FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
イギリスの行事やイベント

パンケーキデー

sP1350433_c.jpg

日本では全くポピュラーではありませんが・・
「パンケーキデー」だったので何となくパンケーキを焼いてみました (^ー^)/

イギリス式は卵と牛乳、小麦粉だけで作った薄~いパンケーキに、レモンとたっぷりのお砂糖をかけていただきます🍴
こういった場合、日本人的には茶漉しで粉砂糖を振ってしまいたくなりますが、イギリスでは”キャスターシュガー”というグラニュー糖と白砂糖の中間くらいのお砂糖をシフタースプーンというお道具を使ってパラパラと振りかけます。

ムカシはこのザラザラのお砂糖がかかったパイやケーキに違和感を感じたものですが、今ではザラザラがないと寂しく感じるまでになりました(笑)。


材料(1人分)

小麦粉 50g
牛乳 150ml
卵 1個

グラニュー糖  適量
レモン 1/4個


作り方

① 振った粉をボウルに入れ、牛乳と卵を加えて混ぜる。
② ①のタネは30くらい寝かせた後、厚手のフライパンに植物油かバターを敷いて焼く。
③ 焼きあがったら皿に盛っり、レモンを添えてグフラニュー糖と共にテーブルへ・・♡


💡
パンケーキが乗っているブルーウィローのディナー皿はウカジの私物ですが、当店でも扱っているので気になる方はぜひ♪
Booths社リアルオールドウィローのディナー皿: https://cart.victoriancat.net/ca174/2078/
シフタースプーン: https://cart.victoriancat.net/ca97/2050/


  


該当の記事は見つかりませんでした。