FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 紹介されたメディア等

【料理の本の撮影①】我が家で料理の本の撮影がはじまりました♪

P1260232.jpg

▲ベッドコーナー

お庭にあるコテージが、お引越し4年目にしてとうとう片付きました!
(ウカジの家には母屋の他に、ガレージや図書館等の6つの建物があります)

お引越しの時に要るか要らないかわからないイロイロを段ボールに入れたまま放り込んでしまった為、長らく開かずの間になっていたお庭の石造りのコテージがとある事情でサクッと綺麗になりました。


P1260233.jpg

▲キッチンコーナー

実は・・
オットの同級生でお友達の編集者さんからの提案で、我が家でお料理関係の本(雑誌?)の撮影をすることになったのですが、母屋だけではお客様用のベッドの数が足らないので、急遽お庭のコテージを片付けて泊まってもらうことにしたのです。


P1260231.jpg

▲コテージの周りと植木鉢に薔薇を植え、ローズコテージと(勝手に)命名♪

ムカシ、ムカシ、そのムカシ。
♪ダイエットは明日から~永遠の明日から~♪
・・というCMがありましたが、このコテージの片づけはまさにソレで、マストではない為いつまで経っても達成することが出来ないでいました(;^_^A


P1260443.jpg

▲コテージの入り口はこんな感じ

でも今回は違います!
楽しいコトが待っていると思うと、もの凄ーーいスピードで一気に片付いちゃいました(笑)。

楽しいコトのお話はまた後で・・💕💕


P1260093.jpg

▲1950年代の自動ティーメーカー

あベッドの右横にあるのは1950年代の自動ティーメーカーで、目覚ましをセットすると(時間になると)ベルが鳴ってランプが点灯し、左側の湯沸かしポットで沸かしたお湯を右側のティーポットに送って自動で紅茶を淹れるという画期的な(?)商品です。

写真のベッドは前のお家で私が使っていたウオーターベッドで、今のお家は最も古い部分が築500年くらい(新しい部分でも築200~250年くらい)なので、天井が抜けたらマズイのでガレージの片隅にずっと眠っておりました。



【料理の本の撮影】の他の記事は下記リンクをご覧ください。

【料理の本の撮影①】 我が家で料理の本の撮影がはじまりました♪
【料理の本の撮影②】 料理研究家の上田淳子先生が我が家のキッチンでお料理をしてます(≧∇≦)
【料理の本の撮影③】 カメラマンさんに撮影の極意を教わりました。
【料理の本の撮影④】 魔法の手を持つ、スタイリストのケイコさん。
【料理の本の撮影⑤】 撮影後のお楽しみとは・・?
【料理の本の撮影⑥】 カントリーサイド、家の周りのいつもの風景。
【料理の本の撮影⑦】 料理研究家の上田淳子先生の最新本をプレゼント!


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/434-b829c375
該当の記事は見つかりませんでした。