FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅 ごはん

オットと晩ごはん

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013394.jpg


sR0013385.jpg
ファームハウスブレッド with パテ&ペースト

sR0013387.jpg
ハム with 胡椒&蜂蜜 / パルメザンチーズの薄切り

sR0013388.jpg
オリーブ / いわしの酢漬け

sR0013389.jpg
ひじきのキムチ和え


sR0013391.jpg
マカロニグラタン


ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリスのお風呂事情

小さなバスタブが欲しいですぅ~

大体イギリスのバスタブは浅く長いのですが、我が家のバスタブは格別に長いのです・・。

長さは私の背丈ほど。
そのまま横になれるほど長いです。
形といい大きさといい、まるで棺桶のようです(笑)。
実際、入浴中にうっかり居眠りしかけては、何度アッチの世界へ行きそうになったことか・・ ・・・汗


ところで・・
イギリスでは、どこの家にも「給湯タンク」があります。
瞬間湯沸かし器が一般的でないイギリスでは、給湯タンクに溜めたお湯で家で使う全てのお湯をまかなうのですが、一旦タンクのお湯を使い切ったら(タンクにお湯が溜まるまで)しばらくお湯は使えません。


さてさて・・
皆さんもご存知のように、イギリスのお風呂はバスタブとシャワールームが同じ場所にないのが一般的です。
(バスタブの傍らにシャワーブースの付いたバスルームもあるにはありますが、非常に稀です)

バスタブの中で軽くシャワーで身体を流してからそのまま(身体にシャワーをかけながら)お湯を溜めるのが私の流儀なのですが、とにかく我が家のバスタブは大きすぎるのでお湯が溜まる前にタンクのお湯が切れてしまうことも多いのです・・汗
お風呂の前の「洗い物」は要注意!です(笑)。


・・というわけで
実は今、探しているモノがあるのです~。
それはビクトリア時代の「座浴槽」


sR0013209.jpg



「イギリスの生活誌~道具と暮らし~」によると、腰湯は疲れが取れるということで、特に馬に乗る人の間で人気があったようです。
アームチェア型のお風呂に腰掛けるように座って、足だけ出して・・
何とも気持ちが良さそうですぅ~
座浴槽ならお湯も少しで済みそうですし・・。


何よりも バスタブが棺桶になる心配 がなくてグッドですぅ~ にかー!




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013169.jpg

前菜イロイロ。

sR0013140.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0013147.jpg

オットの好物、モッツレラチーズ&トマト。


sR0013150.jpg

焼きマッシュルームのオリーブオイル漬け。


sR0013151.jpg

サーディンの酢漬け。 入れ物は1950年頃のアイスクリームカップ。


sR0013166.jpg

ガーリックトースト&グリルドトマトのオリーブオイル漬け。


sR0013165.jpg

極ウマ、オランダ土産の「トロ握り」。


店長宅 ごはん

イギリスでオランダ土産のトロ握り

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013169.jpg

前菜イロイロ。

sR0013140.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0013147.jpg

オットの好物、モッツレラチーズ&トマト。


sR0013150.jpg

焼きマッシュルームのオリーブオイル漬け。


sR0013151.jpg

サーディンの酢漬け。 入れ物は1950年代のアイスクリームカップ。


sR0013166.jpg

ガーリックブレッド&グリルドトマトのオリーブオイル漬け。


sR0013165.jpg

極ウマ、オランダ土産の「トロ握り」。

店長宅 ごはん

家計崩壊の危機です~

シャンパン:スパークリングワイン対決です~。

実はオットは(身分不相応にも!)シャンパンが大好きなのです。
このまま飲み続けられては我が家の家計が崩壊するかも・・ということで、オットにブラインド(目隠し)テストをしてみる事にしました(笑)。
(もしかしてワタクシ、イヂワルでショウカ?)


さてさて、今回用意したのは・・
シャンパンは日本円で1本5000円程度の(シャンパンとしては)やや安めのモノ。
一方スパークリングワインは1本1500円(2000円弱??正確な値段を忘れてしまいました)くらいの一般的な価格帯のモノ・・です。


sR0012075.jpg
対決するお二方です~。


上の写真のスパークリングワインは、シャンパンと同じように瓶の中で2次発酵をするタイプで、もしかしたら・・の期待が高まります。

シャンパンとて生まれがおフランスのシャンパーニュ地方というだけで、スパークリングワインの一種なのです。
恐るるに足りませんデス~

いざ、勝負です~っっ!


飲んで食べて食べて飲んで飲んで飲んで・・・・
この間およそ2時間半・・。


ははー・・っ!(ひれ伏して) !絵文字名を入力してください
ワタクシの惨敗でございますデス。
確かにシャンパン様は美味しゅうございました。




・・・汗 
シャンパンとスパークリングワイン、今回はどちらも瓶内で二次発酵をする製法だったのですが、口に含んだ時の泡の細かさが明らかに違っていました。
ジャンパンの泡の方は口の中で繊細に細やかに弾けるのです。
う~ん・・、どうしてなのでしょう??

でもでも
まだ諦めたわけではありませんデス
我が家の家計を守るべく、次なるスパークリングワインを探しに行くのです~っっ!



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0012065.jpg

対決をサポート(?)する、お料理イロイロです~。


sR0012020.jpg
今日のキッチンガーデンの収穫


sR0012030.jpg
春菊とロースとベジタブルのサラダ


sR0012031.jpg
生ハム


sR0012056.jpg



sR0012056.jpg
タラモサラダのピタパン添え

sR0012055.jpg
牛肉のオイスター炒め


sR0012057.jpg
アタリメ


sR0012038.jpg
キュウリの炒め物


店長宅 ごはん

イギリスでインド料理 ~パパドン~

sR0010859.jpg

んー・・、“パパドン”が美味しいですぅぅ~。

インド料理レストランで、(オーダーすると)スターターの前に出してくれる“パパドン”は私の大好物なのです。


そういえば・・
“パパドン”が食べたくてインド料理レストランに出かけ、(カレーだけでなく)つい甘~いインドのプディングまで食べてしまったことも数知れず・・(遠い目・・)。
外食した時は、3コースで頂かないと満足できない身体になっている私です(笑)。



イギリス独特の表現、3コースやプディングなど等について(勝手に)ワンポイントレッスンです。

2コース
スターター(※注1)+メインデッシュ
or
メインディッュ+プディング(※注2)

3コース
スターター+メインデッシュ+プディング

※注1:スターター → 前菜
※注2:プディング → 甘いデザートの総称



ところで・・
イギリスにはインド料理レストランがたくさんあります。
街ではインドの民族衣装に身を包んだ方もよく見かけます。
その昔、インドはイギリスの植民地だったからでしょうか?

マズイと悪評高いイギリスのレストランですが、インド料理はどこで食べてもそう大きく外す事はないように思います。
もっとも、イギリスのインド料理はイギリス人向けにアレンジされているのだそうですが・・。


さて・・
“パパドン”ですが、オーダーは1枚から可能です。
オーダーすると、大抵3種類のチャッツネ(マンゴー/ライム/小ナスなど)とヨーグルトソース&コリアンダー入りの刻み野菜(玉ねぎやきゅうり等)がドバ・・ッと出てきます。
たとえ1枚しか(パパドンを)オーダーしていなくても沢山オーダーしても、付け合せは同じ分量出てきます。

一瞬なにやら得をしたような気分になりますが、実はこれらの付け合せ、マンゴチャッツネ以外は日本の方には不評なことが多いのです・・
(私はどれも好きなのですが・・)


でもでも、
ヨーグルトソースは、ミントが好きな方なら絶対にハマると思いますデス。
一度ハマると、病み付きになること請合いです。
思わず庭にミントを植えたくなるかもです~


お宅でも“パパドン”でイギリス的インディアなスターター(前菜)はいかがでしょう?

※パパドンは味の薄いポテトチップなどでも代用出来ると思います。



オットと晩ごはん

sR0010874.jpg

晴れたら、ごはんはお庭!なのです。


sR0010852.jpg

キッチンガーデン、今日の収穫。
青のお花は“ボリジ”。食べられます。


sR0010860.jpg

前菜盛り合わせ。
“サテ”や“オニオン・バージ”など等、一般的なインド料理の前菜です。
青いお花は“ボリジ”。食べられます。


sR0010859.jpg

パパドン。私の大好物なのです~。


sR0010884.jpg

“パパドン”の上に、みじん切りの玉ねぎとコリアンダーを乗せ、ミント入りのヨーグルトソースをかけて頂きます。


sR0010885.jpg

これは“パパドン”にマンゴー・チャッツネを乗せたバージョンです~。


sR0010864.jpg

グリーンサラダ。
白いお花は“ボリジ”。食べられます。


sR0010868.jpg

インドカレーを作る予定だったのですが・・、オットの強い要望で日本の“熟カレー”に・・。
私はインドカレーが食べたかったです・・。


sR0010856.jpg

ヨーグルトソース。
材料は、ミント/ヨーグルト/レモンかライムジュース/塩


sR0010846.jpg
庭の池。美しいです~。癒されますぅ~


ちょっぴりディープなイギリスの話

郵便局の副業 ~ドールハウス販売~ in イギリス

20070820075450.jpg

う~ん・・、やっぱり不思議です~。

見るからに雑貨屋さんです。
どこから見ても、100%雑貨屋さんです。
扱い商品の中心は、“ドールハウス関連グッズ”です。
ドールハウス用の家具はモチロン、小さな小さなドールハウス用の電球まで販売しています。


もしかしたら郵便関係の売り上げよりも雑貨の売り上げの方が多いかもですが、ここはれっきとした郵便局。
買いたい商品を奥の“いかにも郵便局のカウンター”に持って行くと局員が対応してくれるのですが、う~ん・・、何とも不思議な光景です。


ところで・・
この国の郵便局は“副業(?)”を持っている場合が多いです。
特に“食料品と日用雑貨”を扱う郵便局が多いように思います。
“郵便局で食料購入”は慣れてしまった私ですが、“郵便局でドールハウス”はなかなか慣れられません・・。



食料品と日用雑貨を販売している郵便局

sIMG_7219.jpg


sIMG_7220.jpg

ドアを開けると、向かって右手は食料品と日用雑貨、左手が郵便局です。


そういえば・・
なかなか慣れられない習慣(?)の一つに、商店の“お昼休み”があります。
例えばこの町のお肉屋さんは、午後1時から2時はお昼休みでお店が閉まってしまいます。
モチロン郵便局も午後1時から2時はお休みです。
もっとも街の大きな郵便局は交代でお昼を頂くのか、お昼休みで閉まることはありません。


しっかりと下ろされたカーテンを見るたび、
『暑くもないのにシエスタですか?』
・・などとココロの中で呟いてしまう私です(笑)。



今日お買い物に行った街
sR0010574.jpg

いつ行っても人が並んでいる、美味しいと評判のお肉屋さんです。
私たちも並んでお肉(牛タン)を買いました~。




オットと晩ごはん

sR0010608.jpg

前菜イロイロ。メインは“牛タン焼の炭火焼”だったのですが、写真を撮るのも忘れてハフハフ食べてしまいました~。


sR0010599.jpg

チーズのフライ。タレはケチャップ/チリソース/ニンニク
小さなトングは本当は“シュガートング”です。アンティーク。


sR0010583.jpg

生ハム。
今日の生ハムはドイツ製だったのですが、やけにスモーキーでした・・。


sR0010587.jpg

豚の角煮。


sR0010590.jpg

タラモサラダ。
ピタパンはオリーブオイルを塗って、焦げ目が付かない程度にオーブンで温めます。
タラモサラダを入れたガラスの容器は、1950年頃のアイスクリームカップ。
添えたスプーンもアンティークです~。


sR0010580.jpg

グリーンサラダ。
今日収穫したレタスですオリーブオイル(ライト)とお醤油を入れたボールにレタスを入れ、全体に味が馴染んだらお皿に移し鰹節を振ります。
レタスは普通の玉レタスを使った方が美味しいかもです・・。


sR0010595.jpg

チーズ。
2つとも同じ種類のチーズです。どちらが美味しいか味比べ。
ナイフは1900年頃のお魚取り分け用のナイフ。


sR0010597.jpg

オリーブの実のオリーブ・オイル付け。
ピクルス・フォークは1930年頃のもの。
ガラス容器はジャムの瓶、フランスのアンティークです。


sR0010645.jpg

今日収穫した春菊の花。
瓶は全てアンティークです~。


伝統的な食べ物やレシピ等

伝統的なイギリス料理 ~ソーセージ&マッシュ~

久しぶりの「ソーセージ&マッシュ」です~

今日の晩ごはんは一人なので、好きなものを作って頂きます。
オットは残業、帰りが遅いのです~。


さて・・、
「ソーセージ&マッシュ」・・ですが、私のパブ飯の定番でもあります。
パブに行ったら、十中八九オーダーしています。
モチロンお店によって味に違いはありますが、そう大きく外れることがないからです(笑)。
この他に外れることが少ないメニューの一つに「フィッシュ&チップス」があります。

「ソーセージ&マッシュ」も「フィッシュ&チップス」もどこの街のパブにでもあるごくありふれた・・、そしてもとても伝統的なイギリス料理です。


「ソーセージ&マッシュ」の作り方は簡単。
焼いたソーセージにマッシュポテト※ とグリーンピースを添え、グレービーソースをかけるだけ・・。
グリーンピースはないので、今回は省略です(笑)。

※私はマッシュポテトに「下ろしたチーズとバター」をた~っぷり加えます。


頂きまー・・

リーン・・ 電話


え・・っ、帰ってくるのデスカ?
今日は 冷凍弁当 を昼と夜用、2つ持っていったと思っていました・・。
もっと早く言って下さいです~ 炎怒!炎


晩ごはん、「ソーセージ&マッシュ」だけではダメですよね、やっぱり



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0010109.jpg

いつもにも増してメニューに脈絡のない、今日の晩ごはん


sR0010108.jpg

私の晩ごはんのハズだった「ソーセージ&マッシュ」。


sR0010101.jpg

牛肉のプラムソース炒め。
お肉と甘いソースを合わせるのがマイブームなのです~。


sR0010102.jpg

釜飯。


sR0010103.jpg

お好み焼き。


sR0010104.jpg

キッチン・ガーデンで収穫した大根で作ったお味噌汁。
大根の栽培は今年も失敗です・・。
大根が大きくなる前になぜか蕾が・・。
お味噌汁の中の「小さな輪切りの白い物体」が大根ですこれではまるで二十日大根です~


英国暮らしのアレコレ

おニューのカメラ

日本食でパンパンのスーツケースを引きずって、オットが2週間の日本&中国出張から帰ってきました


むふふ・・(←コレって死語デスカ?)
なんと!お土産はカメラン・ラン・ラン♪ですぅ~。

オットによると、このカメラは1cmまで接写が出来るのだとか・・。
今までのカメラ(キャノンのIXY)は接写が全くダメだったので、このお土産はめっちゃ嬉しいです。


おぉおぉぉ・・ どこまで近づいてもピントが合います。

しか~も!
今までのカメラでは難しかった、夜間の室内もフラッシュ無し三脚無しで普通に撮れます。
アンビリバボーですぅ~

マイナーなメーカーですが、性能は素晴らしいです。
今一番売れているコンパクトカメラ・・というのも、う~ん・・、頷ける感じです。


ビバ! (←絶対に死語) おニューのカメラ!ですぅぅっ




sRIMG0009.jpg

春菊のお花を接写。


sR0010072.jpg

暗い室内もフラッシュ三脚なしでも大丈夫です~




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sRIMG0010.jpg

今日の収穫です~。お花は春菊。


sRIMG0026.jpg

久しぶりのオットと晩ごはん。


sRIMG0019.jpg

なんちゃって手巻き寿司。


sRIMG0018.jpg

収穫したばかりのレタスとサラミのサラダ。
ドレッシングはイチゴジャムとマヨネーズと塩。
最近、肉類に甘いソースを合わせるのがマイブームなのです~。


sRIMG0016.jpg

お馴染み(?)春菊とロースト・トマトのサラダ。ゴマ油と塩で頂きます。


sRIMG0023.jpg

ガソリンスタンドで買ったソーセージ。

お仕事 おしごと関連

お片付けの誓い再び!

部屋がモノで埋もれそうです・・ ・・・汗

10日前にお仕事で買った「ライティングビューロ」が、とうとう届いてしまいました・・。
嬉しいような嬉しくないような・・、ビミョーな気分です。


2階のスタディルームは、すでに買い付けた商品(椅子やテーブルなど等)で一杯なので、「ライティングビューロ」は「離れ」に保管する予定だったのですが・・。


はー・・、 
以前の日記で「離れ」のお片付けを誓ったハズなのに・・、私ってば、本当にもう・・です

以前の日記、 お片付けの誓い ~我が家の異空間~


明日からオットは2週間の出張・・。
実はワタクシ、「離れ」に一人で行けないのです。
「離れ」には窓が無い上に電気も通ってないので昼でも薄暗く、ひんやりと湿ったかび臭い空気はまさに西洋のオバケにぴったりなシチュエーション。

おまけに 巨大ねずみ まで住みついて・・。
暗闇にうごめく巨大ねずみ・・、うぅぅ・・、怖すぎですぅ~ ???


とりあえず・・
2週間はモノに埋もれて生活します、はい・・ ・・・汗




sIMG_9527.jpg

今日(ついに!)届いてしまったライティングビューロ。


sIMG_9531.jpg

あまりの可愛さにうっかり(?)買い付けてしまったテーブル。
部屋のアチコチに買い付け商品が・・。


sIMG_9549.jpg

先週金曜に買い付けてきた、絵皿などの陶器類イロイロ。
まだ包みを開けていません・・



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sIMG_9524.jpg

晩ごはん用の収穫。(レタス/春菊/九条ねぎ/春菊の花/ガーリックチャイブの花)

sIMG_9546.jpg

今日の晩ごはん。
本当はイタリアンの予定だったのですが、オットがお醤油味のモノが食べたい・・と、急遽メニュー変更に・・。


sIMG_9540.jpg

蒸しかぼちゃ。
餡子と豆乳ミルクで和えて、マヨネーズとラズベリー・ジャムをトッピング。


sIMG_9541.jpg

豚肉の生姜焼き。


sIMG_9543.jpg

ごぼうのきんぴら。
上に飾ったお花は春菊です~


sIMG_9544.jpg

たこ焼き。
関西人ではありませんが、たこ焼きマシーン持ってます。
たこ焼きラブ はぁとvv なのです~(笑)。


sIMG_9545.jpg

レタスと春菊のサラダ。
ピンク色はガーリックチャイブのお花です。
お花もちゃんとガーリックフレーバーです~。ゴマ油と塩で頂きます。


店長宅 ごはん

我が家の常備菜

ん~、幸せです~ にかー!

明後日からオットが2週間の出張なので、今日は少し贅沢をして晩ごはんにピンク色のシャンパンを頂きました。


ところで・・、
皆様のお宅の常備菜は何でしょう?

最近我が家で大活躍の常備菜は、間違いなく「ローストベジタブル」です。
にんにくや玉ねぎ、トマトなどの野菜にエクスト・ラバージン・オリーブオイルとお塩をかけてオーブンで焼くだけなのですが、本当の本当にめっちゃ美味しいのです。(自画自賛です~)


しか~も!
お料理の隠し味やソース代わり、また彩り役としてもなかなか優秀なので、いつも沢山作って冷蔵庫に入れてあります。

実をいうと・・
今日の晩ごはんの制作時間は30分ちょっと。
手軽に「じっくり味」が作れる上に手間をかけたように見える、ローストベジタブル様々でございますデス。


あぁ、それにしても・・、
シャンパンが美味しいですぅ~(うっとり~ ラヴ ハート


れれ・・
あ・・っという間に一本が空いてしまいました
もう一本いただいたら、もっと幸せになれるのでしょうか??





sIMG_9381.jpg

キッチンガーデンの収穫。
レタスとルッコラのお花はサラダ用。ミントは食後のミントティー用です。


sIMG_9402.jpg

今日の晩ごはん(前菜イロイロ)


sIMG_9382.jpg

生ハム。お皿に盛るだけ(笑)。


sIMG_9359.jpg

アンティチョークのマリネ。
調理済みで市販されているものに、我が家の常備菜「ローストベジ」から「にんにく」「赤ピーマン」をトッピング。


sIMG_9360.jpg

クスクス。
市販のクスクスに「生トマト」と「ミックスナッツ」など等たっぷり混ぜてお皿に持り、ラズベリーソースをツー・・テンテンでカワユク は-と


sIMG_9387.jpg

ソーセージ。
「粒マスタード」と「ラズベリーソース」を添えます~。
最近、お肉に甘いソースを合わせるのがマイブームなのです。


sIMG_9384.jpg

レタスのサラダ。
「ローストベジ」から「トマト」「玉ねぎ」をトッピング。


sIMG_9361.jpg

オリーブの実。
エクストラ・バージン・オリーブオイルに「潰したにんにく」「月桂樹の葉」「胡椒」「コリアンダーの実」を入れ、そこにオリーブの実を漬けるだけ・・。


sIMG_9418.jpg

食後のミントティー。胃がスーッとします~。


sIMG_9423.jpg

夕焼け。んー・・、美しいですぅ~。

店長宅 ごはん

産地直送!キッチンガーデン♪

聞いてないです~ !絵文字名を入力してください

オットが出張から戻ってきました。
え・・っ、お家で晩ごはん食べるのデスカ??
お外で食べてくると思い込んでいました・・。


うっく・・(←80年代の乙女チック漫画全盛期に流行りました。100%死語です~)
腕がパンパンですぅ・・
今日は陶器類の買い付けに行ったのですが、こんなに重いとは・・
一般的なアンティークショップは店の前や裏などに専用駐車場を持っている場合が多いのですが、このアンティークショップは街中にあるせいか店の前はモチロン、店の近くにも駐車場がないのです・・。

大きな(商品入りの)ダンボールを抱えヨロヨロ歩く私に、道行くジェントルマンが声をかけて下さいます。
(ありがたい事です~)


でもでも・・、
(重いとはいえ)抱えている荷物は一つだけ。
ジェントルマ~ンに荷物を持って頂いたら、私は手ぶら・・。
それは何とも居心地が悪そうです。


ゼーゼー・・
駐車場に到着した頃には、顔はゆでだこ、二の腕もパンパン・・。
荷物運びですっかり精根尽き果ててしまったワタクシ・・。
夕方7時過ぎ、包丁を握る気力は残っていませんが、お腹が空きました・・。


あ! 豆電球

私はハサミと収穫籠を片手に、いそいそとキッチンガーデンへ・・。
晩ごはんは“ニラ玉雑炊”にしよう、これならニラを収穫する時間を考えても10分とかからないし包丁も使わないし・・、卵も入って栄養満点・・


キッチンガーデンでニラを刈って家に戻ると・・、

リーン・・ 電話

オット「今会社に着いたところ、これから帰るから~」
ワタクシ「・・・・・・」


大急ぎで追加の収穫に行かなくては!ですぅ~



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sIMG_9194.jpg

追加の収穫。ベリーはデザート用です 。


sIMG_9217.jpg

今日の晩ごはん


sIMG_9203.jpg

春菊のサラダ。
オリーブオイルをかけてじっくりオーブンで焼いた“トマトとピーマン
を刻んでドレッシング代わりに・・。トッピングはミックスナッツ。
トマトとピーマンのオリーブ焼きは、昨日の晩ごはんの残りです(笑)。


sIMG_9205.jpg

海老蒸し餃子。甘めの中国醤油をつけて頂きます。


sIMG_9199.jpg

ニラと牛肉のオイスター炒め(トウチ/チリオイル/にんにく)。
白ゴマと松の実をたっぶりかけて・・。
本当ならこのニラは“ニラ玉雑炊”になるハズでした ・・・汗



sIMG_9201.jpg

レタスのサラダ。
ラズベリー・ジャムとマヨネーズを半々で混ぜて、
サラダの上に適当に垂らし、その上にポテチ
(写真はフライド・オニオン・チップ)を散らします。
歯触りも彩りもグッドです~
パリパリして塩気のあるものなら何でもOK。


sIMG_9225.jpg

デザート。台はメレンゲです。
一度レストランでこんな感じのモノをいただいたことがあるだけなので
(見よう見まねで作ったので)、何という名前のデザートだったか
全く記憶にないのです  
ご存知の方、教えて下さいマセ~。


伝統的な食べ物やレシピ等

午後だけど、イングリッシュブレックファースト!

sIMG_8923.jpg

太陽が西に・・・ ・・・汗


もしかして・・、時計が進んでいるのでしょうか?

日曜日はオットと「トラディッショナル・イングリッシュブレックファースト」を頂こうと、トマトやソーセージ、マッシュルームなどを昨日のうちに買っておいたのに・・、朝早くから仕事に行くなんて聞いてないです・・。

しか~も!
オットはイギリスの歯ごたえ皆無のぬちゃぬちゃソーセージがあまり好きではないので、わざわざジャーマン・ソーセージを買ったのに~ 炎怒!炎  


私もバタバタしているうちに、あら・・、イヤです。
いつの間にかもう午後です・・
でもでも、
材料も揃っているし・・、折角だから(?)一人でも作って食べちゃいます。


あぁ、それにしても・・
ブレックファーストだったハズなのに、太陽があらぬ方向(西)に傾いています・・ ・・・汗


午後だけど・・・
イングリッシュ・ブレックファーストですぅ~(笑)。




sIMG_8941.jpg

イングリッシュブレックファーストです~。
お皿は私の大好きなウェッジウッドのアンティーク。


sIMG_8945.jpg

イギリスのトーストはサイドイッチ用のパンのように薄~いのです(笑)。
シルバープレートのトーストラック(トーストスタンド)は1900年頃のもの。


sIMG_8950.jpg

バター。
バターナイフの柄の部分は動物の角。
バターナイフ・バターケース共にアンティーク。


sIMG_8955.jpg

イチゴジャム。
ジャムが入っているのはオールド・デュラレックス。
スプーンは1953年、現在の女王の即位を記念して作られたものです。


sIMG_8961.jpg

ミックスピクルス。
ピクルスが入っているのは、フランス製のジャムの空き瓶。
ピクルスフォークは柄の部分がマザーオブパール(真珠貝)。 
マザーオブパールは現在では入手困難です。


店長宅 ごはん

パートタイムシュフ(主婦)

「パートタイムシュフ(主婦)」です~。
(そういえば、ムカシ、「パートタイムラバー」という歌がありました~)


(オットは)6日の夜に戻って来たばかりだというのに、7日からまたまたまた出張です。
今年に入ってから出張が多く、週の半分は家を空けているオットなのです~。


そういえば・・・
今週お洗濯をしたのは、オットが帰ってきた日とその他1日の合計2日だけ。
オットに晩ごはんを作ったのも(7月2日と6日の)2日だけ・・です。
ここ半年ずっとこんなパターンです ・・・汗
まるでパートタイムで主婦(業)をやっているような感じです~。


でもでも・・
たとえ出張に行かなかったとしても、オットと一緒に晩ごはんを食べる機会はそれほど多くなかったりします。

♪黄色と黒は勇気の印、24時間働けますか~?ビジネスマン、ビジネスマン、ジャパニ~ス・ビジネスマ~ン!♪(・・でしたっけ?)

イギリスで働いてはいても、所詮オットは日本人。
(イギリス人は5時半になると、ほとんど誰も会社に居ません)
通常オットは昼の分と夜の分、2つのお弁当を持って会社に行くのです。


・・などと書くと、
朝から甲斐甲斐しくオットのお弁当を作るヨイ主婦・・のようですが、事実は全く違います(笑)。


実はワタクシ、お弁当はまとめて作ってお弁当箱ごと(!)冷凍する派なのです~。
この間「大型冷凍庫(引き出し6段全てが冷凍庫!)」を一台処分したので、今はそんなに大量には作りませんが、最高記録は一日で80個のお弁当を詰めたことがあります
(今の冷凍庫はそれほど大きくないので、作っても16個までです~)


オットは朝、その日の気分で好みのお弁当を2つ選んで、凍ったまま会社に持って行くのです。
食べる直前に会社のレンジでチン!
はい~、“ホカホカ弁当”一丁上がりです~ にかー!


あ・・
これではパートタイム「主婦」・・というより、「お弁当屋さん」ですね・・ ・・・汗




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sIMG_8765.jpg

今日のキッチンガーデンの収穫。


sIMG_8789.jpg

前菜イロイロ。


sIMG_8767.jpg

餃子。


sIMG_8773.jpg

キッチンガーデンで収穫したレタスで作った、産地直送(!)サラダ。


sIMG_8774.jpg

パプリカと牛肉のオイスター炒め。


sIMG_8779.jpg

ナッツと白ゴマ入りご飯。


sIMG_8796.jpg

食後酒(チェリーブランデー)と乾燥フルーツ&ナッツ。


sIMG_8815.jpg

食後に我が家のミニ果樹園で収穫したラズベリー。


店長宅 ごはん

オットと晩ごはん ~太巻き他~

アップロードファイル オットと晩ごはん

sIMG_8385.jpg
今日のキッチンガーデンの収穫


sIMG_8389.jpg
今日の晩ごはん


sIMG_8390.jpg
コリアンダー(ゴマ油/塩/白ゴマ) ラディッシュ(バター/塩)


sIMG_8394.jpg
春菊&焼きトマト(エクストラ・バージン・オリーブ・オイル/塩)


sIMG_8395.jpg
いなり寿司&のり巻き


sIMG_8400.jpg
レタス(ラズベリー・ソース/マヨネーズ/大蒜/フライド・オニオン・チップ)


sIMG_8415.jpg
ラズベリーとヨーグルトのデザート。
ラズベリーは飾りの分を残して、軽く火を通し果糖を加えてあります。

店長宅 ごはん

お庭でごはん ~レモンチッロ~

今日の前菜には甘~いお酒が気分だったので、オットと「レモンチッロ(本来なら食後酒です~)」をいただきました アップロードファイル
アルコール度数が30%と高めなせいでしょうか・・。
少し酔っ払ってしまったみたいですぅ~。


アップロードファイル お庭で晩ごはん アップロードファイル

sIMG_8278.jpg

前菜イロイロ


sIMG_8282.jpg

クスクス


sIMG_8284.jpg

アスパラの生ハム巻き


sIMG_8292.jpg

モッツレラチーズとトマト


sIMG_8291.jpg

シード入りのパンとバター


sIMG_8295.jpg

オリーブの実


sIMG_8297.jpg

庭に咲いてたワイルドデイジー


sIMG_8317.jpg

グリークヨーグルト with ラズベリー&ブラックカラント

店長宅 ごはん

祝・キッチンガーデンの初収穫!

すっかり酔っ払ってしまいました~。

キッチンガーデン、今年初めての収穫。
収穫した野菜で料理(?)を作って、シャンパンで乾杯です~ 白ワイン


sIMG_7972.jpg


本日の収穫は、春菊とレタス、ラズベリー&ブラックカラント。

春菊が沢山収穫できたので、サラダとゴマ和えの2品を作りました。
サラダは熱々のゴマ油をジュ・・ッ!・・とかけ、塩を振るだけ。
ゴマ和えも(春菊を)茹でて和えるだけの(超)簡単料理です。

レタスサラダに至っては洗ってお皿に盛っただけ・・、もはや料理と呼べるシロモノではないかもです
・・・汗


sIMG_7984.jpg


でもでも、
晴れたら庭 ・・が家訓の我が家、キッチンに籠もっているわけにはいかないのです~
上 すんごい言い訳です(笑))。


試しに“アンティークのテーブルクロス”を敷いてみたら・・。
(麻なのでシワがちょっとアレですが、それは見なかった事にして・・)

んー・・、ヨイ感じです~ にかー!
超手簡単抜き料理が一気にレストランチック(チック・・・は死語デスカ?)になっちゃいました~(笑)。




アップロードファイル 今日のオットと晩ごはん アップロードファイル
sIMG_7993.jpg



sIMG_7987.jpg

オットの大好物、生ハム。


sIMG_7980.jpg

春菊の胡麻和え。


sIMG_7990.jpg

エビご飯。ニンニクが効いてて美味しいですぅ

①ナベにかな~り大目の油と塩適量(塩気を感じるくらい)を入れて、弱火でゆっくりとニンニクのみじん切りを炒めます(油でニンニクを茹でるような感じです~)。
②別のナベで「皮をむいて背ワタを取ったブラックタイガー」をさっと茹でます。
③①に②をいれたら火を止め、冷ます過程で塩気とオイルをしみこませます。
④食べる直前にまた火をいれ、熱々をオイルごとご飯にかけていただきます。


sIMG_7989.jpg

堅焼きソバ。


sP1100465.jpg

初収穫のお祝いで開けたシャンパン。


sIMG_8002.jpg

食後の甘いリキュールとチョコレート。
使用している器はウィローパターンのエッグスタンドとバター皿。
アンティークです。


sIMG_7927.jpg

昨夜のオット・・とオットを見守る我が家のワンコ、モモ。
昨日の天気予報では「明日は雨」・・だったので、それを信じて大慌てでエリザベスちゃん(クレマチス)のラティスを製作するオット。
ライトをつけて頑張る姿が健気ですぅ~。


英国暮らしのアレコレ

洪水~道が通れないです・・~

道が・・通れないです~ ・・・汗


昨日から続く豪雨で地盤が緩んだのでしょう。
午後になって日が差してきたのでお散歩に出たら・・ !絵文字名を入力してください
大きな木が倒れ、我が家から公道に抜ける2本の道のうち1本が塞がれた状態になっていました。
(人は屈めば通れますが、車はどうにも無理そうです・・)


それにしても・・
2本とも塞がれなくて良かったです~
2本とも塞がれたら、オットは会社に行けません。


そういえば、
家の近くをセバン川が流れているのですが、雨が降ると川が氾濫しよく洪水になります。
この辺りの被害はそれほどでもなかったのですが、数年前の洪水では1階部分がすっかり浸水してしまった地域もありました。
その時地元の新聞で「羊を自宅に非難させている農家の方」の記事を拝見したのですが、掲載記事の写真がとてもシュールでした(笑)。


よく洪水になる地域のパブなのですが・・、
そのパブは♪柱~のキ~ズは、一昨年の~♪・・のように、ドアに洪水の記録(何年にどこまで水がきたか)を残しています。
(以前、お店の前で証拠写真(?)を撮ったハズなのですが、どこに行ってしまったのでしょう?う~ん、見つかりません・・)


実は今の家に越す前、 
の側に住みたいと思っていたのですが、 の側にしておいて本当に良かったですぅ~ にかー!



sIMG_7627_20071127130744.jpg

道が倒れた大木で塞がれていました・・。


sIMG_7615.jpg

オットはスープ・ダイエット中。果物(だけ)食べ放題の日なのです~。


sIMG_6637.jpg

お散歩の途中で採った花。きっと(絶対?)雑草(笑)。



sIMG_7701.jpg

2日後には倒れた大木は片付けられていました。(ほ・・っ)

店長宅 ごはん

間抜けなチーズ

チーズケースが見当たりません・・ ・・・汗

一体どこにいってしまったのでしょう?
うっかりお嫁に出して(日本のお店に卸して)しまったのでしょうか??

今日はお天気も良いので、晩ごはんは「簡単なおつまみとワイン」で済ませてるコトに決定 にかー!
料理を作る時間も惜しんで日光浴なのです~。
何しろ我が家の掟の第一条は、
「晴れたら(何はともあれ)庭に出る」・・なので(笑)。

ところで・・
チーズケースですが、どこをどうさがしても見当たりません・・。
このチーズケースは2人家族の私たちに丁度良い大きさ(小ささ?)で、チーズを美味しそうに見せてくれる上に乾燥からも守ってくれるので、と~っても重宝なのです。

う~ん・・

やっぱり今日のチーズはどこか間が抜けて見えます・・。
でも探す時間が惜しいので、今日のところは間抜けなチーズでもヨイことにしますデス!



アップロードファイル 今日の晩ごはん アップロードファイル

sIMG_7407.jpg



sIMG_7391.jpg

柄に動物の角を使用したナイフ。
刃の部分はシルバープレートです。


sIMG_7396.jpg

シルバープレートのバターナイフ。
ガラスのバター入れもアンティークです。
ぽってりとしたガラスがカワユイです~。


sIMG_7401.jpg

柄の部分がマザー・オブ・パールのピクルス用のフォーク。
今ではマザー・オブ・パールは希少です。
フォーク部分はシルバープレート。


sIMG_7402.jpg

今日はペラペラした物を取り分けるのに使っていますが、本来の用途は不明です(笑)。
シルバープレート。


sIMG_7405.jpg

サラダトング。シルバープレートです。


sIMG_7420.jpg

食後のリキュール&チョコレート。
チョコを乗せたお皿は19世紀のオールドウィロー。
(この絵柄、大好きなのです~)
鳥の足を模した小さなトングとケーキスタンドもアンティークです。
トングとケーキスタンドはシルバープレート。
リキュールとチョコレートは友人のナミビア(アフリカ)土産


該当の記事は見つかりませんでした。