FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ごはん

バーミックスで韓国キムチが超簡単!

ねこの(勝手に)バーミックス3分クッキングです~。


材料
玉ねぎ 3~5個
リンゴ 2個 

予め「スーパーグラインダー」で細かく砕いておくorすりおろしておきます~。
生姜 1カケ
にんにく 5~7カケ

フィッシュソース カップ1/2強
蜂蜜 大さじ4~6
昆布だし(インスタントでもOK。予め少量のお湯で溶いて冷ましておく)
粗挽き唐辛子 カップ 1/2~1
粉唐辛子 1/2~1


sR0012011.jpg

玉ねぎとリンゴを適当な大きさに切り容器に入れます。


sR0012012.jpg

バーミックスの「ミンサー(刃の種類)」でウィ・・ーン。ドロドロにします。


sR0012013.jpg

フィッシュソース(アミの代わり)・蜂蜜・すりおろした生姜&にんにく・昆布だしを加えて更にウィ・・ーン。


sR0012014.jpg

粗引き唐辛子と細引き唐辛子を好みの量入れてウィ・・ーン。


sR0012093.jpg

下漬けしておいた白菜とキムチの素を混ぜて出来上がりです~。
向かって右側は余った「キムチの素」です。


「キムチの素」は冷蔵庫で一ヶ月くらい保存できます。
保存中も発酵が進むので、下漬けした白菜と混ぜるだけですぐ美味しいキムチが出来て楽チンです。

ところで
キムチを漬ける&「キムチの素」の保存にはガラスの密封容器が便利です。(うっかりタッパーを使ってしまうと、ウギャーなことに・・)
ガラスには匂いは付きませんが、ゴムのパッキンには(強烈な)匂いが付いてしまうので、キムチ用のパッキンには「キムチ印」を付ける事を強くお勧めしますデス~。



久しぶりのキムチ作りです。
実は、オットが5日ぶりに出張から帰ってきたのですが、なぜか飛行機の中で急にキムチが食べたくなったらしく、飛行場についてすぐリクエストの電話があったのです~(笑)。
飛行場から(会社経由で)家までは約1時間半。
大慌てで白菜の下漬け&ウィー・・ンです~。



コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://blog.victoriancat.net/tb.php/10-4702da79
該当の記事は見つかりませんでした。