FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
英国暮らしのアレコレ

イギリスで不動産 ~お家探し、再開!~

イロイロな事情で中断していたお家探しを再開です~。
(長年のイギリス的食生活のせいで自分自身が大きくなってしまったせいなのか、ハタマタ荷物が増え過ぎてしまったせいなのかは不明ですが、なんだかお家が狭いのですぅ・・)

不動産屋さんから、いい物件がありまっせ~のメールをもらいながら、ちょっと無理めのお値段にそのままになっていたお家の値段が1割近く下がったので、思い切って室内を見せてもらいに行ってきました~。
ちなみに私は古~~いお家を探しています。

古い建物のほとんどがそうであるように、やっぱりこの家も2階の床が思いっきり斜めっていました(笑)。

この建物の記録は17世紀の中頃に始まりますが、一番古い部分は16世紀に建てられたようです。
16世紀といえば日本はちょんまげ江戸時代~!の更に前・・の安土桃山時代、イギリスはシェイクスピアが生まれた辺りの時代・・とそう考えると、床が斜めっていても床が落ちていてもそう不思議ではないかもです。

ところで・・
この家は1960年代に購入した現オーナーによって増築などの改装が行われたのですが、その後グレードⅡにリストされたせいか新たに手は加えられてない(手が加えられなくなった?)ようです。

このあまり聞き慣れない「グレードナントカ」というのはイギリスの古い建物を保存する為に考えられた グレートな仕組み で、うっかり(?)コレに指定されると許可なくしていかなる改装も、それどころか当時と同じ方法で行わないのならば修理さえもままならないという、プチ文化財の保存/修理を持ち主に丸投げする(すなわち国の懐を全く痛めない)すごいシステムなのです(笑)。

う~む・・
(プチ文化財の保存に)貢献すべきか、すべきでないかそれが問題だ!
(↑ハムレットの有名なセリフ風に



R0032065.jpg
建物

R0032067.jpg
お庭からの風景(絶景です~)

R0032041.jpg
リビングその①の暖炉(もう一部屋リビングがあります)

R0032043.jpg
ダイニング

R0032045.jpg
キッチン

R0032049.jpg
ユーティリティー

R0032055.jpg
2階の踊り場


Comments

satoko says...""
素敵~~
だけど、床はななめってていいの?
今度は壁の色変えたりできないってことだよねー?

それにしてもすごいな、その制度。。。
2011.10.18 14:38 | URL | #- [edit]
ビクトリアンキャット says..."Re: タイトルなし"
satokoさんへ

ぎゃーーーっっ!!!
ごめんなさい~!

お返事をお返ししたつもりが、表示されていませんでした・・。
あぁ・・、ワタシったら・・。

> 今度は壁の色変えたりできないってことだよねー?

家の中はある程度大丈夫だと思います~。
あ、壁を抜いたりしなければ、ですが・・(笑)。

2011.12.20 11:43 | URL | #y2k7PowY [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/383-7ee84ab6
該当の記事は見つかりませんでした。