FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 お知らせ

マイ ドールハウス、初公開~!

ssR0010828.jpg

マイ ドールハウス、初公開です~。

ドールハウスはクリスマスプレゼントとして贈ることが多い・・とイギリス人の友人に聞き、クリスマスに自分で自分にプレゼントしちゃいました にかー!
その年でドールハウス?・・なんて笑わないでくださいね。
ワタクシ、ココロ(だけ)は永遠の少女なのです は-と


さて、このドールハウスが作られたのは1930年頃。
ワタクシが生まれるずー・・っと前。
そのムカシ、イギリスでは祖父母が孫娘にドールハウスをプレゼントする習慣があったそうなのですが、これも孫娘に贈られたものなのでしょうか?


うっとり~

このドールハウスを贈られた女の子の気持ち、容易に想像がつきます(笑)。
本当に隅々まで良く出来ています。
例えばやや傾いているシンク脇の水切り台。
実はこれはワザとなのです。
もし古い家のシンクを見たことがなかったら、うっかり斜めに付けてしまった・・と思ったでしょう。


これはワタクシの愛する観光地のひとつ、ビクトリアンタウン~ビクトリア時代の街並みをそっくり移築した野外博物館~の中にある民家のシンクに瓜二つ。
斜めの台に洗った野菜やお皿を乗せておくと水が自然に切れるグッドな仕組みなのです~。


壊れた箇所を直したり、自分好みの家具や小物を加えたり・・、やりたいことが尽きません。
しかも何かやり始めると(ドールハウスの前から)動けなくなってしまうのです。
気分はまさに少女!(笑)

そう、気分は・・ ・・・汗


♪もしも~もしも~出来る~ことでしたれば~
見た目も少女の頃に戻して頂戴マセマセ~♪

    ・・な~んて歌ったら年バレちゃいますね(笑)。


さだまさしさんの「雨宿り」めっちゃ好きでした~(遠い目・・)。



ssR0010794.jpg

《キッチン》


ssR0010806.jpg

《階段》
玄関ホールを見下ろしたところ。


ssR0010810.jpg

《バスルーム》

該当の記事は見つかりませんでした。