FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリスのディナーは・・

ややこしいですぅ~ ・・・ 汗

ランチがディーナーでディーナーがティー??
そしてディーナーがディナーの時も・・。


確か・・
遥かムカシの中学時代、朝食はブレックファースト、昼食はランチ、夕食はディナー、夜食はサパー・・と習ったハズ( ・・・ 遠い目・・)。
朝食はブレックファーストでOKなのですが、私たち日本人が考えるところの昼食と夕食の表現が時と場合によってここイギリスでは変わるのです~。


軽めの夕飯は「ティーと」と呼ぶ・・などは漠然と理解していたのですが、ついにSさん(友人のアンティークディーラー)が私の長年の謎をすっきりと解いてくれました にかー!
Sさんによると、イギリスでは前菜やデザートなどの付いたしっかりご飯は「ディナー」と呼ぶのだそうです。


そういえば・・
イギリスの学校給食は「ディナー」と呼ばれ、「ディーナーレディー」と呼ばれる日本風にいうと給食のオバさんによってサーブされます。
う~ん・・
学校給食には前菜(らしきモノ)もデザート(らしきモノ)も付いていますが、ディーナーと呼ぶには無理があるような・・。


おっと・・
お話がちょいと横道に逸れてしまいましたが、
イギリスではしっかりご飯は「ディナー」、夕方いただく軽めの夕食は「ティー」、遅い時間にいただく軽めの夕食は「サパー」・・と呼ばれるのだそうです。
こうなると3食中1食も「ディナー」が含まれないお宅が存在する一方、3食とも「ディナー」なお宅がきっと存在するハズ・・と


「じゃぁ、もし朝食も昼食も夕食もぜ~んぶしっかりご飯だったら何て呼ぶの?」

Sさん、ニヤリと笑って・・
「ピック(豚)」

「・・・・。」
Sさん、いかにもイングリッシュなジョークを聞かせてくれました(笑)。

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/190-4a5d953b
該当の記事は見つかりませんでした。