FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 アンティークで作るテーブル

アンティークで作るアフタヌーンティーのテーブル

普段はティーサービス(ティーポットセット)やワイングラスなどを乗せることが多いサルヴァ(取っ手のないトレー)に、ペーパーレースを敷いてスコーンとサンドイッチ、ケーキを盛り合わせてみました。
高さのあるケーキスタンドも素敵だけれど、上から眺めるスタイルのアフタヌーンティーのテーブルも新鮮💕

20180703_1.jpg

薔薇好きさんにぜひ使ってもらいたい”薔薇を模したつまみが可愛い”ビスケットバレル”と一枚一枚微妙に異なった薔薇が描かれた”プレートセット”もぜひご覧ください🌹🌹


お仕事 アンティークで作るテーブル

ネスプレッソマシンにアンティークのデミタスカップ♪

新着アンティーク、追加のお知らせです~

昨日は書き忘れちゃいましたが、スポードのブルーイタリアンをはじめ、デミタスカップもイロイロ入荷しております🍵
今回入荷したデミタスカップは小さめなので、ルンゴ(エスプレッソ)にもお使いいただけます💕

20180630_1.jpg


ところで・・
実はウカジはかな~りコーヒーLOVEで、我が家にはネスプレッソマシーンが3台あったりします。

最近では豆から挽いて淹れるのは1日に1~2回で(イギリスでは美味しいコーヒー豆がなかなか手に入らないというのもありますが・・)、それ以外は片付け要らず手間要らずのネスプレッソ(笑)。

ちなみにネスプレッソマシーンはグランドフロア―(イギリスでは1階をこう呼びます)のラウンジと離れのコテージ、それとウカジのベッドの横にあります。

ウカジは寝起きが超絶悪いので、起きたらまず手探りでコーヒーを淹れて(この段階では殆ど目は開いてないです)、ベッドで飲んでいるうちに意識がハッキリしてくる感じです (^ー^)/

・・で、一杯では意識がまだモーローとしている場合は、また手探りで2杯目のネスプレッソを・・

あ、ワタクシ決してネスプレッソの回し者では・・💧


💡この時期にピッタリの薔薇のつまみが可愛い、写真のビスケットバレルもぜひ~🌹
(オレンジの薔薇は、私が大好きなデビットオースティンのレディ・エマ・ハミルトンです🌹🌹)


お仕事 お知らせ

商品入荷のお知らせ

20180629_1.jpg

新着アンティークのお知らせです。

オリジナルボックスに美しく収まったレターセット(印璽・ペン・ペーパーナイフ)が入荷しました。
未使用もしくは未使用に近い状態で、スタンプには何も彫られていません。

そこで当店初の試みとして、現在は何も彫られていないスタンプにお好みのアルファベット(1文字)を無料で入れさせていただくことを思いつきました。
世界にたった一つ、唯一無二のアンティークをこの機会にぜひ

1年半ぶりにセロリバースと不動の人気ミセスビートンブック年代違い3冊セット(今回は1900年頃・1950年頃・2000年頃のセット)も入荷しています。
ブルーイタリアンのエスプレッソカップもどうぞお見逃しなく♪


お気に入りのお出かけスポットや観光地

バラ好きさんのメッカ、イギリスの”デビットオースティン”♡

突然ですが、ウカジ家のお庭には薔薇が結構植わっています🌹🌹

元々お庭にあったものを除くと(私が新たに植えたものは)殆どがデビットオースティン・ローズィスという薔薇愛好家のメッカ的な薔薇の苗屋さんで購入したものです。

20180626_1.jpg

ついここで買ってしまう理由は、デビットオースティンも我が家も同じミッドランドなので(車で40~50分の距離)、併設された薔薇園を覗けばどの時期にどの薔薇がどんな感じになるのかが一目瞭然でわかるから♬

20180626_2.jpg

ここの薔薇園、本当にキレイですよ~😍
これで入場料無料だなんて、申し訳ないくらい(笑)。

カフェで薔薇を眺めながらの”アフタヌーンティー”もおすすめです💕


今では日本にもデビットオースティンがありますが、ここウォルバーハンプトンが本店のようです。
観光でミッドランドにお越しの際にはぜひ♬

住所:
David Austin Roses
Bowling Green Lane
Albrighton
Wolverhampton
WV7 3HB

電話:
01902 376334

オープニングタイム
お店と薔薇園:9:00~17:00
ティールーム:9:30~16:30


店長宅の ごはん

料理研究家の上田淳子センセイからプレゼント♪

料理研究家の淳子センセイ(上田淳子先生)から嬉しいプレゼントが届きました💕

な~んと!
当店からセンセイの元に嫁いだお皿、ウィローパターンのお皿を使ったお料理が掲載された本をいただいちゃいました🎵

大好きなウィローパターンのお皿に乗った淳子センセイの美味しそうなお料理に、あぁ、もう堪りませんっ!

・・というわけで、早速「ぶどうのカプレーゼ」を作ってみました~✨
(材料がモッツァレラチーズとぶどう、オリーブ油、塩胡椒とシンプルな上、切って混ぜるだけなので作るのに3分もかかりません🎵)
使ったお皿は勿論、ウィローパターンのお皿です💕

20180624.jpg

どうでしょう?
本と同じに出来上がったでしょうか??


💡淳子センセイのレシピは超簡単なのにキチンと美味しい!
お料理初心者さんにもベテランさんにもお勧めです♬

本のタイトル
四季dancyu 夏の食卓。
発行
(株)プレジデント社

上田淳子先生のページ
インスタグラム @ju.cook
ホームページ http://juncook.com/


💡ウィローパターンとは・・

ウィローパターンの図柄は悲恋の伝説を元にしたもので、現世で結ばれなかった2人が鳥に姿を変え永遠にキスを交わしあう様子を描いています。

ウィローパターンは中国の図柄をまねて1779年にイギリスのThomas Turne (Shropshire)が作り出したもので、その後有名無名を問わず様々な窯元で製造されるように・・
そして18世紀後半には完全にパターン化し、窯元が違っても見分けが付かないほど似たデザインのものが作られるようになりました。

中国の図柄を真似てイギリス人が作り出したウィローパターンは、和洋中を問わず使えるのでお勧めです。


お気に入りのお出かけスポットや観光地

黄色いミニがイギリスらしいお家の前に♡

20180621.jpg

街でミョーに背景にマッチした車を見つけたので、思わずパチリ!📷
派手な色の車ってオモチャみたいで可愛い~😍

私の車は白くてツマラナイので、ピンクとかに塗ってみたいかもです✨ (車自体は気に入っているのだけれど、地味な色しかないのですぅー・・)

この黄色x黄色のイギリスらしいコラボを発見したのは我が家から車で約30分、16世紀の街並みがそのまま残るShropshire(県)のShrewsbury(シューズベリー)。進化論で有名なダーウィンが学んだ学校(現在は図書館)近く。
11世紀に建てられたシューズベリー城にもぜひ♡♡


店長宅の ごはん

イギリスの6月、朝食はお庭で♡

20180620.jpg

▲お皿とティーカップ&ソーサーは一見セットに見えますが、実は違うメーカーのものです♬

ありゃりゃりゃりゃ・・
お友達とのおしゃべりに夢中になっていたら、ソーセージを(トーストも・・)焦がしてしまいました 😓

ええっと・・・(←この間およそ1分半・・)

(気を取り直して)
コホン・・
清々しい朝の空気が一番のご馳走💕 ・・ということで、”コゲ”は見なかったことにします(笑)。