FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お気に入りのお出かけスポットや観光地

ラドローのフードフェスティバル~イギリス食い倒れの町~

P1080413.jpg

人、人、人・・
いったいどこからこんなに人が沸いてきたのでしょう?

イギリス屈指の食い倒れの町(?)として名高いラドロー・・のフードフェスティバルに行ってきました。
ラドローはたま~にお友達とレストランに行くくらいで、しかもたいていはレストランの駐車場に車を止めてしまうので街中を歩くことは滅多にないので気分は思いっきり旅行者です(笑)。

ところでラドローは小さな町にもかかわらず、なんと(!)ミシュランの星付きレストランが2件もあり、また町のあちこちには檄ウマから檄マズまで玉石混淆のレストランが点在し日夜しのぎを削りあっています。
※数年前にはミシュランの2つ星レストラン「ハイビスカス」(私の一番お気に入りのレストランです)もラドローにありました(遠い目・・)。
ハイビスカスは現在ロンドンにあります。

さてフードショーですが、とにかく町全体がすごい熱気で町全体が会場という感じです。
そしてラドローの町全体をフードショーの会場に仕立てているのが「トレール」という独自のシステム。
これは日本の「スタンプラリー」のようなもので、例えば「エールトレール」の場合、参加者は15箇所のパブの場所が記された地図とビアグラスを日本円で約1,000円で購入します。(他にソーセージトレールやブレッドトレール等があります)

参加者はその地図を頼りに店を探し指定されたエール(ビール)を飲んで10点満天で評価。
そして12箇所以上のパブでスタンプを押してもらうとめでたくプレゼント~自分が飲んだビールの中で一番評価が高かったビール~を(評価を書いた)用紙と引き換えに無料でもらえるのです。

P1080428.jpg
エールトレール(スタンプラリー)の用紙。パブの地図付きです~。

P1080418.jpg
マイカップ(笑)。

そういえば・・
町の中でもっとも人口密度が高かったのはラドロー城でした。
今から900年以上前に建てられた文化財級のお城の庭で地元で作られたチーズやお酒、お肉に野菜、ピザ釜にスコークマシーンetc.様々な食べ物そして食べ物に関する商品が所狭しと並び売られていました。

う~ん・・
本物のお城のハズなのに、偽者っぽく見えるのはナゼなのでしょう?!

P1080534.jpg
ラドロー城の庭。

P1080473.jpg
お肉屋さんの軒先。ウサギが怖いですぅ・・。


Comments

ぱりーな says...""
ねこさん、お久しぶりの日記ですね。
あまりの久しぶりかげんに、少し心配していましたが、相変わらず楽しそうですな~。
城よりも食べる!って感じが、盛り上がっていて、良いね~!!
2011.09.16 20:14 | URL | #- [edit]
satoko says...""
楽しそう~!
大人向けのスタンプラリーだなんて♪
日本じゃないなー。子どものイベントにかこつけて親の方が夢中だったりする(笑)
でも、最低12杯飲まないといけないってこと?
2011.09.27 13:08 | URL | #- [edit]
ビクトリアンキャット says..."Re: タイトルなし"
ぱりーなさんへ

こんにちは♪
はい、本当に久しぶりの日記の更新です(笑)。
(6~8月は日記を書くのも忘れるほど忙しく遊んでいました~)

そう、城より食べる!です。
日本ではフツーの試食販売はイギリスでは珍しいせいか、ここぞとばかり食べ物ブースの試食販売に人々が群がっていました(笑)。
2011.09.28 22:42 | URL | #y2k7PowY [edit]
ビクトリアンキャット says..."Re: タイトルなし"
satoko さんへ

めっちゃ楽しかったよ~ん。

> でも、最低12杯飲まないといけないってこと?

は~い、最低12杯飲まないとお土産ビールはもらえません!
・・と言っても、それぞれのビールの量はグラスの1/4~1/2程度なので、実際にはそれほどたくさん飲むわけではないです。
10杯しか飲めなかった原因はビールの量ではなく、スタンプラリーに参加しているパブの中に見つけにくいお店や遠い場所にあるお店があったからなのですぅ~。

来年は全種類飲むぞぉぉぉっ~!
2011.09.28 22:57 | URL | #y2k7PowY [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/380-2017ea19
該当の記事は見つかりませんでした。