憧れの英国カントリーハウスに暮らして・・

憧れのカントリーハウス暮らしを始めて早2ヵ月半。
イロイロなことがありました(遠い目・・)。

温度設定もタイマーもない使い方が超ミステリーなアーガオーブンと仲良くなる為、アーガが主催するクッキングクラスに参加したり、人生で初めて♪チムチムニ~チムチムニ~♪の煙突掃除の人に来てもらったり、(念の為)井戸水の消毒をお願いしたり・・。

次のプロジェクト(野望?)は、表庭にある小さな建物を改装してゲストハウスにすること、そして裏庭に池と小川を作ること
前のお家から持ってきたガゼボを池に浮かべる形で設置したいのですぅ~(うっとり~)。

あ、その前に図書室を作らなくては!
(ダンボール40箱分の私の愛蔵書数千冊が、ガレージに放置されたままなのですぅ・・)
なぜかこの家には4台分のガレージがあるので(我が家には車は2台しかありません)、そのうちの一棟を改装してライブラリーにしちゃいます♪
日常から離れ(母屋から離れているので、片付いていないキッチンもお部屋も見えません!)図書館気分で読書が楽しめるなんて、想像しただけで幸せ~。

夢(野望?)はどんどん広がります(笑)。


sP1170017.jpg
裏庭から見たところ

sP1170015.jpg
ダイニング

sP1170022_20131028060839933.jpg
キッチン

sP1170006.jpg
2階のバスルーム
200年ほど前に火事に合い、建物の一部を消失したそうです(バスルームあるスペースは火事の後に増築されたと思われます)。
バスルームの柱に焦げ跡が残っているらしいのですが・・。

sP1170008.jpg
オットの書斎&寝室

sP1170005.jpg
私の寝室(以前使っていたウォーターベッドは重すぎて(多分1トンくらい)古い家では危険なので、現在お気に入りを探している最中なのです~。

sP1170004.jpg
私の寝室用のベッドが見つかるまで、3階のシングルベッドで寝ています(笑)。
このベッドはヴィクトリア時代のもので真鍮製。可愛いのでお気に入り♪

sP1170021.jpg
表庭
手前の大きな木はくるみの木で、その後ろに小さな果樹園とグリーンハウスがあります。


肝心(?)なことを忘れていました~。
このブログは“カントリーサイド ヴィクトリアンコテージ便り”というタイトルだったのですが、お引越しをしてヴィクトリアン(ヴィクトリア時代の)コテージではなくなってしまった為、タイトルを変えました(笑)。
※ヴィクトリア時代は1837年から1901年まで

ちなみにこのお家は一番古い部分が15世紀頃で(その後何度も増改築が加えられたようです)、中世の船を解体して作られたと隣のお屋敷(ホール)に住むP夫妻に聞きました。
元々このお家はP一族の所有で、1700年代に現在のお屋敷(とても美しいジョージアン様式のホールです)を建てる前はここが母屋だったそうです。
その後1970年代に彼らのお父様が税金対策の為に売却し、回りまわって(?)私たちのお家になりました~。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2013.10.28 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

グッ!と地球便(読売テレビ)で当店が紹介されます!

嬉し恥ずかし、ワクワクドキドキですぅ~。

実は当店(ヴィクトリアンキャットアンティーク)が日本のテレビ番組“グッ!と地球便”に取り上げていただくことになりました。
放送は11月3日(日)の午前10時25分から、読売テレビです。
(撮影は9月12日~15日でした)

唐突ですが・・
当店の商品仕入れルートは大きく分けて3つあります。
まずもっともスタンダードな“同業者(アンティークディーラー)から入手する”という方法、次にコンディションの良いアンティークが手に入る可能性が高い“お屋敷のハウスクリアランスで譲り受ける(持ち主が亡くなった場合や大規模な改築等の理由による)”、そして日本の方にあまり馴染のない“オークションハウスで落札する”という方法。

今回のテレビプログラムでは、オークションハウスでの下見や実際に落札をしている様子、オークション終了後に落札した品物を車に積み運んでいる様子等、オークションを中心に“アンティークディーラー”というお仕事にスポットを当てて紹介してくださるそうです。

ところで・・
私はお家の一部(2部屋/60㎡くらい)をお仕事に使って、商品の撮影や発送、ポーリッシュ、ウェブページの作成等をしているのですが、その様子も一部映っているようです。
(ただ引っ越の2週間後ということで、片付いていない部分も映っているかもですが・・)

そして!そして!!そして!!!
私の大好きな“ヴィクトリアタウン”も今回紹介していただけるのだそうです。
(毎年欠かさず年間パスを購入する、私のお気に入りの場所のひとつです

sグロッサリーショップ②
《グロッサリーストア》当時の服装に身を包んだ販売スタッフ。

ヴィクトリアタウンはヴィクトリア時代の銀行や商店、病院、学校、パブ、カフェ、写真館、遊園地など、様々な建物を移築してひとつの街を作ったという野外博物館で、街の中にあるパン屋さんで当時の製法で作った焼きたてパンを買ったり、パブでエールを飲んだり、英国名物のフィッシュ&チップス(モチロン揚げたて!)を食べたり、郵便局から手紙を出したりできます。
写真館でヴィクトリア時代の衣装を身に付け、記念写真を撮るのも一興です(笑)。

2頭立ての馬車が街中を走り、スタッフ(ディズニーランド風にいうと“キャスト”ですね)は全員ヴィクトリア時代の衣装に身を包んでお店や各々の家で出迎えてくれるので、思いっきりヴィクトリアンな気分を満喫できますよ~。

sR0037366.jpg
医者の家のリビングで寛ぐ(寛ぐ演技中の?)キャストたち。
まるで映画のシーンのようです♪

もしイギリスにいらっしゃる機会があったら(コッツウォルズや湖水地方だけではなく!)ミッドランドのヴィクトリアタウン、そして世界最古の鉄の橋で世界遺産でもあるアイアンブリッジを訪ねていただけたら嬉しいです♪

こちらが番組の予告編
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/index.html
※地域によって放送日が異なる場合があるようです

私の新しいお家はこんな感じです。
最も古い部分は15世紀らしいので(その後増改築を重ねる)、
決して“新しい”家ではないですね(笑)。
http://victoriancat.blog109.fc2.com/blog-entry-398.html

ヴィクトリアンタウンはこんなところです。
http://victoriancat.blog109.fc2.com/blog-entry-14.html


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2013.10.30 | コメント | トラックバック | お仕事 紹介されたメディア等

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


09 ≪ 2013/1011
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png