FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の インテリア

お庭のキャンピングトレーラー~ワイン飲み比べ~

sP1340438.jpg

お庭のキャンピングトレーラーで、オットとワインの飲み比べをしました🍷🍷🍷🍷

ちょっぴり重めの母屋の内装とは違って、キャンピングトレーラーはレトロ可愛い感じにしています♡
ちなみに棚やテーブル等の家具はオット作💕
壁もオットに塗ってもらいました~。
(アメリカの国旗がかけてあるのはテレビです♪)

この間お友達のお家でいただいた赤ワインがとても美味しかったので(しかもめっちゃリーズナブル!)、同じメーカーの赤ワインを全種類買って飲み比べをすることにしました。

・・が、
飲んでるうちに(飲みすぎて?)違いがわからない状態に・・😅


sP1340447.jpg

どれも美味しいです、はい(笑)。


sP1340449.jpg

キャンピングトレーラーからの景色。モモ(ウチのコ)が牛を眺めています。



店長宅の インテリア

明日からイギリスは冬時間

明日からイギリスは冬時間。
(10月の最終日曜日の午前2時、イギリスでは時計の針を1時間戻します~)

本格的な寒さがやってくる前に、寒さに弱い植物はお家の中に入れなくては!
本当は温室に入れればヨイのでしょうが、(温室の)暖房や水やりをうっかり忘れて何度も植物達をコロしているので、今はお外で冬を越せないコたちはお家の中に入れてあげています(;^_^A

sP1340430.jpg

バナナツリーは2階のバスルームのヒーターの近くに置きました。
(右手前のガラスの囲いはシャワーブースです)

ところで・・
このバナナツリー、買った時に付いていたタグには最大5メートルになると書いてあったような気がするのですが、何年経っても50㎝以上になりません・・。
もしかして私の記憶違いだったのでしょうか??(そんなお年頃ですし・・)

💡
実はウカジはハワイLOVE♡
イギリスに住む前は年に4回行ったことも・・。
(今は遠すぎて、なかなか行けません・・💧)
そんなわけで、お庭の一角にはハワイっぽいガゼボとトロピカルガーデンを作っちゃいました。



sP1340432.jpg

もう少し早くお家に入れてあげればよかったです・・💧

sP1340433.jpg

バスルームには猫の絵を飾っています♪

sP1340434.jpg

お気に入りの三毛猫のパステル画♡


店長宅の インテリア

蓄音機でレコード再生♡(動画)


んー・・、揺れる音がたまりませんっ!

我が家のラウンジに置いてある蓄音機で、昨日のレコードを再生してみました。

通常はレコード針の太さで音量を調節するのですが、ウチの子は家具タイプなのでスピーカーに付いた扉の開け具合でも音量調節が可能です。
ちなみに今回、扉は全開(音量マックス)です。
(動画では蓋を開けたまま再生をしていますが、本当は閉めた方が音は良いです✨)

ちょっぴり言い訳☆
終わり部分を美しくフェイドアウト出来たらヨイのですが、実はウカジ、機械にめっちゃ弱くて・・、お聞き苦しくてスミマセン(;^_^A

店長宅の インテリア

蓄音機用のレコード針

蓄音機の揺れる音、癒されますぅ~♡

ムカシムカシ、そのムカシ・・
蓄音機(レコードプレーヤー)用のレコード針は、小さなブリキ缶に入れられて売られていました(写真はワンちんのイラストで有名なHMVの針で1920年頃のもの)。

sP1340363_c.jpg

ところで・・
当時の蓄音機には音量調節機能が付いていなかったので、針の太さで音の大きさを変えていました。
大きな音で再生をしたい時は太い針、小さめの音で再生をしたい時は細めの針・・という具合です。
ちなみに赤い缶が大きい音用で緑の缶が小さめの音用です。

ウカジの蓄音機は家具タイプなのでスピーカーに扉が付いていて、扉の開け閉めでも音量の調節ができるエラい子だったりします♪
彼女のたった一つの難点は、ゼンマイをフルで巻いても1曲しか再生できないことでしょうか?(笑)
(途中で止まってしまうことも・・(;^_^A)


店長宅の インテリア

我が家の犬ムスメ、ボーダーコリーの顔クッション♪

きゃ~ん💕
包みを開けた瞬間、目がハートになっちゃいました。

小学校時代からの大親友から海を越えて素敵なプレゼントが届きました。
中身は超絶可愛いクッションとウカジの大好物サザコーヒーの豆セット☕

クッションは私も親友も大ファンの作家さん(@junkurita)の作品で、手描きで我が家の犬ムスメの顔が描かれた世界にたった一つの贅沢クッションです。
(勿体無くて座れない・・(;^_^A)

ラウンジ(リビングルーム)のお気に入りのソファーにクッションを置いて、サザのコーヒーでホッと一息、めっちゃ幸せなひと時です💕

ところで・・
写真だと一見優雅そうですが、向かって左側(写真に写っていない部分)で犬ムスメがボールと格闘しながら踊って(?)ます(笑)。

sP1340324.jpg

オレンジ色の物体は犬ムスメのボールです(笑)。


sP1340328.jpg

アンティークのブルーウィローソーサーに耐熱ガラスのカップを乗せて使ってます(笑)。


sP1340333_c2.jpg

キャラバンに置いても可愛い💕


sP1340339.jpg

クッションのアップ。



店長宅の インテリア

ロウソクマジック、恐るべし!シミとシワを消して超美肌に♡

ウカジの家(母屋)のラウンジとダイニングルームには、普通は天井にある電気の照明がありません。
壁にロウソクを模したライトがチョコンと付いているだけなので、正直、かな~り暗いです。

瞳の色が明るいイギリス人には充分な明るさでも、瞳の色が黒い日本人にとってこの明るさ(暗さ?)では目の奥にまで光が届きにくい為(イギリス人にとってよりも)暗く感じてしまうようです。

暗さに慣れず不便を感じていたものの、この家の天井には照明用の配線はなかったので、壁のロウソク型の照明器具に合わせて、本物のロウソクを使ったシャンデリアを天井の真ん中にぶら下げてみました。


sP1290827.jpg

なんと、これが大正解!

ゆらゆら揺れるロウソクの炎は、表情に深みを与え魅力的に魅せてくれるだけではなく、シミやシワをバッチリ(←死語デスカ?)隠して超美肌に見せてくれるのです✨

ロウソクマジック、恐るべし!
ぜひお試しあれ~


店長宅の インテリア

ヴィクトリア時代にタイムスリップ♡

お客様がいらっしゃるので、ゲストルームのコーヒー&ティーサービス(コーヒー&ティーポットセット)+ティーケトルを磨くことにしました。

ゴシゴシゴシ・・(この間、およそ20分~)

ピカピカになったので、写真を取ってみましたー (^ー^)/

20180615_1.jpg

20180615_2.jpg


見ての通り、我が家のゲストルームのテーマは英国のヴィクトリア時代 🇬🇧

コーヒー&ティーサービスは勿論、写真のソファーセットも後ろの女のコの絵も私が大好きなヴィクトリア時代のものです💕

お家の年齢(一番古い部分は1500年代に建てられ、その後1700年代に外壁総取り換えの大修理をしたらしい)に合わせ殆どの家具が重めなので、ゲストルームがウチの中で一番ショップ(ヴィクトリアンキャットアンティーク)で扱っている商品が似合うかもです✨





20180615_3.jpg

リクエストをいただいたので、ゲストルーム(その①)のベッドの写真をアップしてみました💕
(ベッドの足元に5つ前にアップしたモスグリーンのソファーセットが置いてあります)

このベット、見つけるのが本当の本当に大変でした(しみじみ・・)。

アンティークのベッドがペアの状態で市場に出ることは稀な為、アチコチのオークションやアンティークショップ、ハウスクリアランス等を探し回り、結局ゲストルームにベッドを設置することが出来たのはお家を買ってから2年くらい経ってからでした😓

でも頑張った甲斐があって、ほぼイメージ通りのお部屋になりました~\(^ー^)/


店長宅の インテリア

アンティーク家具、ダイニングテーブル(オーク・パイン・マホガニー)がいっぱい!

20170922_1.jpg

▲母屋のダイニングルームのダイニングテーブル(オーク)

突然ですが・・
ウカジはテーブル・フェチです。

あまり考えずに気に入ったテーブルを買い続けた結果、今、我が家には7台のダイニングテーブルがあったりします(;^_^A)

そう言えばお庭にもテーブルセットが7つか8つあったような・・。
これじゃまるでテーブルのショールームみたいですね(笑)。


20170922_2.jpg

▲商品の撮影によく使うダイニングテーブル(マホガニー)

ちなみにこの間の商品撮影に使ったテーブルは猫脚が優美な1910年頃のマホガニー製のもの。
バックの大人可愛い壁紙は、大好きなローラアシュレイの”オールドローズ”です。


20170922_3.jpg

▲庭のコテージのダイニングテーブル(パイン)

さてさて・・
一番上の写真は母屋のダイニングルームで撮ったものなのですが、このお部屋は白黒のチューダー様式※且つ中世のお城にありそうなプリミティブな暖炉もあるので、テーブルはお部屋に合わせてデザインも色も重めのオーク製のものを選びました。

(※我が家は内装はチューダーなのに外装はジョージアン・・と、建物の外と中で時代に思いっきりズレています。
一説によると、二百数十年前に火事に遭った際に外側が焼けてしまい、マルっと外壁だけを取り換えた云々)

ところで・・
今一番のお気に入りは去年手に入れた1800年頃のオークテーブルなのですが、このコが180x140㎝と結構ジャンボなコでして・・、もうこれ以上のテーブル道楽は難しいカモな状況に陥ってます💧

・・というワケで、最近アンティーク家具屋さんに行くのが怖ーーいウカジなのでした(;^_^A


店長宅の インテリア

ヴィクトリア時代の食器戸棚を修理しちゃいました~

オ~ マイ スウィ~ト ハニィィ~
あぁ、やっと理想のカノジョに出会えました。

お引越しをして以来ずーーーっと、食品の収納に使えるヴィクトリア時代のキッチンドレッサー(ベース)を探していたのですが、なかなか出会えず早1年。
とうとう捜し求めていた理想のカタチ(一般的な扉+棚タイプではなく、引き出しがいっぱいあるタイプ)をとあるオークションハウスで発見っ!

・・が、

喜んだのも束の間、理想のカノジョには少しばかりモンダイが・・。
でもでも1年も探し続けたことを思えばそんなこと・・、いや、ここまで待ったのだから、この際もう少し探して・・・。
オークションまでの数日間、ココロは揺れに揺れました(笑)。 

そのモンダイとは・・
元々はヴィクトリア時代のキッチンドレッサーらしいナチュラルカラー&ワックス仕上げだった(ハズの)カノジョですが、どこかのタイミングでペンキで白く塗られてしまったようです。
そしてまたどこかのタイミングで、今度はペンキ仕上げを好まない持ち主だったのでしょうか、ペンキを溶かして落とす薬剤の入ったタンクにドポ~ンと浸けられてしまったらしく、こんなみすぼらしい姿になってしまいました(シクシク・・)。

※表面にうっすらと残った白いペンキ、そして内部の隙間や歪み、また引き出しのグラツキ等からカノジョの身に起こったことを推測しました。
イギリスには薬剤の入ったタンクを使ってペンキを溶かして落とす専門の業者がいます(今は大分数が減ってしまったようですが・・)。

o.jpg
オークション会場で新しいダーリンを待つキッチンドレッサー。

当時の持ち主さんの思惑通り、キレイにペンキだけが落ちれてくれればモンダイはなかったのですが、溶け落ちて欲しいペンキはビミョーに残り、溶けてはいけない接着剤が溶けてしまうだなんて人生(物生?)はなんて皮肉なのでしょう・・。
でもそのおかげで、ずいぶんお安い結納金(落札価格で)我が家に来ていただけることになりました(笑)。

さてさて・・
おおよその修理が終わったので、手持ちのキッチンドレッサートップを乗せてみました。
(ベースに比べてトップが小さめですが、まぁ、今のところはヨシとします♪)
引き出しの縁飾り等の欠けている部品の製作はまだなものの、とりあえず使える状態になったので家中のあちこちに分散して収納してあった食品イロイロをお色直しの済んだキッチンドレッサーに大移動!

R0040870.jpg

食品収納庫は本来ならばキッチンに設置するべきなのでしょうが、我が家のキッチンにはアーガちゃん※がいる為いつでも室温が25度ほどあり、食品の保存には全く適していおりません☆
そんなわけでキッチンドレッサーは我が家でもっとも寒い井戸のあるお部屋(我が家はなぜか家の中に井戸があります)に置くことに・・。
(絨毯が敷き詰められてぬくぬくの室内とは違い、井戸のあるお部屋の床は石で冷たくて・・、何だかちょっと日本の土間のような感じで、私はジャガイモや玉ねぎ、ニンニク等の涼しい場所を好む野菜の保存に使っています。)

井戸のお部屋でキャリー用の藤カゴに裸のままのジャガイモや玉ねぎ、カレールー、福神漬けの瓶詰めを入れながらふと、お肉や野菜のパック包装もレジ袋もなかった子供時代を思い出しました。
あの頃の主婦は小さな藤カゴを腕にぶら下げ、がま口を片手に毎日お買い物に出かけたものです(遠い目・・)。

あ、今夜はカレーです



※アーガオーブン
重さが1トンくらいあるキャスターアイロン製のオーブンで、ロースト料理や煮込み料理等のオーブン料理を美味しく作れます。
ただ常にON状態の為(完全にスイッチを切ってしまうと、使えるまでに丸1日かかるのです~)お部屋が常夏に・・。



修理の開始です(キリリッ!)

R0040822.jpg
外れている部品を元の位置に戻していきます。

R0040831.jpg
前のオーナーさん、これは酷すぎ!です~。
せっかくの美人さんが台無しですぅ・・。

R0040832.jpg
テープをはがしたらバラバラになってしまいました☆

R0040848.jpg
引き出しが奥まで遺憾行かないようにストッパーを付けます。

R0040850.jpg
背板のギャップを木で埋めます。

R0040852.jpg
全てのギャップを塞ぎました~。

R0040857.jpg
小さなギャップはフィラーを使います。

R0040854.jpg
中に2種類の練り物が入っているので、同量づつ混ぜて使います。
でもこのフィラーは出来がイマイチで、伸びが悪いです・・。

R0040839.jpg
向かって右半分がヤスリをかけ終わったところ。
普通はヤスリ等かけずに上からワックスを塗るだけでいいのですが、(ペンキを溶かす薬剤に浸けたにもかかわらず)ペンキ(の成分)が残ってしまったせいでワックスが乗らず、やむなくヤスリをかけることに・・。
でもすっかりキレイにヤスリをかけてしまうとアンティークらしさが失われてしまうので(新品のような仕上がりになってしまうので)、そこはビミョーなさじ加減で・・

R0040846.jpg
ヤスリが終わり、ワックス(色付き)をかけ終わったところ。

R0040859.jpg
ワックスがけに使った布は、そのままワックスの缶の中に戻して次回そのまま使います。


店長宅の インテリア

憧れのカントリーハウス

憧れのカントリーハウス暮らしを始めて早2ヵ月半。
イロイロなことがありました(遠い目・・)。

温度設定もタイマーもない使い方が超ミステリーなアーガオーブンと仲良くなる為、アーガが主催するクッキングクラスに参加したり、人生で初めて♪チムチムニ~チムチムニ~♪の煙突掃除の人に来てもらったり、(念の為)井戸水の消毒をお願いしたり・・。

次のプロジェクト(野望?)は、表庭にある小さな建物を改装してゲストハウスにすること、そして裏庭に池と小川を作ること
前のお家から持ってきたガゼボを池に浮かべる形で設置したいのですぅ~(うっとり~)。

あ、その前に図書室を作らなくては!
(ダンボール40箱分の私の愛蔵書数千冊が、ガレージに放置されたままなのですぅ・・)
なぜかこの家には4台分のガレージがあるので(我が家には車は2台しかありません)、そのうちの一棟を改装してライブラリーにしちゃいます♪
日常から離れ(母屋から離れているので、片付いていないキッチンもお部屋も見えません!)図書館気分で読書が楽しめるなんて、想像しただけで幸せ~。

夢(野望?)はどんどん広がります(笑)。


sP1170017.jpg
裏庭から見たところ

sP1170015.jpg
ダイニング

sP1170022_20131028060839933.jpg
キッチン

sP1170006.jpg
2階のバスルーム
200年ほど前に火事に合い、建物の一部を消失したそうです(バスルームあるスペースは火事の後に増築されたと思われます)。
バスルームの柱に焦げ跡が残っているらしいのですが・・。

sP1170008.jpg
オットの書斎&寝室

sP1170005.jpg
私の寝室(以前使っていたウォーターベッドは重すぎて(多分1トンくらい)古い家では危険なので、現在お気に入りを探している最中なのです~。

sP1170004.jpg
私の寝室用のベッドが見つかるまで、3階のシングルベッドで寝ています(笑)。
このベッドはヴィクトリア時代のもので真鍮製。可愛いのでお気に入り♪

sP1170021.jpg
表庭
手前の大きな木はくるみの木で、その後ろに小さな果樹園とグリーンハウスがあります。


肝心(?)なことを忘れていました~。
このブログは“カントリーサイド ヴィクトリアンコテージ便り”というタイトルだったのですが、お引越しをしてヴィクトリアン(ヴィクトリア時代の)コテージではなくなってしまった為、タイトルを変えました(笑)。
※ヴィクトリア時代は1837年から1901年まで

ちなみにこのお家は一番古い部分が15世紀頃で(その後何度も増改築が加えられたようです)、中世の船を解体して作られたと隣のお屋敷(ホール)に住むP夫妻に聞きました。
元々このお家はP一族の所有で、1700年代に現在のお屋敷(とても美しいジョージアン様式のホールです)を建てる前はここが母屋だったそうです。
その後1970年代に彼らのお父様が税金対策の為に売却し、回りまわって(?)私たちのお家になりました~。


店長宅の インテリア

「色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント」 にインスパイア~!

人生2度目の壁塗りです~。

1度目は日本で現在売りに出している神奈川県のマンション
(壁を塗ったのは写真の部屋ではなく書斎ですが・・)

sP1110482_20081010103323.jpg
(お住みになりたい方は小田急不動産大和店の小川さんまでぜひ~

・・で、
今回の今イギリスで住んでいるコテージのリビング。


壁を塗るきっかけは一冊の本でした(遠い目・・)。←そんなにムカシのことではありません!
本のタイトルは「色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント」。
その直球ど真ん中~なタイトル、そして内容にワタクシの琴線はジャカジャカジャカ~♪のエレキギター状態(笑)。
(今までもプロ向けの色の本はありましたが、一般の方を対象とした本格的なペインティングの本は初めてのように思いますデス)
本を読み終わった時にはワタクシのココロはすっかり決まっていました。


「そうだ、京都へ行こう!」(←オヤジですぅ~)
・・ではなくて

「そうだ、壁を緑色にしよう!」


イメージはイギリスのマナーハウス(領主のお屋敷)の書斎です(キリリ!)。
深い緑色の壁に天井までの本棚、皮のソファーで本を読みながらスコッチウィスキーを傾けるワタクシ。
夢(妄想?)はどこまでも膨らみます(笑)。

・・が、

問題は塗り塗りの前に家具の大移動やマスキングなど等、決心のいるイロイロがあること(笑)。
この間ペイントした神奈川県のマンションの書斎は4畳半程度の広さ(狭さ?)&家具が全く無かったのでめっちゃ簡単でしたが、今回はしっかりギッシリ家具が・・
う~ん、幅5mの本棚も動かなさくては!ですよねぇ・・。


・・な~んて思ってたら、
日本からカモがネギをしょってやってきました。
カモの名はオトートとハハ。
特にオトートは実家のリビングと廊下の壁を塗り替えた経験有り。
しか~も!彼のお仕事はマスキングがマストのコーキング職人(笑)。
これはもうやるしかない!
いえ、やって頂くしかない(笑)。
オトートはなんでイギリスに来てまで~と嫌がっていましたが、そこは一宿一飯の恩義(正確には十三泊ですが・・)ということで


さてさて
壁塗りは1日で呆気なく完成!
あまりの呆気なさにすっかり味をしめ、今度はどの部屋の壁を塗ろうかキョロキョロするワタクシに「他の部屋はオレ達が帰ってからにして~」・・とオトート(笑)。


でもキミが帰ったら誰がマスキングを?





sIMG_0460.jpg

部屋の中でもっとも広い面積を占める壁の色を変えるのは、家具を買い換えたりするより安上がりでめっちゃ効果の高い模様替えなのです~。
写真のペンキで3千円くらい。
これで一部屋分。


sIMG_0396.jpg
ペイント前の状態。

sIMG_0463.jpg
マスキング中のオトート。

sIMG_0469.jpg
さすがプロ(?)2時間ほどでマスキングを終えました~。

sIMG_0476.jpg
塗り始めたと思ったら・・

sIMG_0477.jpg
もう塗り終わりました~。
早いですぅ!


ssIMG_0619.jpg
イギリスのマナーハウスの書斎・・に近づいたでしょうか?


もっと写真をご覧になりたい方はこちら



 



sIMG_0507.jpg
★★★☆
飲みやすいシャンパン。
辛口で酸味があります。


sIMG_0575.jpg
★★★
リンゴのような香り。
甘口。
女性に受ける味かも・・?


店長宅の インテリア

クリスマスディナーはピザ?!

sR0010244.jpg

今日はクリスマス。
赤々と燃える暖炉の前のテーブルの上には、良く冷えたシャンパンとクランベリーソースを添えた熱々のローストターキー・・


sR0010246.jpg


・・ではなくて、

出来合いピザにコールスローサラダ。
飲み物は庶民の味方、サイダー(イギリスでよく飲まれるリンゴのお酒)です ・・・汗
これは一般的なイギリス人の普段の夕食そのもの・・、クリスマスらしさは微塵もありません。
(気分は 手書き風シリーズ矢印下


うっく・・(←死語です~)
なぜこんなことになってしまったのでしょう??
コレにはイロイロ深~い(?)わけが・・。


実は・・
長いこと探していたソファーが見つかって、思わず衝動買いをしてしまったのです。
革張りで前脚に小さな車輪付き、座面とクッションの中身は羽毛。
1900年頃のスタイルです。
(気分は 手書き風シリーズ矢印上 手書き風シリーズ矢印上


・・が、


元々のソファーが1セット(3人掛けソファーx1・1人掛けソファーx2・オットマンx2)あるところに新しいソファーセット(2人掛けソファーx1・1人掛けソファーx2・オットマンx2)が届き、そう大きくない我が家はギューギュー状態に・・。
(気分は 手書き風シリーズ矢印下


はてさて、クリスマスツリーはどこに立てようかと迷っているトコロに、今度は随分前に知り合いの職人さんにオーダーした幅4m高さ2m40cmのオールドパインの巨大本棚がなぜか突然届くことに・・ !絵文字名を入力してください
(気分は ぐるぐる ビミョー)

納期は守れないけれど腕はピカイチ~!・・の家具職人Jさんに 2年前にオーダー しました・・。


そんなこんなでクリスマスのコトまでアタマが回らず(片付けが終わらず?)、今年のクリスマスディナーはピザ~。
お約束(?)の電飾ツリーも今年はナシなのですぅ・・。
(気分は 手書き風シリーズ矢印下 手書き風シリーズ矢印下 手書き風シリーズ矢印下



sR0013310.jpg
本棚の組み立てをする業者さん。


sR0013314.jpg
作業中。


sR0013336.jpg
完成です~。

店長宅の インテリア

日本でイギリスのパブに住んでみませんか?

sP1110482_20081010103323.jpg

イギリス は-と ラブのみなさ~ん!

どなたか日本で イギリスのパブ にお住みになりたい方はいらっしゃいませんか~??


現在ワタクシ、
日本で所有しているマンションの売却を考え中・・。
お写真をご覧頂ければわかるように、思いっきり イングリッシュパブ~な内装です。
地味な部分も何気に イギリス イングリッシュだったりします(誰も気づかないかもですが・・)。


例えば・・
イギリスの家ではそう珍しくはありませんが、実はこのウチ、家の中の全てのお部屋に(お部屋の中からだけでなく)外からも鍵を掛けられます。

しか~も!(ここが地味~なこだわりです(笑) 矢印 下
ガッチャン式のロックではなく、 シャーロックホームズの映画に出てきそうな コロンとした真鍮製のドアノブの下の大きな鍵穴に大きな鍵を差し込んで回すタイプ。
(ちょうど今、ビクトリアン キャット アンティークス に掲載しているような《18世紀のドアノブ》みたいな感じです)

コレ、探すの大変でした。
(オーダーしてからもしばらく待った記憶が・・)
もしかして(もしかしなくても・・)このウチ、今住んでいるイギリスの家よりもイギリスっぽいかもです。
もっとも・・
鍵に関しては一度も閉めた事はありませんでしたが・・(笑)。


そういえば・・
入居した年に記念にと応募した「プラスワンリビング」(主婦の友社さん)のインテリア大賞で賞を頂いたのですが、あれは本当にヨイ記念になりました( ・・・ 遠い目・・)。
もっとも・・
その10年後に「プラスワンリビング」別冊のメールオーダーのムック本、「ずっと使いたい愛着の定番アイテム」の取材で今度は(なんと!)イギリスの家に来て頂くことになるなんてこの時は思いもしませんでしたが・・(笑)。


ふー・・

写真を見るとイロイロな出来事を思い出すものですね(しみじみ・・)。
ここに住んでいた頃は頻繁に友人知人を招いてはパーティーを開いたものです・・。
気が付くと空が朝焼けに染まっていた事も数知れず(笑)。
(あの頃はワタクシもまだ若く、体力もあったので・・)
キッチンにはビルドインの 食器洗浄器 、生ゴミを粉砕してそのまま流せる ディスポーザー など等・・、気軽にパーティーが開ける仕様になっていました。


え・・っ、
イギリスの家には・・デスカ?
残念ながらどっちも無いです・・。


・・が、 

どうやらこの家には秘密の妖精(妖怪?)さんが住んでいるらしく、
パーティーの翌朝ワタクシが目を覚ます頃には 全て がキレイサッパリ片付いているのです~ にかー!
この妖精さん時々洗濯もしてくれるので、食器洗浄器より優秀かもです(笑)。




にこ
自分たちが快適に暮らせること、そしていつでも友人を招く事の出来る作りであることに徹底的にこだわって、ついでに内装にまでこだわったらいつの間にかこうなっていました(笑)。
収納も一般のお宅の(たぶん)倍以上、ベッドエリアの後ろにはウォークインクローゼットも完備しているので、部屋が散らからずとても暮らしやすいです。
ちょっとばかり受け入れがたい内装かもですが・・ ・・・ 汗

でもでも・・
施工会社の方と何度も何度も打ち合わせを重ねて作って頂いたので、出来ればこういったスタイルがお好きな方に住んで頂きたいのです~。

※収納は沢山付いているので、収納の為の家具は必要ないと思いますデス。


豆電球
場所:神奈川県(小田急線)
最上階(9階)の南の角部屋(このマンションで一番条件の良いお部屋です)
購入時は3LDKだったお部屋を1LDKに変更
大きい窓2面
全室フローリング
ウォークインクローゼット
広い収納スペース
特別仕様の(部屋が広いので)エアコン付き
ビルトイン食器洗浄器付き
ディスポーザー付き
全室有線放送付き(バスルームにもスピーカー付き)
ペット可

興味のある方、もしいらっしゃったらどうぞ宜しくお願いプリーズです~。


sP1110486_20081010103518.jpg

リビングダイニング&ベッドルーム全体
向かって右側がダイニングエリア、左側がリビングエリア、左奥はベッドルームエリアになっています。(ベッドの後ろはウォークインクローゼット)
ホテルのようなお部屋を作ってみたかったのです~。
掃除もめっちゃ楽チンです。


sP1110484_20081010103658.jpg

リビングエリア


sP1110501_20081010103911.jpg

リビングエリアにあるオットと夜なべしてこしらえた暖炉


sP1110483_20081010104055.jpg

ベッドルームエリア


sP1110500_20081010104214.jpg

ベランダ

店長宅の インテリア

イギリスのお天気は変わりやすい?!

sR0013113.jpg
ん、にゃー・・

sR0013114.jpg
ふぁ~あ・・

あくびが出るほどヨイ天気ですぅ~。

・・というわけで
始めたペンキ塗りですが・・、さすがイギリス!
一日の中に四季がある!と言われているだけはあります。


雨が降ってきました・・。
ついさっきまで雲一つ無い青空だったハズ・・なのに、ワタクシ夢でも見ているのでしょうか??
仕方がないので、傘をさしてペンキ塗りを続行!です。


sR0013153.jpg


そういえば・・
こんな構図、前にも見た事があるような・・

雨の中、ペンキを塗るオット。
パラソル。
雨に濡れながらオットを見守るモモ・・。


そうです、そうです!
たしか去年冷凍庫の色を塗っていた時も途中で雨が降ってきました (・・・遠い目・・)。

豆電球 「D.I.Y.冷凍庫のペイント」 は こちら です


う~ん・・・
日頃の行い、悪いのでしょうか?


いえ、ワタクシではなくオットの・・(笑)。



sR0013161_20080825113603.jpg
今日の晩ごはんは《竃のラーメン》です~ は-と
オットのゴルフの景品です(笑)。


sR0013185.jpg
せっかくなので(?)角煮を作って乗っけました~。


sR0013186.jpg
デザートの《ういろう》もゴルフの景品(笑)。


sR0013189.jpg
初めはカワユク1人2切れのつもりだったのですが、結局2人で1本食べてしまいました・・ にぱ

店長宅の インテリア

ウッドデッキに初挑戦!⑤ ~ガゼボの完成~

うるうるうる・・

とうとうこの日を迎えることが出来たのですね(←感慨深い目)。
ガゼボを購入してから早半年、ガゼボの土台(ウッドデッキ)を作り始めてからからはひと月半・・。
ついにシャンパンで乾杯!です~。

豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!① ~愛しのガゼボちゃん ~」 は こちら です
豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!② ~骨組み完成~」 は こちら です
豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!③ ~深夜も作業~」 は こちら です
豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!④ ~完成間近!?~」 は こちら です


を申しますと・・
ガゼボを購入した今年の1月には、設置までこんなに時間がかかるとは思っていませんでした。
ガゼボは販売業者さんの方で組み立てて頂けますし、土台(ウッドデッキ)はどこか業者さんにお願いすれば・・などと軽~く考えていました。
大きな声ではいえませんが、2月末に設置の仮予約をしていたほどです(笑)。


・・が、 
ふ・・と気が付くと、いつの間にかもう6月・・。
これから(ウッドデッキの)業者さんを手配しても7月中に来て頂く事はとてもムリムリな時期。
でもでも、どうしてもお庭でハワイアンバー♪・・の夢を諦めきれない私たちは、ムボーにも自分たちでウッドデッキを作ってしまいました(笑)。


それにしても・・
自分たちでウッドデッキを作れたなんて、アンビリバボー!信じられませんデス。
人間、追い詰められると(?)何でも出来るものなのですねぇ(しみじみ・・)。


それはそうと・・
最近、美味しい生活でかな~り大きくなってしまったワタクシ。
(痩せないと)もう穿けるジーパンがありません・・。


あの~、
どなたかワタクシを追い詰めてくださる方、いらっしゃいませんか?



sR0011661.jpg
憧れのガゼボの完成です~。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0011657.jpg
今日の晩ごはん


sR0011651.jpg
夫の好物、《モッツレラチーズ》。


sR0011652.jpg
《サラダ》


sR0011653.jpg
《カンブリアンソーセージ》


sR0011654.jpg
《豚のしょうが焼き》


sR0011655.jpg
《チンジャオロースー》


sR0011656.jpg
メインデッシュの《すき焼き》

店長宅の インテリア

ウッドデッキに初挑戦!④ ~完成間近!?~

sP1110798.jpg

んー・・、極楽ですぅ~ にかー!

お仕事で出かけたファニチャーショーで一目惚れ・・、その場でお買い上げ~!してしまった↑ガゼボの土台(ウッドデッキ)を急ピッチで製作中のオットとワタクシ。

豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!① ~愛しのガゼボちゃん ~」 は こちら です
豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!② ~骨組み完成~」 は こちら です
豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!③ ~深夜も作業~」 は こちら です


まだ製作途中ではありますが、あまりにお天気がヨイので板を張り終わった部分に愛用のリクライニングチェア置いて日光浴をしました~。
今までより少し視点が高くなっただけで、景色がビミョーに違って見えるのが何だか新鮮です。
(手前部分はウッドデッキの高さの分しか高くなっていませんが、クライニングチェアを置いてある辺りは元々の地面が低かった為、今までよりも30cmほど高くなっています)
心なしか庭の池もよぉ~く良く見えるような気が・・(笑)。


ぼー・・・
(この間およそ3時間)


あら、いやです~。
ぼーっとしていたらもうこんな時間。
そろそろ家を出なくては・・。
今日は、納期は守れないけれど腕はピカイチ~・・な家具職人Jさんに納期を守ってもらうべくお願いに行くのです は-と


うげげ・・

車のエアコンがかかりません ・・・汗
しかも送風もできないです・・。
実はこの車、電気系統が弱くて時々こんな事が起こるのですが、何もこんなに暑い日にエアコンが使えなくならなくても・・。
どうしましょう・・。
(音が怖いので)窓を空けたまま運転するのは苦手なのです、ワタクシ・・。


ひーん・・ !絵文字名を入力してください
極楽から一気に灼熱地獄ですぅ・・。



sR0011309.jpg

ウッドデッキ、着々と完成に向かっています~。


sR0011310.jpg

今日もお天気が良くて幸せですぅ~。


sR0011308.jpg

今日の朝食はドーナツと・・


sR0011306.jpg

憧れのカップヌードルです。


sR0011321.jpg

午後からお仕事に出かけました。
オールドパイン家具の製作状況チェックです~。


sR0011317.jpg

お店の中の看板娘(息子かもですが・・)のニャンコ。


sR0011322.jpg

お店の外にはお馬さんが・・。
お馬さんの向かって右隣に写っているのは馬小屋です。


店長宅の インテリア

ウッドデッキに初挑戦!③ ~深夜も作業~

sP1110798.jpg

音符1 ガゼボちゃんの為ならエ~ンヤコ~ラ!も一つおまけにエ~ンヤコ~ラ!! 音符1
(エンヤコラ・・、もしかして今の若い方にとっては意味不明かも)


豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!① ~愛しのガゼボちゃん ~」 は こちら です
豆電球 「ウッドデッキに初挑戦!② ~骨組み完成~」 は こちら です


筋肉痛が痛いですぅ(←完全に死語です~)。
今年一月、お仕事で出かけたファニチャーショーであまりのカワユサに思わずゲットしてしまったガゼボちゃんの為、慣れない大工仕事に奮闘中なのです~。


いえ・・
ガゼボちゃん自体は販売会社さんの方で配送&組み立ててをして下さるので何の問題もないのですが、ガゼボちゃんを建てる土台の部分はこちらで用意をしなくてはならなくて・・。

・・というワケで、
現在、人生初のウッドデッキ製作中!なワタクシねことオットのくまでございます。
早くしないと短いイギリスの夏はあっという間に終わってしまうので、とにかく急がなくては!です。


イギリスの夏・・
それは儚くも素晴らしい季節・・ ( ・・・ ←夏に思いを馳せる目・・)
5月の声を聞くとムクムクと膨らみ始める夏への期待感は一年で一番昼の長い夏至(6月21日)の辺りに最高潮に達し、そしてそのまま7月末くらいまで浮かれ気分は続き、8月に入るとふ・・とした瞬間に夏へのかげりを感じ始め・・、(8月)中旬を過ぎると秋の訪れを悟る・・
年によって4月や8月にめっちゃ暑い日が続くこともありますが、↑このココロの動き、毎年だいたい同じような感じです(笑)。


気が付くともう6月も約1/3が過ぎています。
年々、月日の流れが早くなっているような気がするのはナゼでしょう??
最近は一年が4ヶ月くらいにしか感じません・・。
浦島太郎です。
5年しか経ってないと思ったら、もう15年経ってた・・みたいな感じ?


うっかりしているとどんどん日が過ぎていくので、出来る時にやってしまえ~・・ということで、本日は暗闇の中ライトをつけての作業です ・・・汗

sR0011237.jpg

もっとも作業をするのは専らオットで、ワタクシは生ぬる~く見守るだけですが・・(笑)。
(板張りの作業は重要なので、ワタクシには任せられないらしのです~)
何もしないのも申し訳ないと思い、オットを励ますつもりで歌を歌ってあげたのですが、オットはめっちゃフクザツな顔をしていました(笑)。


音符1 作業は続くよ~いつまでも~朝から晩まで深夜までぇ~ 音符1




sR0011217_20080611114249.jpg

庭の木に付けた巣箱に小鳥の赤ちゃんが・・。



sR0011218.jpg

赤ちゃん、アップ。


sR0011220.jpg

今日のウッドデッキ製作の始まりです~。


sR0011225.jpg

だんだん完成に近づいてきた気が・・。

店長宅の インテリア

ウッドデッキに初挑戦!② ~骨組み完成 ~

sP1110798.jpg

ひーん・・、頑張りましたぁ~。

オットの春休み中にどうにかウッドデッキの骨組みが完成しました。
ここまでくればもう一息。
あとは板を切って張るだけです。

豆電球 「愛しのガゼボちゃん ~ウッドデッキに初挑戦 ①~」 は こちら です


思えばウッドデッキ製作を思い立ってからもう少しで半年 ・・( ・・・ 遠い目・・)。
きっかけは今年1月のファニチャーショーでガゼボ(あずま屋)を購入した事です。

・・が、
ガゼボの会社は組み立て&設置はしてくれるものの、ガゼボの土台は購入者自身が整えなくてはならないという過酷な条件(?)をなかなかクリアできず・・。
(この会社、親切なんだか不親切なんだか・・ ・・・汗


にまー・・。
このペースでいくとあと数日あればウッドデッキは完成しそうです。
材料を揃える為に奔走したのが、なんだか遠~いムカシの事のようです(笑)。


問題は・・
明日からオットがまた出張に行ってしまう事です・・



sR0010835_20080603034325.jpg

5月27~29日 <材料の買出し>
デリバリーをお願いするとオットの春休み中に作業ができないので、お店と家を10往復以上して材料を運びました。
お店までは往復2時間、大変でした・・。
もしかしたら材料の買出しが一番大変だったかもです(笑)。


sR0010958_20080603034537.jpg

5月30日 <製作スタート>


sR0011016.jpg

5月31日 <骨組み製作中>


sR0011068.jpg

6月1日 <骨組み完成>
※6月1日の作業は夜中の12時までやったので写真が撮れず(暗すぎて写らず)、写真は6月2日に撮影したものです。


sR0011067.jpg

今日の晩ごはん。
ここ数日、めちゃ頑張ったご褒美(?)にサーロイン1kgで「肉々すき焼き」です~。

店長宅の インテリア

ウッドデッキに初挑戦!① ~愛しのガゼボちゃん ~

sP1110798.jpg


お尻に火が付いてます・・。

事の起こりは今年1月終わりのファニチャーショー。
ここでめっちゃカワユイ(←死語デスカ?)ガゼボを発見!したワタクシは(お仕事で来ていたことをすっかり忘れ?)その場から動けなくなってしまいました。

豆電球 2008年ファニチャーショーについての日記は こちら です~。


20分経っても30分経ってもその場から動こうとしないワタクシを見兼ねた(?)オットが、そんなに欲しいんだったら買ってあげようか?・・と(オットは本当にヨイ人ですぅ~)その場でお買い上げ~!
ガゼボちゃんはめでたく我が家にお嫁に来ることになったのですが・・。


ハテサテ・・、
もうすぐ5月も終わるというのに未だ彼女に再会出来ず・・。
このままでは一番ヨイ季節(6~8月中旬)にガゼボが使えないかもです。


いえ・・、
ガゼボの会社が悪いのではなく、悪いのは全てモノグサなワタクシたち・・。
実はこの会社、イギリスの会社にしては珍しく(?)商品の配送だけでなく組み立ても行っています。
更にもしガゼボのお引越しをしたい場合は、分解→(一旦会社に持ち帰って)洗浄→再組み立てもOK(日本円で16万円ほど料金はかかりますが)・・と至れり尽くせり。


問題は・・

土台・・なのです。
我が家の庭は大きめの砂利が敷き詰めてある為、地面がフラットではありません。
ガゼボを建てる部分はフラットでなくてはいけないのだそうです。


モノグサなワタクシたち、(モチロン!)土台の工事も一緒にお願いできないかどうかも尋ねたのですが、残念ながら答えはノー・・。
(至れり尽くせり・・なのに、土台工事を請け負ってないのはナゼナゼ~??)


はー・・

どこかの業者さんにお願いしようと思っていたのですが、気が付いたらもうすぐ6月・・。
(うっかりにもほどがあります・・)
イギリスの職人さんは(良くも悪くも)いい加減なので、これから業者さんをお願いしていたら6月どころか7月中に土台を完成させるのもは難しそうです・・。

・・というわけで、夫婦2人でウッドデッキ作りに初挑戦!です~ にかー!


でもでも・・
本当に作れるんでしょうか?
ギモンですぅ~ ・・・汗



sR0010833.jpg

今日のおやつのお稲荷さんです~。


sR0010822.jpg

デッキ用の木材の買出しです。


sR0010839.jpg

う~ん・・、どこでしょう?広過ぎですぅ~。


sR0010835.jpg

お目当ての木材をショッピングカート(?)に積み込むオット。


sR0010845.jpg

こんなモノも買うことが出来ます(笑)。


sR0010872.jpg

車に木材を積むオット。


sR0010830.jpg

家の近くで鹿に遇いました。

店長宅の インテリア

D.I.Y.冷凍庫のペイント

sR0011698.jpg

急に冷凍庫に色を塗りたくなりました。

なんとイギリスには“冷蔵庫専用の塗料”があり、その名も“FRIDGE COLOURS”。
なんのひねりも無い、そのまんまの商品名です(笑)。


シュー・・ッ!
おぉぉ~、面白いですぅ~!!

シュー・・ッ!
シュー・・ッ!!

超簡単お手軽です。
しかもなかなかの仕上がり(満足)

・・と思ったら、突然雨が~


なにもこんな絶妙なタイミングで振らなくても・・。
塗り始める前にチェックした天気予報は、たしかに“晴れ”だったハズです・・。

イギリスの天気予報は当てにならないこと、すっかり忘れていました・・



sR0011628.jpg
この白い冷凍庫が、変身!です~。


sR0011638.jpg
冷蔵庫専用の塗料。


sR0011642.jpg
ぎゃ~っ!雨ですぅぅ~


sR0011698.jpg
う~ん・・、ちょっとノッペリ塗りあがってしまいました


sR0011749.jpg
なんとなく完成です(笑)。
もしかしたらワタクシ、ギンガムチェック症候群かもしれません~。

店長宅の インテリア

ギンガムチェック症候群?

久しぶりにミシンを出しました。

「久しぶり」と申しましても、ちょっとやそっとの「久しぶり」ではありません。
なんと!5年ぶりの登場です~(笑)。

sIMG_0230.jpg
う~ん・・、なんだかプレーンな印象です。

一昨日手に入れたカップボードを設置したのですが・・
う~ん・・、何か物足りません・・。

やはりパイン家具には「赤のギンガムチェック」と合わせなくては!だわ~
・・なーんて思ったら、
なんと!持っていました、「赤のギンガムチェック」。
一昨年、キッチンにフードストッカーを作った時に、カーテンを付けるつもりで買った布がそのままになっていました。
(2年もそのままほっとく私って・・ ・・・汗


sIMG_0271.jpg
ちょっとカワユクなりました~。


この際、フードストッカーのカーテンも一緒に作ってしまいましょう~
こういうことは一気にやらなくては!です~。
もし今回作らなかったら、次のミシンは5年後かもなので・・  


それにしても・・
工具を使わない月はないのですが、ミシンは実に5年ぶり。


・・・・・。 ! 
い・・、糸の通し方がわからないです~っ 絵文字名を入力してください




sIMG_0242.jpg

モモさんボーダーコリー4歳女子とフィリスビー。


sIMG_0253.jpg

今日のお昼ごはん。



追記《7月26日》

糸の通し方の謎(前から後ろから?)も解明し、
どうにか糸を通して縫い始め・・

ダダダダダダダダ・・・・

んー・・
何だか気分がヨイです~
縫い物、楽しいかもですぅ~


あら、いやです~、手が止まりません~ 絵文字名を入力してください
何もかもがギンガムチェック柄ですぅぅ~~ 絵文字名を入力してください 絵文字名を入力してください


sIMG_0282.jpg
    
一昨年作った「フードストッカー」に、やっと目隠しのカーテンが・・(笑)。


sIMG_0298.jpg

クマちゃんのリボンもギンガムチェックです~。


sIMG_0302.jpg

かごカバーまでギンガムチェックです・・。

店長宅の インテリア

魔のスタディルーム

今日も朝から雨です。

今日はゲストルームの模様替え♪・・と思っていたのですが、うっかり魔の領域、スタディルームに手を付けてしまいました・・ ・・・汗


スタディルームのクロゼットの中のギューギュー詰めの書類・・を片付け始めたのですが、当然一日では終わるはずもなく・・。
もう足の踏み場もない状態です。
オットも私も埋もれています(涙)。


ところで・・
スタディルームはアメカンポップなお部屋です。
ディスプレィしている小物類も他の部屋とは大分雰囲気が違います。


実はワタクシ・・
お部屋ごとに(バカバカしい)テーマを決めて模様替えをするのが大好きなのです~。
例えばリビング&ダイニングだったら、1930年ごろハワイのパイナップルプランテーションで成功したイギリス人の子孫のお家・・云々。


ちなみに・・
アメリカンポップなスタディールームのテーマは、1960年代のアメリカで美術系大学に通う学生の部屋(のつもり)です にかー! USA



sIMG_6909.jpg
暖炉の上のピーナツバター製造機

sIMG_6921.jpg
ハーシー・チョコレート・マシーン

sIMG_6910.jpg
大きな電球型ライト

店長宅の インテリア

模様替え

今日も朝から雨です

天気予報によると一日中雨のようです。
雨の大義名分があるので草抜きは早々に諦め(笑)、ずっと先送りになっていたイロイロ・・を思い切ってやる事にしました。


まず最初に・・
去年買ったアンティークの電話機に(やっと!)電話線をつなぎました。
手持ちの電話線が電話機をディスプレーしたい場所まで届かず、(普段はコードレス電話を使っているので特に不便も感じなかったので)ずっとそのままになっていたのです。

カチ・・ッ!
長~い電話線を買ってきて差し込むと、聞きなれたプー・・という音が真鍮製の受話器から聞こえてきました。
眺めているだけでも充分満足でしたが、使えると愛着もヒトシオです ラヴ ハート


次は・・
リビングルームの模様替え。
ソファーの位置をアチコチ動かし場所を探ります。
それに伴いランプ達もお引越し。
我が家のリビングには全体を照らすメイン照明はないので、ランプの位置はとても重要なのです~。
ためつすがめつ様々な角度から眺め、それぞれが一番しっくりくる場所を決めていきます。

う~ん、ヨイ感じですぅ~



・・・
もし明日も雨だったら、2階のゲストルームの模様替えの予定です。
でももし晴れたら・・、庭の草抜き頑張りますぅ・・(うっく←死語)。



sIMG_5645.jpg

アンティークの電話機


sIMG_5640.jpg

ハワイアンなパイナップルスタンド


sIMG_5647.jpg

ハワイアンなハイビスカススタンド

このカテゴリーに該当する記事はありません。