FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
イギリスの行事やイベント

クリスマスイルミネーションの点灯式 in アイアンブリッジ

幻・・でしょうか??

お買い物の帰りに通ったアイアンブリッジで、見慣れぬ光景を目にしました。
いつ行っても閑散としている、(たぶん、きっと、絶対?)世界一マイナーな世界遺産アイアンブリッジの周りに人が大勢集まっています。
しかも!人員整理のポリスマ~ンまで出動して・・。


オヨヨ・・(←死語です~)
頬を上気させた人々が大声でウントダウンを始めました。
クリスマスまではまだ日もありますし・・、いったい何のカウントダウンを・・?
好奇心がムクムクムク・・

・・が、
渋滞していた車が動き出し、ワタクシたちもアイアンブリッジを後に・・
・・な~んて出来るハズがありません(笑)。
ヤジウマ~ンなワタクシたちは車をUターンさせてもう一度街中を通り、カウントダウンの続きを見ることに・・。


おぉ~ はぁとvv

クリスマスイルミネーションの点灯式です!
10年以上イギリスに住んでいますが、点灯式の瞬間を見たのは実は初めて。
(点灯式の日程は)地元の新聞などで告知があるのでしょうが、超僻地の我が家には新聞は届きませんし、ここ数年は家にテレビもなかったので世間にめっちゃ疎くなっていました ・・・汗

花火も上がり始め、人々の興奮は最高潮!
どの顔も季節がクリスマスへと動き出した期待で満ち幸せそう heart
ワタクシたち久しぶりの花火を楽しみま・・

・・・・。


アイアンブリッジに人が沢山集まっていたの幻ではなかったですが、

あっという間に終わってしまった花火は まさに幻 のようにでした~(笑)。




日本の花火大会などと違い、イギリスではかな~り大きなイベントの花火でもほんの数十分で終了してしまうのですぅ~。 
ちなみに日本では夏のイメージの強い花火ですが、イギリスでは99.9%冬のものです。



20091122 アイアンブリッジクリスマスイルミネーション点灯式
闇夜のアイアンブリッジに怪しく(?)うごめく人影(笑)。


sR0017469.jpg
おぉぉ~


sR0017470.jpg
たまや~


sR0017484.jpg
帰り道に通ろうとした街でも点灯式をしていたみたいで通行止めでした・・。




お気に入りのお出かけスポットや観光地

アイアンブリッジでポークスクラッチング

小腹が空きました~。

材木屋さんにお邪魔した帰り、モモのお散歩 兼ねてアイアンブリッジに寄りました。
近くを通るとなぜか行きたくなってしまう、世界一マイナーな世界遺産「アイアンブリッジ」・・の世界的に有名なポークパイ!を販売するお店「Eley’s」です~。

このお店、看板に「世界的に有名なポークパイ」・・と書いてあるのです(笑)。


キョロキョロ・・
ここのところあまり寒くないせいでしょうか、カメラを抱えた観光客~な人々の姿が多いような気がしますデス。
アイアンブリッジ前の10台ちょっとしか車が止まれない駐車場が満車なのはいつものことですが、その先の車が30台くらい駐車できる駐車場も満車です。
アイアンブリッジ・ラブ ハート なワタクシとしてはちょっと嬉しかったりします。

・・というわけで、
今日は少し離れた駐車場に車を止めて、オットとワタクシとモモ(?)は世界的に有名なポークパイを目指してひたすら歩きました。
ポークパイの為なら 音符1 エン~ヤコ~ラ ~音符1 (←死語・・ですよね~やっぱり・・)


ガ・・ガーン! !絵文字名を入力してください

閉店10分前、間に合ったと喜んだのも束の間、ポークパイが売り切れていますぅ・・。
身もココロもポークパイ~な気分だったのに、クスン・・です 汗
・・が、
お腹も空いているので、暖かい「ソーセージロール」と「Pork Scratchings(ポークスクラッチング)」を一つずつ買うことに・・。

この耳慣れない名前の食べ物、「Pork Scratchings」は、鳥の唐揚げを作っていたらうっかり皮が剥がれて皮だけがカリカリに揚がってしまったモノ・・と非常に食感と味が似ています。
それもそのはず(?)、Pork Scratchingsは豚の皮を油でカリカリに揚げたスナックなのです~。
塩味が強めなので、ビールとめちゃ合います


ただ問題はカロリーがちょっと(いえ、かなり・・)・・。



sP1120478.jpg

毎度お馴染み(?)アイアンブリッジへ続く坂道・・を上るオットとモモ。


sP1120482.jpg

ジャーン!(←死語・・ですね)
右手に見えますのは、アイアンブリッジの雄々しいお姿でございます~。


sP1120483.jpg

左手に見えますのは、世界一マイナーな世界遺産アイアンブリッジにある、世界的に有名なポークパイ・・がキャッチフレーズの「Eley’s」でございますデス(笑)。
世界的に有名かどうかは怪しいですが、お味はサイコーです。
今までに頂いたどのポークパイより美味しいです。
もうすぐ店じまいの時間だったので、お店の方がお掃除をしていました。


sP1120485.jpg

優しい笑顔が素敵です~。


sP1120486.jpg

今日はポークパイが売れ切れていたので、「ソーセージロール」と「Pork Scratchings」を買いました。
Pork Scratchingsは豚の皮を揚げて作ったスナック。
やや塩気が強いので、ビールによく合います。



sP1120488.jpg

ソーセージロール、£1.20。


sP1120487.jpg

Pork Scratchings、£0.90。


sP1120489.jpg

Pork Scratchingsのアップ。


sP1120492.jpg

橋の上から街を見たところ。


sP1120502.jpg

アイアンブリッジにある、火力発電所。


sP1120509.jpg

エール。
つまみはPork Scratchingsです~。
これがビールによく合うのです。


sP1120447.jpg

いびきに効くらしい・・と友人に聞いて、イヤーキャンドルを通販で買いました~。


sP1120459.jpg

イヤーキャンドル中のオット。


レストラン覚え書き

イギリスでフランス家庭料理

世界一マイナーな世界遺産アイアンブリッジ・・から車で5分、こんなトコロに本当にレストランがあるのか・・というくらいの山の中、以前エール(イギリスのビール)のお話でにちょこっとお書きした事がある美味しい地ビールの頂けるパブ・・の前にあるフレンチレストラン「Fat Frog(デブ蛙)」へランチへ行ってきました。
(長~い前置きですぅ~)

sP1120340.jpg

やじるし↑ 地ビールが頂けるパブ・・の前にある
やじるし↓ フランス家庭料理のレストラン、「Fat Frog」。

sP1120341.jpg



このレストラン、随分前に一度だけお邪魔した事があるのですが、その時ワタクシはお肉~な気分だったので、フランス家庭料理が頂けるレストランだという事をすっかり忘れてうっかりステーキをオーダーしてしまって、肝心のおフランスの味を堪能し損ねてしまいました・・ ・・・汗


・・というわけでリベンジ(?)です!
今回はちゃんとフレンチメニューからオーダーをしました(笑)。
前菜はナシでいきなりメインデッシュからスタートだったのですが、メインデッシュが出来上がる前に運ばれた「メインデッシュの付け合せのサラダ」が、ちょっと日本のランチタイムっぽくて懐かしかったです。

イギリスのレストランでは(星付きのところは別です)、メインデッシュの付け合せは人数分がドーンッ!と同じお皿に入って出てきて、それぞれが好みの量を取り分けるスタイルが一般的なのですが、ここでは日本のランチタイムでよく見かける小さな木のボールにサラダが入って出てきました。
(小さな・・と申しましても、このサラダ、日本の2倍近い大きさがあります)


sP1120323.jpg


お話は変わりますが・・
イギリス人とフランス人はなぜかお互いをバカにしあっています。
イギリス人はフランス人を「蛙野郎(Frog Bastard)」と呼び、フランス人はイギリス人を・・あれれ・・、何でしたっけ?
うっく・・(←死語です~)年は取りたくないものです・・。


(コホン・・)気を取り直して・・、
予想通り(?)、こちらのオーナーシェフが太った(Fat)なフランス人(Frog)でした。
今から約40年前にイギリスに渡ってきたそうな・・。
この方、どう見ても60はいってらっしゃらないので、その中の40年って、う~ん・・、もうほとんどイギリス人のような気もしますが・・(笑)。


牛肉の赤ワインになどのお料理はそれなりに美味しかったのですが、やはりオーナーシェフの長年のイギリス生活が祟って(?)いるのでしょうか、やじるし↓フレンチレストランではお見かけしない付けあわせが・・(笑)。 

sP1120329.jpg

イギリス人の主食(?)「チップス(フライドポテト)」です・・ 汗
(もしコレがブレッド&バターだったら、もっと評価が上がったかも・・)
お料理の味付けは悪くなかったものやや味が濃すぎたので、(味を)薄める「何か」が欲しかったワタクシは、不本意ながらチップス(フライドポテト)を頬張りながらお料理を頂きました(笑)。


ワタクシはチップスを頬張りながら、ふ・・と、フランス屈指の食い倒れの街リヨンに行った時の事を思い出していました ( ・・・ 遠い目・・)
特にレストランガイドなど調べなくても飛び込みで入ったレストランさえ美味しいフランス、ブラボー!です。 


イギリスで~ 美味しいものを 探すのは~、 これはなかなか 骨が折れますぅ~
今日は五七五七七で決まりましたデス にかー!


sP1120306.jpg

店の外でビールを飲んでいる、お馬でお散歩中の方々。
ワンちゃんだったら店内に入れますが、さすがにお馬さんは・・(笑)。


sP1120310.jpg

店全体を裏から見たところ。


sP1120313.jpg

ワンちゃん連れのイギリス紳士。


sP1120314.jpg

ビールのポンプ。


sP1120332.jpg

店名でもある蛙グッズがアチコチに・・。


sP1120318.jpg

今日頂いたエール「OLD HOOKY」。


sP1120326.jpg

メインデッシュ。


sP1120335.jpg

デザート。

sP1120353.jpg

家の周りは田舎道なので、お散歩から帰ったらシャワーです~。

このところ美味しい生活が続き太り気味なので、モモを連れて夜のお散歩に行ってきました。
このままではワタクシ、店名を「Victorian Cat Antiques」から「Fat Cat Antiques(デブ猫アンティーク)」に変えなくては!です・・ ・・・汗



店名:The Grove Hotel The Fat Frog Bistro & Restaurant
住所:10 Wellington Road, Coalbrookdale, Ironbridge, Telford. Shropshire. TF8 7DX
電話:01952 433 269

HPアドレス:http://www.fat-frog.co.uk/index.php


アップロードファイル 平均するとメインデッシュは£10ちょっと、デザートは£5前後です。
食前に一杯頂いて、メインデッシュにデザート、デザート後のコーヒーとチップまでで£20ちょっと(日本円で約4300円?)くらいです。

お気に入りのお出かけスポットや観光地

アイアンブリッジ(3)~世界的に有名なポークパイ? ~

sR0014015.jpg

イギリスイチ(世界イチ?)マイナーな世界遺産、アイアンブリッジにまたまた行ってきました~。

目的はズバリ(←死語です~)アイアンブリッジ名物(?)ポークパイ。
前にもお書きしたのですが・・
あのポークパイ、お肉の周りがゼラチンプルプルで癖になる美味しさなのですぅ~
今日は、ポークパイ・ホットペースティ・エッグナントカ(名前失念・・)を一つずつ買って、2人と1匹(我が家のワンコ、ボーダーコリーのモモさん4歳女子)で仲良く頂きました。
(モモは味の付いてない部分をほんの少~し・・ですが(笑))


さてさて・・
ポークパイを販売しているお店なのですが、看板に面白い文字を発見してしまいました。

sR0014001.jpg

看板をズームインしてみると・・

sR0014008.jpg

・・・・・・・。
どこをどう読んでも、「世界的に有名なポークパイ」です ・・・汗


しつこいようですが・・
世界遺産に認定されているとはいえ、アイアンブリッジは非常~にマイナーな観光地です。
この店のポークパイが美味しいのは間違いないのですが、このキャッチコピーはいかがなものかと・・(笑)。


キャッチコピー・・で思い出したのですが、
この写真のパブは川の側にはありますが、実はアイアンブリッジからは少し(かな~り?)離れた場所にあります。

sR0014028.jpg


sR0014029.jpg

・・が、
「THE BIRD IN HAND はアイアンブリッジより古い」と外壁にデカデカと書き出して、アイアンブリッジをちゃっかり宣伝に使っています。
このパブはB&Bも経営しているので、B&Bのパンフレットにも同じ事を書いているに違いありません(笑)。
いえ、表現に偽りは全くないのですが・・。

ちなみにこの建物から見えるのは(アイアンブリッジではなく)アイアンブリッジの一つ先の近代的な橋ですやじるし↓

sR0014026.jpg


マイナーな観光地の「世界的に有名なポークパイ」。
めっちゃ新しい橋の側にある「アイアンブリッジより古いTHE BIRD IN HAND 」。

う~ん・・、どっちのキャッチコピーの方が罪がないでしょう(笑)?


お気に入りのお出かけスポットや観光地

アイアンブリッジ(2)~超マイナーな世界遺産~

sR0013575.jpg


先週に引き続き、(たぶん)イギリス1マイナーな世界遺産アイアンブリッジに行ってきました(笑)。

お目当ては
アイアンブリッジ名物 (?) ポークパイ

先週食べ損ねてから、ずっと気になっていました(笑)。
モモ(我が家のワンコ)のお散歩を兼ねて、アイアンブリッジ再び!です。


キョロキョロ・・
奥には店主と思しきオジさまと明らかに店員な若者が見えます。
店内にお客さまはいらっしゃいません。
本当に美味しいのでしょうか?
よく「名物に美味いものなし」などと申します。
今日はせっかく(?)お腹を空かせてやってきたので、とにかくドキドキしながらも店内へ・・。


ところで・・
(先週の日記にお書きしたのですが)一般的にイギリスのポークパイはケモノ臭く、ほとんどの日本人の方は臭いが気になって食べられないのではないかと思います。
私も先週からポークパイが気になってはいたものの、味には全く期待をしていませんでした。
そんなわけで、
保険として味にハズレのなさそうな「ペースティー」も一緒に買う事に・・(笑)。

ムフフ・・(←死語です~)
辛いものラブ な私は店の入口に書かれた「ホットペースティーあります」の文字を見逃しませんでした~(笑)。
(イギリスの「HOT」はよく「辛い」という意味で使われます)
私は期待でいっぱいで若者に尋ねました。

「あの~、ぺースティーとホットペースティーは何が違うんですか~?」(ワクワク・・)

な、なんと・・
HOT=熱い・・でした。
うっかりしていました・・ ・・・汗
HOTには「辛い」の他に「熱い」という意味もあるのを(故意的に?)忘れていました・・。

若者は私の問いに一瞬キョトンとした顔をした後に、
「ただ熱いだけ」
・・と、ヒーターが付いたショーウインドーを指差しました・・。
(恥ずかしいですぅ~)。


ホットペースティーは予想通りフツーに美味しかったです。
外のテラス席で頂いたので、温かい(熱くはなかったです~)ペースティーはじんわりお腹を暖めてくれました。


さて、
問題の(?)「ポークパイ」ですが、
これが予想に反して、めっちゃ美味しかったのです~
心配していたケモノ臭さは全くありません。

サクッとしたパイ生地に香辛料の効いたジューシーな豚肉。
お肉の周りはプルプルの(肉から出た)ゼリー・・。
今までイギリスで頂いたどのポークパイよりも、ダントツ一番で美味しいかったです。


皆さん~っっ
超マイナーな世界遺産、アイアンブリッジにお越しの際は「ポークパイ」をぜひ!です~ にかー!




sR0013264.jpg

ポークパイが美味しいと評判のお店。


sR0013563.jpg

店主らしいオジさまと店員の若者。


sR0013561.jpg

ショーウィンドーの中。


sR0013566.jpg

「アイアンブリッジマーク」入りの袋に入れてくれます。


sR0013569.jpg

アイアンブリッジ名物(?)ポークパイ。


sR0013572.jpg

プルプルのゼリー、見えますか??


sR0013570.jpg

ホットペースティー。


sR0013571.jpg

ホカホカです~。


お気に入りのお出かけスポットや観光地

アイアンブリッジ(1)

sR0013262.jpg

世界遺産として有名(?)な、アイアンブリッジに行ってきました~。

本当は「コールブルックデール橋」という立派な名前があるのですが、「世界最古の鉄の橋」ということもあり一般的には「アイアンブリッジ」という名前の方が有名です。


この橋は名前の通り「鉄」で出来てはいるものの、実は溶接されていません。
木の橋を作ると同じように「鉄」を組み楔などの部材で固定した、「鉄」を「木」に見立てて作ったユニークな橋なのです。


橋の完成は1779年。
200年以上も前に川に「鉄の橋」を架けてしまったイギリス人、本当にアッパレ凄いです~
その頃日本は江戸時代真っ只中。(江戸時代は1867年まで)
頭にチョンマゲ乗せてました・・ ・・・汗


ところで・・
1986年にユネスコによって世界遺産に登録されたアイアンブリッジ(を含むアイアンブリッジ渓谷)は、特産品も名物も特別な見所もないこの辺りで唯一外国人観光客が訪れる世界的(?)観光地です。
橋の近くではアイアンブリッジマーク入りのマグカップやキーホルダーなどを販売する店もあり、観光気分を盛り上げてくれます
(でもでも、欲しい方いらっしゃるのでしょうか??)

sR0013451.jpg
アイアンブリッジマーク入りのバスです~。


さてさて・・
産業革命発祥の地として大いに栄えたアイアンブリッジとその一帯ですが、時代の流れと共に廃坑や工場跡がそのまま放置され、いつの間にかゴーストタウンに・・。
その後も街は荒れる一方だったのですが、元々あった施設などを利用した博物館が次々とオープンし、現在は観光の街として生まれ変わりました。
私のお気に入りの場所のひとつ、「ビクトリアンタウン」もこの博物館の中のひとつです。


皆さん~!
湖水地方」や「コッツウォルズ」だけでなく、(超)マイナーな世界遺産「アイアンブリッジ」もどうぞ宜しくお願いしますデス~ にかー!




sR0013242.jpg

このパブの近くに車を止めました。


sR0013243.jpg

アイアンブリッジに向かって、坂を上ります~。


sR0013264.jpg

このお店のお勧めは「ポークパイ」・・らしいです。



sR0013271.jpg

さぁ、渡りますデス。


sR0013290.jpg

橋の逆側から見た景色。美しいですぅ~  



おにぎり 今日の晩ごはんはこちらです アップロードファイル

該当の記事は見つかりませんでした。