FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 おしごと

Cup Of Tea (カップ オブ ティー)は「同じ釜の飯」の同じ意味?!

何だか嬉しかったりします。

最近、お仕事先で「Cup Of Tea」をすすめて頂く事が多くなりました
イギリスの「Cup Of Tea」は、日本で言う「同じ釜の飯」的な意味合いがあるような気がします。
私の独断と偏見ですが・・(笑)。


イギリス人はとにかくよく紅茶を飲みます。
家ではモチロン、仕事先でも日がな一日時間を見つけては紅茶を飲む・・、これが一般的なイギリス人の正しい一日の過ごし方(?)です。


渡英当初、どこにでもマイカップを持ち込んで紅茶を飲んでいる彼らが奇異に写ったものでした。
そこがアンティークショップのであろうと布地屋であろうと・・、家具を作っている最中でさえ(!)彼らは紅茶を飲んでいるのです。


この仕事を始めたばかりの頃は、「マグカップを片手に楽しげにおしゃべりをする彼ら」・・に話しかけるタイミングを見つけられずに、居心地の悪さを感じたものでした( ・・・ 遠い目・・)
そこには同じ(メーカーの)紅茶を飲む者同士、他人の入る隙のない濃密な空気が(笑)。


ところで・・
私は「紅茶をストレートで飲むイギリス人」とやらを(まだ)一度も見かけた事がないのです。
お砂糖を入れない人はいますが、(今のところ)一人の例外もなくみんな一様にミルクティーなのです。


え・・っ、私ですか?
「ミルクとお砂糖たっぶりでお願いしますデス~」




sIMG_9972.jpg

今日は布地の買い付けです~。


sIMG_9937.jpg

日本では見たことがなかった“布切りマシーン”。


sIMG_9938.jpg

布地屋さんで紅茶をご馳走になりました~。
モチロン、ティーパックですが・・(笑)。

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/121-815d9adf
該当の記事は見つかりませんでした。