FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ごはん

祝・キッチンガーデンの初収穫!

すっかり酔っ払ってしまいました~。

キッチンガーデン、今年初めての収穫。
収穫した野菜で料理(?)を作って、シャンパンで乾杯です~ 白ワイン


sIMG_7972.jpg


本日の収穫は、春菊とレタス、ラズベリー&ブラックカラント。

春菊が沢山収穫できたので、サラダとゴマ和えの2品を作りました。
サラダは熱々のゴマ油をジュ・・ッ!・・とかけ、塩を振るだけ。
ゴマ和えも(春菊を)茹でて和えるだけの(超)簡単料理です。

レタスサラダに至っては洗ってお皿に盛っただけ・・、もはや料理と呼べるシロモノではないかもです
・・・汗


sIMG_7984.jpg


でもでも、
晴れたら庭 ・・が家訓の我が家、キッチンに籠もっているわけにはいかないのです~
上 すんごい言い訳です(笑))。


試しに“アンティークのテーブルクロス”を敷いてみたら・・。
(麻なのでシワがちょっとアレですが、それは見なかった事にして・・)

んー・・、ヨイ感じです~ にかー!
超手簡単抜き料理が一気にレストランチック(チック・・・は死語デスカ?)になっちゃいました~(笑)。




アップロードファイル 今日のオットと晩ごはん アップロードファイル
sIMG_7993.jpg



sIMG_7987.jpg

オットの大好物、生ハム。


sIMG_7980.jpg

春菊の胡麻和え。


sIMG_7990.jpg

エビご飯。ニンニクが効いてて美味しいですぅ

①ナベにかな~り大目の油と塩適量(塩気を感じるくらい)を入れて、弱火でゆっくりとニンニクのみじん切りを炒めます(油でニンニクを茹でるような感じです~)。
②別のナベで「皮をむいて背ワタを取ったブラックタイガー」をさっと茹でます。
③①に②をいれたら火を止め、冷ます過程で塩気とオイルをしみこませます。
④食べる直前にまた火をいれ、熱々をオイルごとご飯にかけていただきます。


sIMG_7989.jpg

堅焼きソバ。


sP1100465.jpg

初収穫のお祝いで開けたシャンパン。


sIMG_8002.jpg

食後の甘いリキュールとチョコレート。
使用している器はウィローパターンのエッグスタンドとバター皿。
アンティークです。


sIMG_7927.jpg

昨夜のオット・・とオットを見守る我が家のワンコ、モモ。
昨日の天気予報では「明日は雨」・・だったので、それを信じて大慌てでエリザベスちゃん(クレマチス)のラティスを製作するオット。
ライトをつけて頑張る姿が健気ですぅ~。


ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリス人は気が長い?!~麗しのエリザベス~

んー・・、幸せですぅ~。

午後からHちゃん(イギリス人)の家に遊びに行きました。
イギリスにしては珍しく、雲ひとつない大快晴です。
ポカポカ陽気の中、庭で彼女の子供達を遊ばせながらコーヒー片手に日向ぼっこ


庭でひときわ目を引くピンクの花があったので近づくと・・、どこからともなく甘~いバニラに香りが・・。
香りを辿るとそのピンクの花からでした。
早々花の名前を尋ねたところ、「Clematis Montana」という花で品種は「Elizabeth」とのこと。

週末に買いに行くと言ったら・・
バニラの香りがするのは「Elizabeth」だからね
買う前にちゃんと確認して
花の形が同じでもあまり香らないのもあるから・・
・・と彼女は2度ほど念を押し、
それでも心配だったのか、商品名を書いた紙を持たせてくれました にぱ

そんなにボォ~ッと見えるでしょうか、ワタクシ・・。


そういえば・・
玄関のドア周りをエリザベスちゃんでグルリと囲みたいと私がいうと、
大丈夫、すぐ大きくなるから、とHちゃん。
ちなみに、彼女のエリザベス(Elizabeth)ちゃんは現在5歳・・。


そうでした。
彼女はイギリス人。
気の長いイギリス人にとって、5年なんてあっという間なのです・・ えー絵文字名を入力してください



sIMG_5856.jpg
Hちゃんのお庭のエリザベスちゃん。


sIMG_5853.jpg
お花のアップ。

該当の記事は見つかりませんでした。