紳士の国、イギリス ~時に優しさは残酷?!~

うぅぅ・・
筋肉痛が痛い(←死語です)ですぅ~ ・・・汗


筋肉痛が時間をおいてやって来るようになったのは、一体いつからでしょう?
若い頃、 ソレ はすぐにやってきました。
・・が、
おシニアな今、ソレは忘れた頃・・そう翌々日くらいに突然やってくるのです・・。


もっとも・・
忘れた頃にやってくるとは申しましても、さすがに数日前のことなので(いくらおシニアなワタクシでも)原因は思い出せますが・・
原因はズバリ(またまた死語です~)アンティークの絵(&プリント)、です。
いえ・・、正確には絵の入っている額の「ガラス」です。
これがめっちゃ重かったのですぅ~。
(今回の買い付けは絵だけでなく、絵皿もいっぱいあったのですぅぅ~)

しかも・・
運が悪い事に、アンティ-クショップへ向かう道の途中で工事をやっていた為にお店の近くの駐車場に行くことが出来ず、車はかな~り遠い駐車場に止めていました。


さてさて・・
イギリス人男性はとても優しいので、こんな場合は必ず声をかけて下さいます。
・・が、
運んで頂くには駐車場は遠いですし、お断りをする為にお話しするのもシンドイほど重いのです・・。
そこで・・
私は涼しげな顔で足早にそして(ここが重要です~→)なるべく人と目を合わせないように駐車場に向かいました(笑)。


両手いっぱいに古い絵を抱え、(人と目を合わせずに) キョド りながら歩くワタクシ、さぞかし怪しかったと思います・・




sR0013867.jpg

今日買い付けのお仕事で行った街のコスタ(スタバのようなコーヒーチェーン店)は6時閉店。
ソレって日本ではありえないかもです・・  


sR0013940.jpg

今回購入した古い絵画&プリント


sR0013941.jpg

今回購入した古いプリントの1枚、ワーウィックの地図
ワーウィックにはワタクシの大好きな「ワーウィック城(蝋人形館付き!)」があるのです~。



テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.10.04 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

コメント

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。
宜しかったら、ひとことお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-10-12 金 14:18:57 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


11 ≪ 2017/1201
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png