FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の インテリア

「色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント」 にインスパイア~!

人生2度目の壁塗りです~。

1度目は日本で現在売りに出している神奈川県のマンション
(壁を塗ったのは写真の部屋ではなく書斎ですが・・)

sP1110482_20081010103323.jpg
(お住みになりたい方は小田急不動産大和店の小川さんまでぜひ~

・・で、
今回の今イギリスで住んでいるコテージのリビング。


壁を塗るきっかけは一冊の本でした(遠い目・・)。←そんなにムカシのことではありません!
本のタイトルは「色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント」。
その直球ど真ん中~なタイトル、そして内容にワタクシの琴線はジャカジャカジャカ~♪のエレキギター状態(笑)。
(今までもプロ向けの色の本はありましたが、一般の方を対象とした本格的なペインティングの本は初めてのように思いますデス)
本を読み終わった時にはワタクシのココロはすっかり決まっていました。


「そうだ、京都へ行こう!」(←オヤジですぅ~)
・・ではなくて

「そうだ、壁を緑色にしよう!」


イメージはイギリスのマナーハウス(領主のお屋敷)の書斎です(キリリ!)。
深い緑色の壁に天井までの本棚、皮のソファーで本を読みながらスコッチウィスキーを傾けるワタクシ。
夢(妄想?)はどこまでも膨らみます(笑)。

・・が、

問題は塗り塗りの前に家具の大移動やマスキングなど等、決心のいるイロイロがあること(笑)。
この間ペイントした神奈川県のマンションの書斎は4畳半程度の広さ(狭さ?)&家具が全く無かったのでめっちゃ簡単でしたが、今回はしっかりギッシリ家具が・・
う~ん、幅5mの本棚も動かなさくては!ですよねぇ・・。


・・な~んて思ってたら、
日本からカモがネギをしょってやってきました。
カモの名はオトートとハハ。
特にオトートは実家のリビングと廊下の壁を塗り替えた経験有り。
しか~も!彼のお仕事はマスキングがマストのコーキング職人(笑)。
これはもうやるしかない!
いえ、やって頂くしかない(笑)。
オトートはなんでイギリスに来てまで~と嫌がっていましたが、そこは一宿一飯の恩義(正確には十三泊ですが・・)ということで


さてさて
壁塗りは1日で呆気なく完成!
あまりの呆気なさにすっかり味をしめ、今度はどの部屋の壁を塗ろうかキョロキョロするワタクシに「他の部屋はオレ達が帰ってからにして~」・・とオトート(笑)。


でもキミが帰ったら誰がマスキングを?





sIMG_0460.jpg

部屋の中でもっとも広い面積を占める壁の色を変えるのは、家具を買い換えたりするより安上がりでめっちゃ効果の高い模様替えなのです~。
写真のペンキで3千円くらい。
これで一部屋分。


sIMG_0396.jpg
ペイント前の状態。

sIMG_0463.jpg
マスキング中のオトート。

sIMG_0469.jpg
さすがプロ(?)2時間ほどでマスキングを終えました~。

sIMG_0476.jpg
塗り始めたと思ったら・・

sIMG_0477.jpg
もう塗り終わりました~。
早いですぅ!


ssIMG_0619.jpg
イギリスのマナーハウスの書斎・・に近づいたでしょうか?


もっと写真をご覧になりたい方はこちら



 



sIMG_0507.jpg
★★★☆
飲みやすいシャンパン。
辛口で酸味があります。


sIMG_0575.jpg
★★★
リンゴのような香り。
甘口。
女性に受ける味かも・・?


店長宅の インテリア

日本でイギリスのパブに住んでみませんか?

sP1110482_20081010103323.jpg

イギリス は-と ラブのみなさ~ん!

どなたか日本で イギリスのパブ にお住みになりたい方はいらっしゃいませんか~??


現在ワタクシ、
日本で所有しているマンションの売却を考え中・・。
お写真をご覧頂ければわかるように、思いっきり イングリッシュパブ~な内装です。
地味な部分も何気に イギリス イングリッシュだったりします(誰も気づかないかもですが・・)。


例えば・・
イギリスの家ではそう珍しくはありませんが、実はこのウチ、家の中の全てのお部屋に(お部屋の中からだけでなく)外からも鍵を掛けられます。

しか~も!(ここが地味~なこだわりです(笑) 矢印 下
ガッチャン式のロックではなく、 シャーロックホームズの映画に出てきそうな コロンとした真鍮製のドアノブの下の大きな鍵穴に大きな鍵を差し込んで回すタイプ。
(ちょうど今、ビクトリアン キャット アンティークス に掲載しているような《18世紀のドアノブ》みたいな感じです)

コレ、探すの大変でした。
(オーダーしてからもしばらく待った記憶が・・)
もしかして(もしかしなくても・・)このウチ、今住んでいるイギリスの家よりもイギリスっぽいかもです。
もっとも・・
鍵に関しては一度も閉めた事はありませんでしたが・・(笑)。


そういえば・・
入居した年に記念にと応募した「プラスワンリビング」(主婦の友社さん)のインテリア大賞で賞を頂いたのですが、あれは本当にヨイ記念になりました( ・・・ 遠い目・・)。
もっとも・・
その10年後に「プラスワンリビング」別冊のメールオーダーのムック本、「ずっと使いたい愛着の定番アイテム」の取材で今度は(なんと!)イギリスの家に来て頂くことになるなんてこの時は思いもしませんでしたが・・(笑)。


ふー・・

写真を見るとイロイロな出来事を思い出すものですね(しみじみ・・)。
ここに住んでいた頃は頻繁に友人知人を招いてはパーティーを開いたものです・・。
気が付くと空が朝焼けに染まっていた事も数知れず(笑)。
(あの頃はワタクシもまだ若く、体力もあったので・・)
キッチンにはビルドインの 食器洗浄器 、生ゴミを粉砕してそのまま流せる ディスポーザー など等・・、気軽にパーティーが開ける仕様になっていました。


え・・っ、
イギリスの家には・・デスカ?
残念ながらどっちも無いです・・。


・・が、 

どうやらこの家には秘密の妖精(妖怪?)さんが住んでいるらしく、
パーティーの翌朝ワタクシが目を覚ます頃には 全て がキレイサッパリ片付いているのです~ にかー!
この妖精さん時々洗濯もしてくれるので、食器洗浄器より優秀かもです(笑)。




にこ
自分たちが快適に暮らせること、そしていつでも友人を招く事の出来る作りであることに徹底的にこだわって、ついでに内装にまでこだわったらいつの間にかこうなっていました(笑)。
収納も一般のお宅の(たぶん)倍以上、ベッドエリアの後ろにはウォークインクローゼットも完備しているので、部屋が散らからずとても暮らしやすいです。
ちょっとばかり受け入れがたい内装かもですが・・ ・・・ 汗

でもでも・・
施工会社の方と何度も何度も打ち合わせを重ねて作って頂いたので、出来ればこういったスタイルがお好きな方に住んで頂きたいのです~。

※収納は沢山付いているので、収納の為の家具は必要ないと思いますデス。


豆電球
場所:神奈川県(小田急線)
最上階(9階)の南の角部屋(このマンションで一番条件の良いお部屋です)
購入時は3LDKだったお部屋を1LDKに変更
大きい窓2面
全室フローリング
ウォークインクローゼット
広い収納スペース
特別仕様の(部屋が広いので)エアコン付き
ビルトイン食器洗浄器付き
ディスポーザー付き
全室有線放送付き(バスルームにもスピーカー付き)
ペット可

興味のある方、もしいらっしゃったらどうぞ宜しくお願いプリーズです~。


sP1110486_20081010103518.jpg

リビングダイニング&ベッドルーム全体
向かって右側がダイニングエリア、左側がリビングエリア、左奥はベッドルームエリアになっています。(ベッドの後ろはウォークインクローゼット)
ホテルのようなお部屋を作ってみたかったのです~。
掃除もめっちゃ楽チンです。


sP1110484_20081010103658.jpg

リビングエリア


sP1110501_20081010103911.jpg

リビングエリアにあるオットと夜なべしてこしらえた暖炉


sP1110483_20081010104055.jpg

ベッドルームエリア


sP1110500_20081010104214.jpg

ベランダ

お仕事 紹介されたメディア等

プラスワンリビングでトーストラックをプレゼント♡

大・大・大感謝!なのです~。

プラスワンリビング(主婦の友社さん)2月号の「読者の皆さんがおすすめする雑貨&インテリア&ネットSHOP」・・というコーナーでご紹介頂いたことで、以前より沢山のお客さまがお店を訪ねてくださるようになりました。

感謝!!・・の気持を込めて、私が一番気に入っているトーストラックをプレゼントするですぅ~。

・・というわけで
「プラスワンリビング4月号」(3月7日発売)の読者アンケートにお答え頂いた方の中から抽選で一名様に当店のトーストラックをプレゼント

沢山のご応募をお待ちしていますデス~ にかー!



ssssIMG_8923.jpg

トーストラックはイングリッシュブレックファーストには欠かせません!


ssssIMG_8945.jpg

最後の一枚までカリカリトーストが楽しめます 食パン


お仕事 紹介されたメディア等

祝・ネットショップが雑誌で紹介 その2 ~プラスワンリビングとの不思議な縁~

あんまりですぅ~

実家の母が発売早々「プラスワンリビング2月号」を買ったとのこと。
近くの本屋さんで見つけられずに、少し遠くの本屋さんまでお出かけしたのだとか・・。
それはとてもありがたい事なのですが・・

プラスワンリビング2月号「読書の皆さんがおすすめする、雑貨&インテリア&ネットSHOP」というコーナーで、私のネットショップ 「~英国アンティーク~ Victorian Cat Antiques(ビクトリアン キャット アンティークス)」 が紹介されたのです~。


なんと・・
早朝から苦情(?)の電話がきてしまいました・・ ・・・汗
ハハ的には「雑誌に掲載されたワタクシの顔写真」がお気に召さなかったらしく、もっと可愛く(もうそんな年ではないと思うのですが・・)写った写真はなかったの!?
・・だそうです。
そんなことを言われても・・。
あなたのムスメは昔からこんな顔です、お母さん・・
しばらく会わない間にムスメの顔を忘れてしまったのでしょうか??


しかも・・
オトートからまで「いったいどんな角度で撮ったらあんな顔になるんだ?」・・と電話をもらってしまい、少々(かな~り?)凹んでいるワタクシです・・ ???
どんな角度といわれても・・。
下からのアングルだったので鼻の下が長めに写ってしまいましたが、実物とそんなに違いがあるとは思えないですぅ・・。


う~ん・・、
出版社の方にお渡しした カラー写真 が掲載時に 白黒

になった時、何らかの でも起こったのでしょうか?
謎です・・。


私自身はまだ掲載誌を見ていないので(イギリス在住の為、まだ見ることができないのです)、どんな具合にマズイのかがわからないのです  


それにしても・・

主婦の友社さんの雑誌、プラスワンリビングとは不思議な縁を感じます。
始まりはプラスワンリビング主催のインテリア大賞でプラスワン賞を頂いた事でした。
この賞がきっかけで去年は「ずっと使いたい、愛着の定番アイテム」というメールオーダーの雑誌に我が家を紹介して頂くことになって(なんとカラー4ページ!すごいです~)、そして今年もまた・・。
(素晴らしい記念になりましたデス。大感謝なのです~)

2007年3月発売、メールオーダーの有効期限は2008年2月28日まで


今日、久しぶりに「愛着アイテム(・・という愛称で呼ばれているらしいです)」を開いたところ、ふとある事を思い出しました。
実はワタクシ、「愛着アイテム」の原稿にクレーム(?)をつけたことがあるのです・・
モンダイの箇所はオットとワタクシの紹介文(↓以下抜粋)。

「イギリスを拠点に、技術者としてヨーロッパを飛び回る○さん(オット)と、アンティークの買い付けの仕事に携わる○さん(私)は、普段忙しい分、家での時間を何よりも大切にしています」

確かにオットは(いつも)忙しいですが、この時のワタクシ、ハッキリ申してヒマでした(笑)。
ヒマなのに忙しいと書かれる事がミョー恥ずかしく、担当の女性に変更をお願いプリーズしたところ、そのうち忙しくなるから大丈夫よ~・・と押し切られ、結局そのままのカタチでの掲載となりました。


ありがたいことに・・
彼女の予言(?)通り、(予期していなかったお仕事がイロイロ始まったりして)それなりに忙しくなりました(笑)。
(言葉は言霊、魔法があるのです~)
思えばあの頃、パソコンの苦手な私がネットショップを持つなんて考えもしませんでした( ・・・ 遠い目・・)。
そして再び縁があり、今年はプラスワンリビングで私のネットショップを取り上げて頂く事になりました。
やはり不思議な縁を感じます(しみじみ・・)。


さてさて・・
年末年始の美味しい生活ですっかり大きくなってしまったワタクシ・・。
ぜひ皆さんにお願いプリーズがあるのです~。
「なんて素晴らしいプロポーション!まるでBB(ブリジッド・バルドー)!」
・・と時々声(呪文)をかけてはもらえないでしょうか?


現在は・・

ポンッ!ポンッ!ポンッ!
                    ・・のBD(ビヤダル)なワタクシですが、

いつか言葉の魔法で・・

ポンッ!キュッ!ポンッ!
                                 ・・のBBに(笑)。


ブリジッド・バルドー、BBの愛称で親しまれたフランスの女優。バスト99cm ウエスト49㎝ ヒップ89㎝の抜群のプロポーション


追伸
ハハへ
これからは会う度そして話す度、「可愛い~可愛い~」と声(呪文)をかけてください。
もしかしたら可愛くなるかもです~ にかー!



sIMG_7267.jpg

主婦の友社「ずっと使いたい、愛着の定番アイテム」表紙


sP1110493.jpg

我が家を紹介して頂いたページ


sP1110498.jpg

我が家を紹介して頂いたページ






ず~っと前にプラスワンリビングで賞を頂いた日本のマンション

sP1110486.jpg

リビングダイニング&ベッドルーム全体
向かって右側がダイニングエリア、左側がリビングエリア、左奥はベッドルームエリアになっています。(ベッドの後ろはウォークインクローゼット)
ホテルのような部屋を作ってみたかったのです~。


sP1110482.jpg

ダイニングエリア


sP1110484.jpg

リビングエリア


sP1110501.jpg

リビングエリアにあるオットと夜なべしてこしらえた暖炉


sP1110483.jpg

ベッドルームエリア


sP1110500.jpg

ベランダ


ただいま日本のマンションを売り出し中!(2010年4月27日現在)
どなたか買ってくださいデス~(笑)。


お仕事 紹介されたメディア等

祝・ネットショップが雑誌で紹介

急がなくては!・・ですぅ~ !絵文字名を入力してください

インテリア雑誌プラスワンリビングさんの「読者の皆さんがおすすめする雑貨&インテリア&ネットSHOP」・・というコーナーでワタクシのネットショップ(~英国アンティーク~ Victorian Cat Antiques)を紹介して頂くことになったのです~ (これも偏に皆さまのおかげです。どうもありがとうございますデス)。

・・が
ワタクシのネットショップ、全国誌でご紹介頂くには商品のバラエティーが・・。


いえ・・
商品自体はイロイロあるのです。
でもでも・・
どうしても納得できるような写真が撮れなくて、商品写真のアップが先延ばしになっていたのです・・。
(出来ることなら現在掲載している写真も差し替えたいのです~)
質感や色などを写真でお伝えするのは、本当に難しいです。


実は・・
ネットで調べて 撮影マシン(?)なるものをこしらえてみたのですが、どうも具合が良くありません・・。
ワタクシの撮った写真より実物の方がはるかにグッドなのです~。
写真はグッドだけれど実物が・・ではモチロン困りますが、写真がダメダメなのもネットショップとしては如何なものかと・・。


現在(撮影マシ~ン)2号機を 急ピッチ (←もしかして死語デスカ?)で製作中ですが、雑誌の発売は1月7日・・。
どうやら1号機で撮った写真をアップすることになりそうです・・ ・・・汗


皆さ~ん!

写真より実物の方がはるかにグッドなのです~。
信じてください、プリーズですぅ~。



「PLUS 1 LIVING (プラスワンリビング)」 2月号。
ご興味のある方は本屋さんでペラペラしてみてくださいね。

該当の記事は見つかりませんでした。