FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

ラブリーは便利な言葉

んー・・、ラブリーデーですぅ~ にかー!

友人のアンティークディーラー、Sさんのお店が入っているアンティークショップに遊びに行きました。
時刻は午後5時少し過ぎ、もうお客様はいらっしゃいません。
天気が素晴らしくヨイのでお庭でティータイムをする事に決定!


ところでイギリス人は「ラブリー」という言葉をよく使います。
ラブリーな猫・・とか、
ラブリーなお天気・・とか、
この辺りまではフムフム・・なのですが・・


そう・・
あれはまだイギリスに住み始めたばかりの頃、とあるお店で日本で言う円の単位までぴったりの金額で支払った時のことです。
お金を受け取ったレジのおねぃさんに「ラブリー は-と 」とにっこり微笑んで言われたものの、何がラブリーなんだかワケがわからず・・( ・・・ 遠い目・・ )


何が可愛いの?
え・・っ、もしかしてワタクシ??

・・のハズはなく、
確かにラブリーには可愛いという意味もありますが、もはやワタクシ、そんなことを行ってもらえるお年頃ではないので・・(笑)。

ラブリーは「素敵な」「素晴らしい」「良い」・・とかそんな感じの意味合いで、この場合のラブリーはつり銭なしでピッタリだったのが素晴らしい・・といった感じでしょうか。


さてさて・・
ラブリーデーです。
Sさんの淹れてくれた紅茶もワタクシ好みにストロングでヨイ感じ、ラブリー!です。
今日手に入れたバターパットも状態が素晴らしくて、ラブリー!(Victorian Cat Antiques 用に購入しました~)


ラブリーはめっちゃ便利な言葉。
イギリスでは良さそうなモノにはとりあえず「ラブリー」を付けておけば間違いないです(笑)。



sR0011164.jpg

<お庭の入り口>


sR0011166.jpg

<入り口側から見たお庭全体>
んー・・、ラブリーですぅ~(笑)。


sR0011167.jpg

<お庭の奥>


sR0011169.jpg

<お庭の奥の奥>


sR0011170_20080606112643.jpg

<お庭の奥の奥の奥>
こんなにお庭の奥行きがあったなんて知りませんでした・・。


sR0011160.jpg

<アンティークショップのキッチンの入り口>
Sさんに「電気ケトル、スイッチ入れてきて~」と言われ・・。


sR0011162.jpg

<アンティークショップのキッチン>


sR0011161.jpg

<イギリスのキッチンの常識、電気ケトル>


sR0011154_20080606112947.jpg

<お馴染み(?)Sさんのお店に通じる階段>

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/212-3b53adef
該当の記事は見つかりませんでした。