FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

まるで積み木なイギリスの家

sR0010408.jpg

イギリスの家はまるで積み木です。

見た目そのまま、レンガを積んでセメントで留めていくだけ・・ ・・・汗
モチロン鉄骨なんて入っていません。
もしかして子供でも作れるかもです(笑)。


日本で家を建てる時は柱・梁・屋根部分など基本的な構造をまず作りそれから細部に取りかかるのが一般的ですが、ここイギリスではイキナリ下から建て(?)始めます。
出来上がるまでは2階建てなのか3階建てなのか、さっぱりわかりません。
(写真の家は増築なので最大でも2階建て・・という事は予測できますが・・)
また何もない地面からまるで植物が育つかのように建物が日々成長していく姿・・は何ともキミョーです(笑)。


さてさて・・
とっても積み木~なイングリッシュハウスですが、最近の家にはレンガの内側に断熱材としてのブロック(日本ではよく塀に使われている)を入れるので少しは強度が増しているかもしれません。
もし外壁が何らかのアクシデント(地震など)で崩れても、内壁(ブロック)が部屋を守ってくれるかも・・


あ・・

100年以上前に建てられた我が家の壁にはブロック入っていませんでした・・。
(壁はレンガそのものの厚さしかありません)


うっく・・(←死語です~)
最近見つけた外壁の亀裂が気になりますぅ・・。

Comments

teru says...""
こんにちは♪

まるで「三匹のこぶた」の様なレンガのお家づくりですねe-112

イギリスでは地震ってないのですか?

前に勤めていた会社が、ベトナムに工場を建てたのですが、その時も基礎工事などなしにいきなり建て始めたらしいです。
2008.06.23 14:16 | URL | #- [edit]
Toshi says...""
こんにちは、 UKでは壁厚は、どれくらいありますか?  壁がレンガだと気温が低い時は部屋内は寒いのでは 内側ブロックで断熱効果あるのかなレンガ壁との間に断熱空間を取っているのかな  冬の寒さが嫌いな私は 色々と?? と思ってしまいました。
2008.06.24 11:03 | URL | #- [edit]
ねこ says...""
teruさんへ

>イギリスでは地震ってないのですか?

イギリスには活火山がないので、(大きな)地震はないことになっています。
・・なので、
震度2とか3くらいの地震でもイギリス人はパニックを起こすらしいです。
地震の時につい2階から飛び降りてしまい、足の骨を折った人の話を聞いた事があります。


Toshi さんへ

>UKでは壁厚は、どれくらいありますか? 

新しいお家でしたら、外壁のレンガの厚さ+ブロックの厚さです~。
我が家はレンガの厚さ(薄さ?)分だけですが・・(笑)。
また大抵のお宅にセントラルヒーティングが入っているので、日本のお家より暖かいです~。
2008.06.25 23:22 | URL | #y2k7PowY [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/203-83c5c230
該当の記事は見つかりませんでした。