FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリスの郵便局の副業とは?

sIMG_7216.jpg

近所の郵便局に行きました。

この辺りに日本人は(私たち以外に)住んでいないので郵便局の方も私を覚えてらして、こちらがお願いする前に「日本まで?」・・と尋ねてくださいます。
よほどの事が無い限り、私はいつもこの郵便局を利用しています。


ところで・・、
田舎の郵便局は牛乳やパンなどの食品や洗剤などを扱っている場合が多く、ちょっとした買い物ならスーパーに行かなくても事足りてしまいます。
大手スーパーでは見たことのないブランドや(パンなどは)ブランドネームがないものもあり、かえって面白かったりします(笑)。


sIMG_7217.jpg
 

しか~も!
こんなに素朴~な郵便局でも(驚くべき事に?)クレジットカードによる支払いが可能で、窓口にはカードマシーンがデ~ン!と設置してあります。
マシーンにカードを差し込み、ピンナンバー(暗証番号のようなもの)をピッピッピッ・・と押すとサインもなしに手続き完了。
超お手軽簡単なのです~ にかー!


さてさて・・
実家の母ににちょっとしたお菓子を送ったのですが、(案の定)中身より郵送代の方が高かったです ・・・汗
イギリスは郵送代がめっちゃ高いのですぅ~。




sIMG_7219_20071120023334.jpg

郵便局のドアを開けたところ。まるで普通のお店のようです~。


sIMG_7220_20071120023350.jpg

お店に入って、向かって左手が郵便局。


sIMG_7223.jpg

右手では日用雑貨と食料品を販売しています。


sIMG_7222.jpg


sIMG_7224.jpg



sIMG_7221.jpg

意外なことにウワサ好きのイギリス人。ゴシップ雑誌は生活の一部です(笑)。


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/90-65959ea6
該当の記事は見つかりませんでした。