FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お仕事 おしごと

アンティークショップで午後のお茶

んー・・(うっとり~)

教えたがりオジ様、Sさんのお店が入っているアンティーク・ショップに行ってきました。


アンティークショップが終わった後、
Sさんのお店で彼ご自慢のアンティークたちに囲まれ、ミルクとお砂糖た~っぷり・・の遅い午後のティータイムが始まりました。
(夕方5時スタートのティ-タイム、まるでビクトリア時代の貴族の人たちみたいですぅ~)


紅茶のカップが乗っているマホガニーのテーブルは、ビクトリア時代後期のものだそうです。
写真には写っていませんが、この時Sさんが座っていた椅子は1870年のものだとか・・。
目に入るもの触れるもの全てがアンティーク、何という贅沢なのでしょう ラヴ ハート
アンティーク好きの私にとっては、まさに夢の時間です(笑)。
(例によって例のごとく、紅茶が「ティーパック」であったとしても、この際許してあげますデス~)

イギリスでは(一般のご家庭はモチロン)レストランでもティーパックを使用しているトコロが多いのです。


さて・・
教えたがりオジ様、Sさんの本日の講義(?)は「オークション」についてです。
以前、私がオークションに参加したことがない・・という話をしたところ、Sさんから一緒にオークションに行こう・・という嬉しいお誘いを何度か頂いているのですが、なかなか双方の都合が合わず実現していないのです。

Sさんの講義は、前日の下見会の注意点に始まってオークショナーに支払う手数料、果ては購入した家具の修理に至るまで・・、楽しい話は尽きません。


イギリス人に倣って紅茶にミルクとお砂糖をた~っぷり入れ・・をすすりながら、
アンティークに囲まれながらアンティークのハナシに耳を傾ける。
んー・・、 極楽 ですぅ~ にかー!




sIMG_9873.jpg

お店が終わった後、Sさんと遅い午後の紅茶をしました。


sIMG_9926.jpg

ショップ内のキッチンで、お茶の後片付けをするSさん。

コメントを残す

現在いただいたコメントの表示(公開)はしておりませんが、全てしっかりとありがたく読ませていただいております。 宜しかったら、ひとことお願いいたします。






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blog.victoriancat.net/tb.php/120-4ad7efd9
該当の記事は見つかりませんでした。