FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ガーデン

スノードロップとボーダーコリーの犬ムスメ

スノードロップの花の前に座るボーダーコリー

スノードロップの花がお庭のあちこちに咲いています。

その白くてちっちゃい可憐な花を見ると、あぁ、これから春に向かうんだなー・・と、何だかウキウキ嬉しくなってしまいます。

またスノードロップはお庭が寂しいこの時期にお花を咲かせてくれる、とてもありがた~い存在でもあります。
・・というか、毎年、気が付くとワサワサ生えています(笑)。
特にお世話もいりません!

スノードロップの写真を撮ろうとカメラを構えたら、うちの犬ムスメがやってきてお花の前にちょこんと座りました。
普段は凛々しいお顔の彼女ですが、今日は心なしか女の子の顔をしているような・・

しか~も!
ちゃんと笑っています(笑)。

白く可憐な花スノードロップ
庭に咲いているスノードロップの花をガンガン踏んで走り回るボーダーコリーの犬ムスメ。
スノードロップは1月から3月くらいまで咲いています。

イギリスの行事やイベント

イギリスのクリスマスディナーはお昼に食べる?

20191224_1.png

イギリス人の友人に初めて”ディナー”の意味を聞いた時は、心底驚きました(遠い目・・)。

七面鳥の丸焼きに代表されるイギリスのクリスマスディナーは、一般に日本の方が考えているように”クリスマスの夜の食事”を意味するものではありません!

七面鳥の丸焼きをクリスマスの夜にいただくこともあるでしょうが、実はそもそも”ディナー”の意味(使い方?)が違っているのです。
イギリス人にとって”ディナー”は、メインディッシュに前菜やデザート等のついたビックミールを指すもので、いただく時間は(全く!)関係ないのです。
(例えばイギリスの学校給食は”スクールディナー”と呼ばれています。)

ところで・・
イギリスではクリスマスディナーを夜ではなくお昼、午後1時か2時頃からいただくご家庭が多いです。
日本人的にはクリスマスランチと呼びたいところですが、イギリス人的にはれっきとしたディナー(笑)。

💡ディナーで使いたいアンティークの食器はこちら≫

ちなみにイギリスでは、早めの夜にいただくサンドイッチやピザ、ラザニア等の軽食のことを”ティー”と呼びます。
ティーには”紅茶”という意味の他に”軽食”という意味があるのです。
(イギリス人の夕食は一般的に早く、この”ティー”が普通の家庭の普通の夕食、いわゆる”晩ごはん”に当たります。)

さて、軽食をいただく”ティー”というとすぐに思い浮かぶのが、アフタヌーンティー。
ヴィクトリア時代の貴族や王族たちは夜な夜なオペラ鑑賞や社交で忙しく夕食が夜9時以降になることも多かった為、午後4時頃にスコーンやケーキ・サンドイッチなどの軽食を紅茶と一緒に食べる習慣が爆発的に彼らの間で広まった・・というアレです。
(もしかしたらアフタヌーンティーの”ティー”が、早めにいただく夕食”ティー”の語源なのカモ??)

ヴィクトリア時代の王侯貴族はかなり大食だったようなので(いつの時代も権力者は大食なイメージですが・・)、アフタヌーン”ティー”のあとに”ディナー”もペロリだったのでしょうが、現代イギリスの一般庶民が”ティー(晩ごはん)”のあとに”ディナー”を食べることはまずありません(笑)。


sIMG_6704.jpg
自作のポマンダー。オレンジに丁子を指しただけなのですが、めっちゃ良い香りがするのです~
💡オレンジポマンダーの作り方はこちら≫

20191224_1.png
💡写真をクリックするとアルバムが開きます(関連する他の写真もぜひご覧ください💕)

イギリスの行事やイベント

パンケーキデー

sP1350433_c.jpg

日本では全くポピュラーではありませんが・・
「パンケーキデー」だったので何となくパンケーキを焼いてみました (^ー^)/

イギリス式は卵と牛乳、小麦粉だけで作った薄~いパンケーキに、レモンとたっぷりのお砂糖をかけていただきます🍴
こういった場合、日本人的には茶漉しで粉砂糖を振ってしまいたくなりますが、イギリスでは”キャスターシュガー”というグラニュー糖と白砂糖の中間くらいのお砂糖をシフタースプーンというお道具を使ってパラパラと振りかけます。

ムカシはこのザラザラのお砂糖がかかったパイやケーキに違和感を感じたものですが、今ではザラザラがないと寂しく感じるまでになりました(笑)。


材料(1人分)

小麦粉 50g
牛乳 150ml
卵 1個

グラニュー糖  適量
レモン 1/4個


作り方

① 振った粉をボウルに入れ、牛乳と卵を加えて混ぜる。
② ①のタネは30くらい寝かせた後、厚手のフライパンに植物油かバターを敷いて焼く。
③ 焼きあがったら皿に盛っり、レモンを添えてグフラニュー糖と共にテーブルへ・・♡


💡
パンケーキが乗っているブルーウィローのディナー皿はウカジの私物ですが、当店でも扱っているので気になる方はぜひ♪
Booths社リアルオールドウィローのディナー皿: https://cart.victoriancat.net/ca174/2078/
シフタースプーン: https://cart.victoriancat.net/ca97/2050/


  


お気に入りのお出かけスポットや観光地

進化論で有名なダーウィンが通っていた学校

sP1350373_c.jpg

用事があって、我が家から車で30分くらいのところにあるシューズベリーという街に行ってきました。

イギリスらしい真っ赤な電話ボックスの後ろの建物は、進化論で有名なダーウィンが通っていた学校で、現在は図書館として使われています。

今回は外から眺めた・・というか通り過ぎただけですが、大分前に今もそのまま残してある当時の教室に入ったことがあります。

壁や机には当時の子供たちが書いた(彫った)沢山の落書き。
まるでついさっきまで子供たちがそこに居たかのようでした。
でも落書きの主たちは誰一人この世に存在しない不思議・・。
アンティークを手にした時と同じような気分になったのを思い出しました。

ちなみに・・
この学校はキリスト系です。
キリスト教では神が人間を作ったことになっているので、進化論は如何なものかと・・
(神への冒涜のような気がするのは私だけでしょうか??)


sP1350360.jpg
学校の前のダーウィン像。

sP1350371_c.jpg
お昼はパブでフィッシュ&チップス♪


お仕事 お知らせ

明けましておめでとうございます(ヴィクトリアンキャットアンティークから初売りのお知らせ)

sP1350132_c1.jpg

明けましておめでとうございます🎍
昨年中は大変お世話になりました。

今年のお正月もチェシャ猫ワゴンで”福袋”を販売させていただいております。
(複数商品が入ったバージョンと単品バージョンをご用意いたしました❤️)

150年前に作られたことが信じられない新品みたいなコンディションのコーヒー&ティーポットセットや様々なシーンで大活躍間違いなしのブレッド/ケーキバスケット、テーブルを華やかに魅せてくれる花瓶、カトラリー、カップ&ソーサー等など、当店自慢のアンティークが続々登場予定です。

これからも魅力ある商品を皆さまの元にお届けできるよう努力してまいりますので、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

💡
写真は店長ウカジの家のスィティングルームの暖炉です。
暖炉の火を眺めながらシャンパンをいただく至福の時♡