FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お気に入りのお出かけスポットや観光地

イギリスのお城でお姫様気分♪~Chirk Castle (チャーク城)~

sP1310435_c.jpg

写真は我が家から車で30分くらいのところにあるお城(チャーク城)のライブラリーで、本好きウカジの憧れの場所です。

アンティークな本たちが美しく並べられたライブラリーはモチロン、いかにもお城~な外観が素敵なのと、中にカフェが併設されているので時々ふら~っと出かけます。
13世紀に建てられたお城でお茶だなんて、何だかすっごく贅沢な気分です(笑)。


ところで・・・
この建物は”ナショナルトラスト”という保護団体によって管理されています。

ナショナルトラストは1895年に歴史的建造物の保護を目的として3人のイギリス人によって設立された非営利団体で正式名称を「歴史的名所と自然的景勝地の為のナショナルトラスト(The National Trust for Places of Historic Interestor National Beauty)」といいます。
(トラストは入手したプロパティーを保護管理するだけでなく、一般に広く公開しています)

1907年に成立されたナショナルトラスト法によって国はトラストに様々な特権を与えているのですが、その中のひとつに「非課税」があります。

これはナショナルトラストに寄贈された保存対象物件の相続税を免除する・・というものなのですが(ここまではフツーです)、凄いのは寄贈者の子孫が引き続き代々そこに住み続けることが出来るということ。

寄贈してしまったのですから、たとえ代が変わっても相続税は全くかかりません。
多少不便があるとはいえ(一定部分の公開を義務付けらます)、未来永劫相続税の心配も修繕費用の心配も無用だなんてまさにアンビリバボー!

歴史的に価値のある建物を次世代につなぐこの素敵な運動には年会費£69で誰でも参加可能で、会員になるとナショナルトラストが管理する建物や庭園に無料で入場することが出来ます(楽しみながら保護運動に協力ができます♪)。

ちなみにピーターラビットの作者ビアトリクスポターが暮らした家を含む湖水地方の美しい景観もナショナルトラストが管理をしています。


Chirk Castle
Chirk, Wrexham, LL14 5AF
入場料(会員は無料です) 
大人:£12.60
子供:£ 6.30

お仕事 お知らせ

ウェッジウッドのクイーンズウェアでクリスマスディナーのテーブル♡

sP1340773_c3_final.jpg

久しぶりにオフホワイト(ブルーのレリーフ)のクイーンズウェアが入荷したので※、クリスマスディナーのテーブルを作ってみました

そういえば・・
”ディナー”というとは日本では夜にいただく食事を指すものだと思いますが、イギリスでは昼食でも夕食でもキチンとした食事は(サンドイッチ等の軽食ではない食事は)すべてディナーと呼ばれます(なぜでしょう??謎ですぅ~)。

ベースのクィーンズウェアに比べるとホワイトベースのものは数がぐっと少ない為、楕円皿や蓋付き容器が見つかるのは稀。
どうぞぜひお見逃しなく♪

※HPへの掲載日はまだ未定です(近日中に掲載予定です)。


クイーンズウェアについて・・

英国が現女王のエリザベスⅡの結婚や出産、戴冠式などで沸いた1940年中頃から1950年代終わりにかけ、クイーンズウェアには色やデザインによって「エリザベス」や「アン女王」など英国王室にちなんだ名前がつけられていました。

ちなみに写真のシリーズは”Margaret”という名前で呼ばれていました。
※Margaret(マーガレット)王女はエリザベス女王の妹。


イギリスの行事やイベント

イギリスのクリスマス~柊(ホーリー)のリース~

sP1340741.jpg

テヘッ!(←死語デスカ??)
今年もクリスマスのリース、買っちゃいました~

ウカジの家のお庭には柊(ホリー)の木が沢山あるので、今年こそ自分で作ったリースを・・と思うのですが、実現した試しがありません・・(;^_^A
それはなぜかと申しますと・・・

ウカジ家のツリーはオットの強~~い希望で生木を使っています。
(どうやら彼的にはあの香りがたまらないらしいです(笑)。)
日本の方はビックリされるかもですが、生木のツリーの99.9%は根元で切られて売られています。
つまり一回使い切りの為、毎年お店に買いに行く必要があるのです(エコじゃなくてスミマセ~ン!)。

そして生木ツリー売り場には可愛いリースも一緒に並べられていて、私は”お店の方の思惑通り(?)”リースを手に取りそのままレジへ・・を毎年繰り返しているのです(笑)。

ところで・・
ウカジの家には長いこと使われた形跡のない薪小屋があるのですが(私たちはフツーに使ってます)、その中にいつから放置されているのかわからないクリスマスリースのミイラがあります。
でも何かオブジェみたいで面白いので、そのままにしてあります(笑)。


sP1340738.jpg
リースのアップ。

sP1340749.jpg
薪小屋。

sP1340750_c.jpg
片付いてないです・・💧

sP1340746.jpg
リースのミイラ(笑)。
実だけが赤のままなので(実は)作り物みたいです。


店長宅の ごはん

暖炉の前で冬の日の至福♡

sP1340608.jpg

んー・・、幸せですぅ~💕

母屋の中で一番好きな場所、スィティングルームの暖炉の前で好物の生ハムとチーズをつまみながら冷えた泡泡をいただく冬の日の至福。

生ハムはその時の気分で若干中身が変わりますが、チーズはいつも同じでイギリスのスティルトンとフランスのブリュー、パイナップル入りのクリームチーズ(笑)。
たまには別なチーズを・・と思うのですが、つい(うっかり?)同じものを買ってしまいます (;^_^A

ところで・・
スティルトンチーズは世界3大ブルーチーズのひとつなのですが、結構ストロングなお味なのでイギリス人でも好き嫌いが分かれるようです。

ちなみにスティルトンチーズにはカラメルド・オニオン等の甘いチャッツネを合わせると、グッと食べやすく更に美味しくなります。
機会があったら、ぜひお試しください♡


sP1340604_c.jpg
我が家の犬ムスメ♪
カメラ目線でにっこりスマイル☺

sP1340612_c.jpg
量が少なくなったので、小さめのお皿に移しました~
向かって一番左がカラメルド・オニオン・チャッツネで、順にパイナップル、ブリュー、スティルトンです。


お仕事 お知らせ

商品入荷のお知らせ

sP1000269_c_final.jpg

新着アンティークのお知らせです。

イギリス在住の私たちでも滅多に目にすることのない素晴らしくコンディションの良いワイヤーワークのグレープバスケットやグレープシザーズ※、ハンドルに野葡萄のレリーフが施された華やかで重厚なクラレットジャグ、鷲の爪を模した足とリング状のラックが優美なトーストラック等など、ヴィクトリア時代に作られた美しい品々が入荷しました。

久しぶりの入荷となるレーシーな透かし細工が美しいサンドイッチプレートやホールケーキの取り分けにマストなケーキサーバー、白蝶貝のバターナイフ、人気のミセスビートンの家政書セットetc.もどうぞお見逃しなく💕


イギリスの行事やイベント

イギリスはクリスマス商戦、真っ只中!

ショーウィンドーを眺めているだけでもウキウキ♡ワクワク♡♡

実はイギリスでは10月からクリスマス商戦が始まっているのですが、11月に入って更にどんどん激化してます(笑)。
先週にはすでに鉢植えのクリスマスツリーが店先に並んでいました🎄

sP1340500_c.jpg
写真はあるお店のクリスマスコーナーで、オットの目が❤️❤になってしまったお家型の飾り。

sP1340503.jpg
この飾りも少し気になるらしい(笑)。

彼はやや暫くその(展示品の)前を行ったり来たりして悩んでいましたが、すでに段ボールで10箱以上あるクリスマスグッズをまずチェックして、それから改めて考えることにしたみたいです(;^_^A
(オットはクリスマス飾りが大好きなのです~)


イギリスの行事やイベント

ハロウィンのカップケーキ♡

sP1340452_c_final.jpg

ハロウィンの手作りカップケーキをお土産にいただきました💕

・・が、
あまりの可愛さに食べてしまうのが勿体無く、なかなかパクリといけません・・😅
そこで写真に撮って残すことを思いつきました。

ハロウィンカラーのケーキとシックなブルーのコーヒーカップが、何だか妙にマッチしていると思いませんか~

💡
意外かもしれませんが・・
イギリスのハロウィンはめっちゃ地味です。
こちらでも小さな子供が仮装をしてお菓子をもらうことはありますが、アメリカのように国を挙げて大騒ぎ!的な感じは全くありません(笑)。