FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
イギリスの行事やイベント

クリスマスツリーの栽培 ~スローライフなイギリス人~

♪あなたを~ さがしてぇ~
此処まで来たのぉぉ~
恋しい~ あなた~ あなたぁぁ~
今~何処にぃぃぃぃ~♪

(作詞は片桐和子さん・作曲は平尾昌晃大先生)

クリスマスツリーを探しにグリーンショップに行く度にアタマの中でリフレインしていた西崎みどりさんの「旅愁」ですが、探し物はチルチルミチルの青い鳥、案外近くにあったりするものなのかもです~ ほー 


豆電球前回までの経緯(?)
根の付いた大きなツリーが欲しくてアチコチのグリーンショップを探していたのですが見つからず・・。
(イギリスのクリスマスツリーは幹の根元で切られ根が付いていないのが一般的)
もし根の付いた大きなツリーが欲しいのなら、直接ツリーの栽培場所に行って掘り起こしてもらわなくてはいけない・・と友人(イギリス人)から教えられ、思い切ってツリーの栽培場所を訪ねてみようとした矢先に・・


きゃい~ん!(←昭和的表現?)

求めよ、さらば与えられん!です は-と
知人が自宅用に育てているクリスマスツリーを頂ける事になりました。
(ありがたいことですぅ~)


ツリーの栽培場所として教えられたのは・・
なんと!モモ(我が家のワンコ)のお散歩コースから見える野原、毎日のように通っている場所(笑)。
この中から好きな木を持って行っていいよ~と言われるまで、そこでクリスマスツリーが栽培(?)されているなんて 全く 気が付きませんでした。
人は意外と景色を見ていないものなのですね~。(・・って、ワタクシだけデスカ?)


改めてよ~く見ると・・
手前に背の高い雑草が生えているとはいえツリーの頭はちゃんと確認できます(笑)。
更によぉ~く見ると・・
小さいものは30cmから大きなものだと数メートルまで様々なサイズのツリーがあることに気が付きます。


未来のクリスマス用に植え足している?!


イギリス人が気が長い・・
いえ・・
気負うことなくナチュラルにスローライフを送っていることは存じておりましたが、ここまでとは・・。


イギリス国旗 彼のように長~~~いスパンで物事を考える人になりたいとは思いますが、日本国旗 純血ジャパニーズのワタクシにはなかなか難しいものが・・ ・・・汗


20091222 クリスマスツリー掘り

無造作に植えられたクリスマスツリーたち。
この中から好みの木を捜して・・

20091222-2.jpg

イギリス人なら根元からウィー・・ンと切ってしまうところですが・・


20091222-3.jpg

1時間半かかって、掘り起こすことに成功!


20091222-4.jpg

車に積んで運びます~。


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/333-bcb881cd
該当の記事は見つかりませんでした。