FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
アフタヌーンティー

アンティークのお茶道具でアフタヌーンティーをしませんか~?

買い付けのお仕事に行ってきました。

今日購入した商品はビクトリア時代後期の「ティーポットセット(ティーサービス)」などなど・・。
アフタヌーンティー関連商品の買い付けは、俄然燃えてしまう私です(笑)。
実はワタクシ、ティーサービスやティーナイフなどのアフタヌーンティー関連のお道具が大好きなのです~ ラヴ ハート


そういえば・・
以前、面白いアフタヌーンティーを主催した事があります。
テーマはトコトン手を抜きゴージャスに~!・・です(笑)。
例えば・・
サンドイッチもスコーンもケーキもぜ~んぶ既製品。
参加メンバーがそれぞれ、「自分が美味しいと思うお店」で担当の食べ物を買って持ち寄ったのです。


食べ物は全て既製品でしたが、周辺機器(?)はお気に入りのアンティークたちでがっちりと固めました。
ティーセットはウェッジウッドのアンティーク、勿論ティーナイフやケーキナイフなどのカトラリー類も全てアンティーク。
サンドイッチは小さく一口大にカットしてウェッジウッドのお皿に・・、ビクトリアンケーキもアンティークのケーキスタンドへ可愛く鎮座させます。
勿論、スコーンも熱々をサーブ・・。


すると・・
あ~ら、不思議
何やらゴージャスに見えてきました~ にかー!



豆電球
実を申しますと・・
このティーパーティは(ず~っと探していた)ウェッジウッドのティーポットを手に入れたお祝いだったのです~。
初めて同じシリーズのカップ&ソーサーを購入した日から4年、ポットまで道のりは本当に長かったです・・ ( ・・・ 遠い目・・)
探しても探しても見つからず・・。※
4年の間にカップ&ソーサーも8客集まり、いつも間にかディナーセットまで揃ってしまいました(笑)。

結局、(探しているのを知っていた)友人がアンティークフェアで見つけて買っておいてくれました。


探していればいつかは見つかる~
イギリス アンティーク大国イギリス恐るべし! です(笑)。




sIMG_7575.jpg

スコーン半分に切る&クロテッドクリームやジャムを塗るのに使うティーナイフ。
ティーナイフはビクトリア時代のアフタヌーンティーで使用された唯一のカトラリーでした。
(指先でつまめるものが基本だった為・・)
これは1920年頃のWalker&Hall社のもので、柄の部分が
マザーオブパール。
現在は作ることが難しい、貴重な一品です。


sIMG_7307_20071121103901.jpg

ビクトリア時代後期、シルバープレートの「ティーサービス」。
今日買い付けた商品の一部です。


やじるし↓美味しくいれるには沸騰したお湯が不可欠な紅茶。
アルコールランプ付きのケトル(やかん)は、アフタヌーンティーの席には
欠かせませんでした。

sIMG_7508.jpg

熱いお湯はた~っぷりありますし、


sIMG_7509.jpg

ささ・・、もう一杯、如何ですか?    


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/91-f52a571d
該当の記事は見つかりませんでした。