一粒で二度美味しい(?)イギリスのレストラン

お友達と近くのレストランにランチに行きました。

この “近くのレストランへランチ” という響きが日本のOLさんみたいでなんだか新鮮
(いつもは美味しいレストランを求めて何時間も車を走らせているので・・ 汗

今日お邪魔したハンドレッドハウスはこの辺りでは美味しいと評判のレストラン。
でも以前は確かに美味しかったのですが最近はビミョ~~・・。
いえ・・、決して不味いというわけではないのです。
一般的なイギリスのレストランのお料理のように「塩をかけなくては食べれない」とか、「野菜がフォークに引っかからないほどグチュグチュ」だったりはしませんし・・(笑)。

何と申しましょうか・・
良く言えば素材の味を生かしたお料理・・ということになるのでしょうが、以前の、あらコレ美味しい!何が入っているのぉ~?的な驚きが 全く なくなってしまいました。
今回は以前好きで何度か頂いた事のあるホタテの前菜をオーダーしたのですが、残念!別モノです・・。

シェフが変わったのでしょうか??
それとも(素材の味を生かす方向へ)方針が変わったのでしょうか??
でも一粒で二度美味しい・・、違った・・、一食で二食分なのは変わっていませんでした。

でもあまり嬉しくないかもです・・ 汗



sP1000975.jpg
前菜のホタテ
今まで気が付かなかったのですが、素敵なカトラリーが使われていました。
お皿は白いシンプルなものだったのですが、カトラリーでグッと雰囲気が増すのですね~。
見習わなくては!です

sP1000976.jpg
メインデッシュの鴨
日本ならテーブルの真ん中に置いてシェアして食べる量です、多分(笑)。

sP1000983.jpg
デザートのメレンゲ&アイスクリーム

sP1000988.jpg
食後のコーヒー
コーヒースプーンもナイフ&フォークとお揃いです~。

sP1000991.jpg
ハンドレッドハウスのお庭、めっちゃカワユイのです。

sP1010007.jpg
一粒で二度美味しい?
ドギーバッグ(犬のお土産)にしてもらった鴨とフランスパンを翌日(犬ではなく)ワタクシが頂きました(笑)。


これで合計(チップ込みで)£40也!
ミシュランの星付きレストランでランチ食べられましたね・・ 汗


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2010.09.10 | コメント | トラックバック | お出かけ(外食など)

コメント

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。
宜しかったら、ひとことお願いいたします。

ビクトリアン・キャットさん
はじめまして。
私はラブラレトリーバが本来有する作業意欲に魅了され、その作業意欲を存分に発揮する愛犬と共に毎日を楽しんおります。そんな私にとって、英国は聖地であり、英国で行われる狩猟はとても興味を引くものです。そんな私が本場の状況をイメージするにはネット社会はとても便利であり、国内に某ブログを見ながら本場のレトリーブをイメージをしております。
ただ、先日とても残念なことがありました。
それは、いつも崇拝しながら現地での様子をイメージするために読んでいたHPが、ビクトリアン・キャットさんのブログ写真を引用し、それをいかにも「自分が見聞き・体験した」用に記載されていることがわかりました。
http://blog.goo.ne.jp/gundogclub007/e/280a6ce9730df71c81a8125a01aabf6c
とても裏切られた気持ちで一杯です。ビクトリアン・キャットさんのHPは、たまたま検索してHITしたのですが、とても素敵なHPですね。これからの、更新を楽しみにします。

http://blog.goo.ne.jp/gundogclub007/e/280a6ce9730df71c81a8125a01aabf6c

2010-09-10 金 22:53:50 | URL | かっぱ #- [ 編集 ]

かっぱさんへ

初めまして。
コメントをどうもありがとうございます~e-266

> それは、いつも崇拝しながら現地での様子をイメージするために読んでいたHPが、

ありゃありゃ・・
いつの間に我が家はB&Bになってしまったのでしょう??(笑)

この方、以前に何度かコメントをくださったことがあるのですが、ある時いただいたコメントが消えていたので(このブログは自分のコメントは後から編集や削除が可能なのです)ワタクシ何か失礼でも??・・と心配になり、この方のブログにお邪魔したところ・・

ガピーン!!(年がバレますね~)
この辺りで時々狩りをしている顔見知りの女性が、なんと!「伯爵秘書」ということになっているぅ~!?
(確かに狩猟はお金持ちのスポーツですが、家の前の狩場ではまだ伯爵サマにお会いしたことはないです・・)

さてさて・・
イギリスは短い夏が終わり、また寒くて暗くて長~い冬に向かっています。
(日中は暖かい日もあるのですが、夜は暖炉に火をいれることも・・)
今年もあと2ヶ月くらいで雉狩りが始まります。
イギリスのどんよりした空の下で鳴り響く銃声はなかなか風情があって悪くないのですが、臆病者のモモ(我が家の犬)にとっては受難の季節かも(笑)。
何しろ銃声バンバン&見知らぬワンコがウヨウヨ・・なのですから。

ところで・・
かっぱさん、レトリバーを飼われてらっしゃるのですね。
・・というと狩猟は狩猟でも(雉ではなく)水鳥でしょうか?
(友人のボーダーコリーとレトリバーのミックスのコも足に水かきがあって、泳ぐのがめっちゃ上手でした)

PS
当店ではあまり動きのない(売れていないとも言います(笑))“狩猟関連のアンティーク”を購入されたので強く印象に残っているのですが、多分この方、ビクトリアンキャット・アンティークのお客様だと思います。

2010-09-11 土 21:50:00 | URL | ビクトリアンキャット #y2k7PowY [ 編集 ]

ビクトリアンキャットさま

はじめまして

友人からのメールで、かっぱさんとおっしゃる方がコメントしているとのお知らせをいただき、お邪魔しました。

驚きました。
私も彼のブログのファンだったので、非常に残念です。
裏切られました。

そして、かっぱさんがお知らせくださった、かのブログの記事は即刻削除されていました。

ファンの皆さん、がっかりしているようです。

なぜ、このような偽りを書いたのか信じられません。

ビクトリアキャットさんもB&Bにされ、さぞご迷惑なこととお察しします。

ステキなアンティークですね。
ちょくちょく覗かせてください。

それでは

2010-09-13 月 13:39:50 | URL | ライスカレー #huYmLGfU [ 編集 ]

ライスカレーさんへ

初めまして~。
コメントをどうもありがとうございます。

> ビクトリアキャットさんもB&Bにされ、さぞご迷惑なこととお察しします。
今までのところ、宿泊予約のお電話は頂いていないので大丈夫です(笑)。
狩猟の方向けにB&Bを経営するのも悪くないかもしれませんね~。
でも実際はゲストルームは1部屋しかないので(4部屋もないです・・)採算が合わないかもですが・・

> ちょくちょく覗かせてください。

ぜひぜひ~
(狩猟関係のアンティークがあまりなくて申し訳ないのですが・・)

PS
ライスカレーさんのココロが早く元気になりますように・・
それではまた・・。

2010-09-14 火 10:54:00 | URL | ビクトリアンキャット #y2k7PowY [ 編集 ]

かっぱさんへ

突然スミマセン!

昨日コメントをくださったライスカレーさんから、ぜひかっぱさんと連絡を取りたいのだけれど・・という旨のメールを頂きました。(お話したいことがあるそうです)

もし差し支えがなかったら私の方までご連絡を頂けないでしょうか?

2010-09-14 火 11:09:11 | URL | ビクトリアンキャット #4GWHiZ9c [ 編集 ]

ビクトリアンキャットさま

かっぱさんへの呼びかけ、ありがとうございます。
かっぱさんがみてくださることを願っています。

そうそう、かっぱさんがご紹介くださった上述のURLは消去されてしまいましたが、ITに詳しい友人が復活させてくれました。

記念にと思い、メールアドレスの方にお送りさせていただきました。

このたびのご厚誼、かさねてお礼申しあげます。

2010-09-15 水 16:45:54 | URL | ライスカレー #huYmLGfU [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ライスカレーさんへ

残念ながら現在のところかっぱさんから連絡はありません。
(見てくださるとヨイのですが・・)
  
> 記念にと思い、メールアドレスの方にお送りさせていただきました。
   
どうもありがとうございます(笑)。
(慣れ親しんだ景色と見知った人々&ワンちゃんたちです~)
       
あと2ヶ月もすると今年も雉狩りが始まり、私の行きつけのお肉屋さんに彼らがしとめた雉たちが並びます。
私は雉を買ったことがないのでわからないのですが、弾は一体どうなっているのでしょう?
入ったままなのでしょうか??
謎ですぅ~。

PS
1日も早くトラブルが解決し、皆サマのココロが元気になることをお祈りしています。

2010-09-16 木 06:20:21 | URL | ビクトリアンキャット #y2k7PowY [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-09-16 木 19:29:28 | | # [ 編集 ]

はじめまして。

こんにちは。

話題になっている方のブログは、私も以前から興味があって読んでいたので盗用と知って驚いています。

そして、先ほど見たらすべての記事が削除され、プロフィールすらも書き換えられていました。
信用して読んでいましたから裏切られたような気持ちです。
英国王立ガンドッグクラブ公認訓練士の肩書きも消えています。
これも嘘だったのかしら。

ところで、英国王立ガンドッグクラブなるものは存在するのですか?
彼のホームページにリンクされているのはただの英国のガンドッグクラブで、王立ではないようなのですが。

もうイギリスを訪れてから10年以上、時が流れてしまいましたが大好きな国なので、きっかけは残念な事件からでしたが、素敵なブログに出会えて嬉しいです。

これからも楽しみに拝見させて頂きますね。

2010-09-16 木 20:34:25 | URL | ピンクパンサー #.Y6uEJgc [ 編集 ]

ピンクパンサーさんへ

初めまして。
コメントをどうもありがとうございます

ピンクパンサーさんはイギリスにいらっしゃったことがあるのですね。
(10年前というと私がイギリスに住み始めた頃です~)

さてさて・・
10年住んでみて私が一番驚かされたのは、イギリスは10年くらいでは街並みが全然変わらないというトコロ。(日本では考えられえません!)

そういいえば・・
前に近くの小さな街で「100年前のその街の写真を使ったポストカード」を購入したのですが、馬車やドレスのご婦人を除けば街並みは現代とほぼ同じでした。(新しい道を作る為、家を2件取り壊したのみ)

そのポストカードと(同じアングルで撮った)現代の写真を比べている記事があるので、もし良かったらご覧くださいませ

http://victoriancat.blog109.fc2.com/blog-entry-188.html


>ところで、英国王立ガンドッグクラブなるものは存在するのですか?

う~ん・・、どうなのでしょう?
私自身は狩猟はやらないので、全然詳しくないのです・・。


>これからも楽しみに拝見させて頂きますね。

どうもありがとうございますデス。
これからもどうぞ宜しくお願い致します♪

2010-09-17 金 08:47:19 | URL | ビクトリアンキャット #y2k7PowY [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-09-17 金 11:42:53 | | # [ 編集 ]

そうなんですよね。町並みが100年たっても変らない。そこがまた、ぐっとくるところです。
それにしても、ご紹介頂いたポストカード、素敵ですね。また、行きたくなってしまいます。

2010-09-17 金 13:38:48 | URL | ピンクパンサー #.Y6uEJgc [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カルチャパパさんへ

初めまして。

> お庭で一番多く見掛ける犬種は何ですか?

狩猟にきているワンちゃんの犬種は様々です。
単に家で飼っているコを連れてきている気がします(笑)。

そういえば・・
家の周りでは一年中バースコントロールの為の鹿狩りが行われているのですが、よく会うハンターのおじさんは犬は連れてきません。
不思議に思って尋ねたところ、どうやらおじさんのワンちゃんは賑やかさんで狩りの邪魔になるらしいです(笑)。
実は鹿狩りはちょっと苦手な私です・・。
撃たれた鹿がその辺(モモのお散歩コース)に転がっていたりで結構グロイのですぅ~。

> 一般的には、頭にあたった弾で雉は死にます。

知りませんでした。
いつか雉をさばく機会があったら確認してみます。
(毎年肉屋の店先にぶら下っている雉を横目で見ながら、結局買えない私です・・)

2010-09-18 土 13:39:38 | URL | ビクトリアンキャット #y2k7PowY [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ピンクパンサーさんへ

> そうなんですよね。町並みが100年たっても変らない。

更に100年経過しても、たぶん変わっていないと思います(笑)。

> それにしても、ご紹介頂いたポストカード、素敵ですね。

私のお気に入りのポストカードなのです~

街は今も100年前と同じなのに、写真に写っていた馬やドレスの女性は(当たり前ですが・・)もうこの世にはいない。
このポストカードを見る度に何とも不思議な気持ちになります。

2010-09-18 土 13:56:36 | URL | ビクトリアンキャット #y2k7PowY [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


11 ≪ 2017/1201
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png