペンを片手にルンルン(←完全に死語です~)と会場を回り、気になる商品の番号を控えていきます。


そういえば・・
会場に入って真っ正面の壁に鎮座した掛け軸を筆頭に、なぜか日本のアンティークもチラホラ・・。
しかも素人目にも価値がありそうなものばかり・・。
こんな田舎で一体なぜ?



Sさんの戦利品リスト

鎧兜の武将の絵が描かれた大皿
浮世絵っぽい絵の描かれた花瓶
久谷焼きの小さな花瓶×2

今回のSさんの戦利品は、全て日本のモノ。
もしかしてSさん、日本贔屓なのでしょうか?



ところで・・怪しい英語 を巧みに操るワタクシですが、

日本語もソレに負けないくらい怪しい
です・・


どうかワタクシに漢字の意味を尋ねない下さい~っっ
Sさん、お願いプリーズですぅ・・ ???絵文字名を入力してください




ssR0013099.jpg
私の今回の戦利品。ビクトリア時代の小さな瓶イロイロ。

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/29-ad66c005
該当の記事は見つかりませんでした。