FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
レストラン覚え書き

イギリス料理は世界一マズイ!?

甘かったです・・ ・・・汗

二匹目のドジョウはいませんでした。
この間の行ったお店が思ったよりイケたので、そこそこのお味のお店だったら簡単に見つかるような気になっていました。


・・が、 

ここは世界一料理がマズイ!と言われるイギリス。
そう簡単に美味しいものにありつけないのですぅ~。
いつでも思い立った時に予約なしで美味しい食事が出来るお店・・がココロの底から欲しいです・・ 汗


近場で!手軽に!美味しいごはん~っ!!!
このささやかなハズの願望が大いなる野望に聞こえてしまうのはナゼでしょう?(笑)


さてさて・・
今日お邪魔したお店ですが、(デコレーションのセンスはイマイチながら)内装もカワユかったしパブリカンのオジさまもフレンドリーで陽気な方でしたが、お料理があまりにフツー・・でした。
(デザートも多分ホームメイドではないと思います)


キョロキョロ・・
店内にはビールを飲む数人のイギリス紳士の姿。
皆さんお一人でいらっしゃっているようです。
(時間的な事を考えると)定年を迎えられた方々でしょうか?
そして店の奥の秘密の小部屋(?)では一杯やりながらゲームに興じるオジさま方が・・って、先ほどまでカウンターの中で働いてらしたオジさままでゲームをされているではあ~りませんか(←死語です~)。

そうです、ここはパブでした!
お酒やおしゃべり&ゲームを楽しむところで、決して食事自体を楽しむ場所では・・。
(じゃぁレストランのお料理がマズイ場合は?・・などと聞かないよーに!)


さぁ・・て、ワタクシもビールを買ってゲームでも・・。



sP1120078.jpg

Arleston Inn Hotel 。
こんなところに本当の本当にあるのでしょうか?
・・と運転しながら不安になるくらい田舎にポツン・・と建っています。


sP1120080.jpg

お店のお隣は馬場です。


sP1120086.jpg

多分、お店で飼われている猫ちゃん。
めっちゃ人懐っこいです。


sP1120144.jpg

コート掛け。
お客様のお帽子でしょうか?
いかにもイギリス紳士~なお帽子です。


sP1120126.jpg

カウンター。
ここでお金を払って飲み物を注文します。
う~ん・・、クリスマスの飾りがまだそのままです・・ 汗
1月6日までに片付けないとバットラックが起こるデス~。


sP1120124.jpg

暖炉の前の席。
ヨイ感じです~。


sP1120129.jpg

奥のレストランエリア。


sP1120132.jpg

コンサバトリー(日本の温室?)のレストランエリア。


sP1120125.jpg

秘密の小部屋(?)の入り口。


sP1120135.jpg

ゲームに興じるパブリカンのオジさまとお客さん。


sP1120151.jpg

サーモン。


sP1120160.jpg

プディング(イギリス人はデザートをプディングと呼びます)。


店名:Arleston Inn Hotel
住所:Arleston Lane, Arleston, Wellington, Telford, Shropshire TF1 2LA
電話:(01952) 501881 Fax:(01952) 506429

HPアドレス:http://www.thearlestoninnhotel.co.uk


Comments

becket says...""
先ずはポチッと押して、っと・・・なんと14ポイント上がって26位でした。
パブではなくレストランですね。
イギリスカントリーサイドのパブでは、何処へ行ってもフレンドリーなパブリカンおじさんが板に付いたスマイルで話し掛けてくれます。
西洋人のスマイルはホントに粋で格好いいと思います。ロンドンでも、隣の席のカップルが微笑んでくれたり、ハイウェイでも追い越しざまにこちらを向いて微笑を投げかけてくれたり、最初は顔に何か付いているのかと、夫婦でお互い確認 し合ったりしていました。そのうち、意味が分からずまま不慣れな笑みを返しておりましたが、多分相手は気持ち悪かったと思います。
田舎のパブでチキンをオーダーすると、丸ごと焼いたのがお皿にどーんと乗ってきたのには驚きました。それが1人分ですよ。味はというと、ただオーブンでローストしただけと言ったら想像できると思います。
珍道中だらけでしたが、それもかえって印象深い良い思い出です。
ねこさんの日記、本当にいつも参考になります。

2008.02.05 12:05 | URL | #- [edit]
ねこ says...""
becketさんへ

>先ずはポチッと押して、っと・・・なんと14ポイント上がって26位でした。

すごいです~ e-420
そんな順位、初めてかもです~。
どうもありがとうございますデス(ペコリ・・)。
本当の本当にいつもお世話になっています。

>パブではなくレストランですね。

う~ん・・、ビミョーです。
レストランエリア付きのパブ・・っていう感じです~。

そういえば・・
レストランエリアで食事をした場合はチップを置きますが、パブエリアで食事をした場合は(たとえレストランと同じものを食べたとしても)チップは必要ないのです~。
場所代・・でしょうか??

>田舎のパブでチキンをオーダーすると、丸ごと焼いたのがお皿にどーんと乗ってきたのには驚きました。それが1人分ですよ。

もうすぐ在英10年のワタクシ。
最近は何てことなくその量e-29が食べられます(笑).
それどころか、スターター(前菜)・メインデッシュ・プディング(デザート)の3コース(フルコース)をペロリ・・と平らげてしまう自分自身が怖いですぅ~ e-263
2008.02.06 07:06 | URL | #RF9iDDMM [edit]

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/162-a7c2b8f5
該当の記事は見つかりませんでした。