FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリスのスタバは太っ腹?!

イギリスのスタバは太っ腹です~。

スタバにコーヒー豆を買いに行った時、新しい種類の豆を見つけました。
クラシックな人魚のパッケージがヨイ感じです(名前失念・・)。


ところで・・
私は甘い香りの重いコーヒーが好きで、いつも「カフェベロナ」を買っています。
新しい種類の豆を見つけると買って試してみるのですが、なかなかカフェベロナ以上に好みの味を見つけられずに現在に至っています。
味をハズしてしまうと悲しいので、最近は私も賢くなり(?)まずサンプルを頂く事にしています(笑)。

イギリスのスタバでは(お願いすれば)無料サンプルを頂けるのですが、ご存じない方も多いようです。
ある日私がレジで小さな袋に入ったサンプルを頂いていると、私の前に支払いを終えた女性から話しかけられました。


sR0013005.jpg


女性「それどうしたの?」
私「無料サンプルを頂いたのです~」
女性「えぇっ?!本当に??私も次回はもらわなくっちゃ!」


サンプルとはいえ、コーヒー3杯分くらいは余裕で作れます。
以前はサンプル専用の袋(今もあるのかはわからないです~)に入れコーヒー豆の名前のラベルを貼ってくれ、しかも(無料なのに!)50gくらい入っていました。


50gといえば大阪のスタバの販売最小単位です(さすが浪花の商人です~)。
(日本のスタバの最小販売単位は100gが一般的だと思います)
ちなみにイギリスのスタバの販売単位は、1パック:250gです(笑)。


でもでも根が小心者のワタクシ・・。
コーヒー豆を沢山買う時にしか、サンプル下さいと言えないのです~。

今回も「カフェベロナ」を3パックも買ってしまいましたんー汗



にぱ
コーヒーが不味いと言われるイギリスですが、そんなことはありません!
・・とお書きしたいところですが、本当の本当にイギリスのコーヒーは美味しくないです~(笑)。
不味いと言われるコーヒーの中では、スタバはかなりヨイ方なのです。

ただし!
スタバでも絶対にイギリス焙煎のモノを買ってはいけません!
全然香りがしませんデス~



sR0013016.jpg

もうカレコレ10年くらい使っているグラインダー。
エスプレッソから粗引きまで、イロイロなサイズに挽けて便利です~。


sR0013018.jpg

いざ、勝負ですぅ~


コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/18-83234201
該当の記事は見つかりませんでした。