FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリスは100年くらいじゃ変化ナシ!

移ろいゆくのはそこで暮らす人々だけなのですねぇ・・ ( ・・・ 遠い目・・)。

郵便局でポストカードを買いました。
せっかく(?)だからこの街の写真を・・と思い、ちょっとクラシックな雰囲気が漂うセピアカラーで印刷されたポストカードを手に取ったのですが・・。


あれれ・・
何かがヘン?
でも何が??


同じアングルで写真を撮って、よぉー・・く目を凝らして見比べてみると・・


sP1140090.jpg

今日購入したポストカード


sP1140052.jpg

同じアングルの写真《カラーバージョン》


sP1140058.jpg

同じアングルの写真《セピアバージョン》



右手前から2件目と3件目の家が無くなっている?
はいデス~。
込み合う街のハイストリート(道をそのまま進むと街のメインストリート)を避ける為、ハイストリートに入る直前にバイパスを作ったようです。
(家が2件無くなっている以外、街並みは全く変わっていません)

1枚目の写真にはセンターラインが無い?
・・確かに(笑)。

え・・っ、車の形がヘン??
(だんだん核心に迫ってきました~)

ピンポーン!(←死語です~)
当たりです。
写真が撮られた年代が(大幅に)違うのです。
このセピア色の写真が撮られたのはまだまだ馬車も健在だった1911年、今からおよそ100年前。
う~ん・・、街そのものがアンティークなのですねぇ(しみじみ・・)。


移ろう人々を何百年も見守るイギリスの家々・・。
ちょっと ホラー だけど ラブリー なアンティーク大国イギリスなのですぅ~ にかー!



豆電球
100年200年では大きく変わらないイギリス、おそらく100年後も同じような写真が撮れるに違いありません。
自分で確認できないのがめっちゃ残念です。
(ミドルなお年頃のワタクシ、これから100年生きるのは無理そうです・・


sP1140070.jpg

ちなみに同じ街にあるこの建物は1682年に建てられました。


sP1140051.jpg

ポストカードを購入した郵便局


sP1140075.jpg

なぜかお昼休みは閉まります・・。



sP1140050.jpg

なぜかドールハウスとその関連小物を販売しています・・。

該当の記事は見つかりませんでした。