FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 お知らせ

アンティークディーラーSさんのお家はアンティークショップ!?

想像以上にワンダーランドでした(笑)。

友人のアンティークディラーSさんのお宅に初めてお邪魔しました。
ウワサ通り(?)、家中アンティークだらけ。
100年200年前のうぉぉ~!なイロイロが無造作に(無秩序に?)部屋中に置かれています。
もっとも、家自体も築200年のバリバリ(←死語デスカ?)のアンティークなのですが・・。


そういえば・・
以前Sさんに家の部屋数を尋ねたところ、少し考えてから悪戯っぽく笑って・・
3部屋・・かな~?
・・とおっしゃっていたのですが、
実際には1階に6部屋、2階に5部屋、屋根裏部屋まである、めっちゃ大きなファームハウスでした。


・・が、 

どのお部屋も身体を横にしないと通れない状態。
使える状態のお部屋(・・と言ってもモノが一杯です)は確かに3部屋かもです・・ ・・・汗


お家の一部を商品のストック場所として使っているのは聞いていましたが、これでは一部じゃなくて全部です・・。
とにかくモノの多さに圧倒されます。
(日本のドンキホーテでさえこんなにひどい事になってないような気が・・)
キッチンの壁際に積み重ねられたチェスト、階段の踊り場のスペースにまで高く積まれたアンティークブック、玄関ホールにデーンと置かれたピアノ(しかも2台も!)etc.・・。
それにしても、なぜに玄関にピアノが!?


そういえば・・
Sさん、(場所を空けるのに)ピアノを売りたいようなことをおっしゃっていたので、もしかしたらその内Victorian Cat Antiques でアンティークピアノを販売するかもです(笑)。
ピアノの前にもモノが沢山置かれていて写真を撮ることが出来ず、映像でお見せできないのが残念ですが、どちらのピアノもめっちゃ素敵でした。
多分どちらも150年くらい前のものではないかと思います。
もし我が家にスペースがあったらぜひぜひ欲しいのですが、悲しいかな・・、我が家は一階に3部屋(キッチン・リビング・ダイニング)2階に3部屋、モチロン屋根裏部屋はありません・・。


そうそう・・
Sさんいわく、
今回私がお邪魔する・・という事で、1週間(!)かけて私が座れるスペースを作ってくれたのだそうです。
(本当は先週お邪魔するハズだったのですが、約束の日の前日、どうにも椅子が置けるスペースを作れないから延ばしていい?・・というお電話が・・)
確かにちゃんと椅子は置かれていたのですが・・


あのぉ・・
椅子に値札が付いてますけど・・。



sR0014348.jpg
こんな道を延々と走り続けます。


sR0014356.jpg
我が家から1時間40分、やっとSさんのお宅に到着!
築200年のファームハウスです~。


sR0014372.jpg
玄関ドアは家が建てられた当時のオリジナル。


sR0014373.jpg
ドアノック、めっちゃカワユイです。
オリジナルのドアに付いてたドアノックは(当たり前ですが)アンティーク(笑)。


sR0014358.jpg
玄関を開けるとイキナリ登場するチェスト。
右後ろにピアノがあります(笑)。


sR0014362.jpg
キッチンの壁際に積まれたチェスト。


sR0014361.jpg
家と同じくらい古いランプ。


sR0014360.jpg
階段の踊り場にまで高~く積まれた本・本・本・・。


sR0014369.jpg
本で埋まった本棚。
本棚の前にも本が積まれています・・。


sR0014387.jpg
屋根裏部屋に続く階段。

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/249-e33cfc6d
該当の記事は見つかりませんでした。