イギリスでインプラント治療(4本目)

シクシク・・
ほっぺが痛いですぅ~

インプラントの治療の為、腕の良いお医者さまが集まるという”ハーリーストリート”にある専門の歯医者さんに行ってきました。

ムカシはもし歯を無くしてしまたったら、入歯かブリッジくらいしか選択肢がありませんでしたが、本当にヨイ時代になりました。
ちなみに私の初めてのインプラントは25年くらい前、まだ20代の頃でした(遠い目・・)。
子供時代からあまり歯が丈夫ではない私は、1/4以上がすでにインプラントなのです・・


sP1000041_1_201704120757054b7.jpg

▲外壁にハーリーストリートと書いてあるので、ここを曲がります♪


sP1000043.jpg

▲看板はないので、チャイムを押して開けてもらいます。


sP1000045.jpg

▲待合室でコーヒーを飲みながら、まったりと待ちます。
なんだかちょっとエステサロンみたいな感じです(笑)。


さてさてインプラントですが・・
最近は大分メジャーになってきたのでご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと歯がない部分に歯を作る治療です。

原理はとてもシンプル。
まず歯茎(骨)に穴を開けてそこに人工の歯の根を埋めます。
3か月くらいしてその人工のへの根と自分の骨がくっついたら、人工の歯の根の上に白い人工の歯を取り付けるだけ。

見た目も使い心地の自分の歯そのものなのですが、本物の歯のようなゆるみというか遊びみたいなものはないので、例えば食器やカトラリーがインプラントの歯に当たるとゴツンと歯の骨に響くような鈍い衝撃を感じます。
でも普段はインプラントがどの歯だったか忘れてしまうくらい馴染んでますが・・。

私は今回(自分の骨が少し足りなかったので)人工骨を入れる為に大きく歯茎を切っているので、ほっぺが破壊的に腫れています。
元々丸い顔ですが、今は顔の半分がラグビーボールみたいな形です。
大きさは当社比で130%くらいでしょうか?


sP1000036.jpg

▲このお店のケーキは日本のケーキっぽくて、時々めっちゃ食べたくなるのです~
お店の名前は 「BAKE&CAKE」 。
ヒルトンホテルのすぐそばなので、お近くに行かれた際にはぜひ♡


なぜかこちらでは抜糸までの2週間は乳製品が禁止なので、歯医者さんに行く前にお気に入りのケーキ屋さんでクリームたっぷりの苺ショートモドキをしっかりいただいてから手術に臨みました。

・・でも困りました。
さっき食べたばかりだというのに、また食べたくなってしまいました☆
(舌先がクリームを欲していますぅー)


あ、ヨイ考えが浮かびました!
持ち帰りで買って、2週間冷凍庫で休んでいてもらうというのはどうでしょう??

2017.04.08 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

お花見に向かないイギリスの桜

今年は満開になるのでしょうか??

日本の桜は一気に咲いて一気に散って、その後葉っぱが出てきます。
一方イギリスの桜は咲き方に勢いがないというか・・、の~んびりと咲きつつ少しづつつ散っていくせいで、満開にならずに葉っぱが出てきてしまうことが多いのです。
これは桜の種類が違うのではなく、1年を通して冷涼で寒暖の差のない気候のせいだと思います。

モチロン運よくピンク一色の満開になることもないわけではありませんが、その時次第♪運次第♪なってみないとわからないので、お花見の予定は立てられません (;^_^A

ところで・・
日本でお花見の予定を立てる時にお世話になるものといえば気象庁の開花予想ですが、そこには地域ごとの開花予想日と 満開予想日 が記されています。
もしイギリスで同じようなものを作るとしたら、地域ごとの開花予想日と 満開になるか予想 になると思います(笑)。



P1000111.jpg

イギリスでよく見かける桜の咲き方。満開にならずに葉っぱが出てきてしまいました。


P1000140.jpg

我が家の庭の桜の木。
ビミョーに葉っぱが出てきているような・・
今年は満開は諦めて、今お花見をしてしまうべきでしょうか??


2017.04.14 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イースターは春分の日の後の最初の満月の次の日曜日

きっと夢にも思わなかったでしょうねぇ・・(しみじみ・・)。

今日は今年のイースターです。
今年の・・という枕詞(?)を付けたのは、イースターの日にちは毎年違うから。

ちなみにいつがイースターなのかというと・・
春分の日の後の最初の満月の次の日曜日
ゆっくり順を追って理解していかないとさっぱりわかりません(笑)。

ここ数年は日本での認知度も上がってきましたが、イースターはざっくり言うとキリストの復活をお祝いする行事です(弟子のユダに裏切られて十字架にかけられ殺されたものの3日後によみがえった・・というアレです)

先ほど1枚のポストカードをヴィクトリアンキャット アンティークスのホームページに掲載しました。
1917年の4月5日に投函されたポストカードで、その年のイースターを祝う為に送られたものです。

カードには卵とうさぎが描かれているのですが、生命そのものである卵は復活を意味し多産のうさぎは命の力強さと豊穣を表しているのだとか・・

それにしても・・
送った方も送られた方もまさか自分たちのイースターカードが100年後、見ず知らずの方々の目に触れることになろうとは夢にも思わなかったに違いありません (;^_^A


P1000166.jpg

P1000165.jpg

2017.04.16 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

イギリスも春です

んー春ですね~

イギリスも日中は大分暖かくなり、週末はお庭でご飯やお茶をいただく機会が増えました。
(夜は暖炉を焚くほど冷える日もありますが・・)

ところで・・
私はいつも午後3時から4時くらいの間にお茶の時間を取るのですが、その時にもし晴れていたらとりあえず犬ムスメ(モモ)を連れてお庭に出ることにしています。
(モモも私も日光に当たって健康増進です♪)

今日はぽかぽか陽気だったのでお庭でお茶にしようと戸を開けたところ、猫専用の出入り口からすでにお出かけをしていた猫ムスメがお庭で元気に遊んでいました。

下の写真で彼女が乗っているのは鉄製の大きなバケツで、鉄で作られているところと形状から多分ヴィクトリア時代の家畜用の水飲みバケツだと思うのですが、詳細は不明です (;^_^A


P1000443.jpg


何しろ築500年以上の古ーーーい家なので、敷地のあちこちに何十年も何百年も置かれたまま勝手にアンティークになってしまったモノが色々あります。
(そもそも家自体がアンティークですね(笑))
年代が特定できるモノもありますが、いつからあるのか何に使うのかサッパリわからないモノも・・。

実は去年、庭に池を作ろうと穴を掘り始めたところ、ヴィクトリア時代のシャンパンボトルや薬瓶、拳銃、靴など、普通にアンティークショップで売られているようなアイテムがザクザク出てきて、ついヴィクトリアンキャットに掲載してしまいそうになりました(冗談です)。


P1000438.jpg


実はこの鉄バケツ、猫ムスメの水飲み場になっています。
水面が低いので後ろ足で踏ん張って身を乗り出して水を飲んでいるのですが、どうして私が用意した普通のお水を飲まないで大変な思いをしてココから飲むのかは超絶謎です。
もしかしたらこっちの方が美味しいのでしょうか??

お庭に出すとモモは勝手にお散歩に出かけるので(庭が2,500坪程あり結構広いので・・)、私はお庭のテーブルか温室で彼女が歩き飽きて戻ってくるまで待って、大体私の飲み物が無くなる頃に戻って来るので(30分~1時間)、一緒にお家に入ります。

さぁ、モモも戻ってきたし、お夕飯の前までに残りのパソコン仕事を片付けてしまいましょ♡


P1000396.jpg

クルミの木の前のテーブル。

P1000353.jpg

塀の上で何かを狙っている猫ムスメ。


2017.04.27 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


03 ≪ 2017/0405
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png