FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
イギリスの行事やイベント

マッチ・ウェンロックのクリスマス・フェア

(冬だけど・・)夏草や~ 兵どもが夢の跡~

あの光景は夢・・、やはり夢だったのでしょうか??
ここマッチ・ウェンロックは先週の混雑がウソのような静けさです。
いえ、この閑散としている方が普通の状態なのですが・・

P1090340.jpg
竹下通り状態

R0032609.jpg
普通の状態

マッチ・ウェンロックは小さな街ですが、パン屋さんやお肉屋さん、薬屋さん、本屋さん、荒物屋さんなど等、一通りのお店があるのと、我が家から一番近い街ということもあり、時々買い物に出かけます。
とても可愛い街なのですが、観光客を見かけるのは非常に稀です。
(籐の買い物籠をぶら下げた地元のおばあちゃんらしい方々はよく見ますが・・)

この街にも大勢の観光客が訪れるなどということがあるのですねぇ・・(しみじみ・・)。
たくさんの人でごった返していたあの日は、どうやら街をあげての(?)クリスマス・フェアの日だったようです。
私はそうとは知らずにただお肉を買いに行っただけなのですが、竹下通りにワープ(←もしかしてもう死語デスカ?)してしまったのかと思いました。
竹下通りも金髪の方、多いですし・・(笑)。

それにしても・・
クリスマスパワー、恐るべし!ですぅ~。


P1090354.jpg
街の図書館の前で歌を歌う聖歌隊の皆さん♪

P1090398.jpg
手作りケーキも売っていました~。


イギリスの行事やイベント

イギリスでクリスマスツリーの習慣がはじまったのは・・

P1100093.jpg
今年はくまちゃんツリーです~

コーヒーにクリープが欠かせないように、クリスマスにクリスマスツリーを飾る習慣が始まったのはイギリスではヴィクトリア時代のこと。
きっかけを作ったのはヴィクトリア女王のダンナさま、アルバート公でした。

実はクリスマスツリーもアルバート公もドイツ生まれ。
ズバリ!(←死語かもです~)クリスマスツリーの習慣は結婚と同時にアルバート公が王室 に持ち込んだもので、その様子が当時の新聞にイラスト入りで紹介されたことがきっかけで一般市民にまで広がり現在に至る!なのです~。

ところで・・
ワタクシもつい最近まで存じなかったのですが、よくツリーにぶら下がっている球状の飾りはアダムとイブが食べたという善悪を知る木の実(リンゴ)を表しているのだそうです。
罪を悔いる為なのか、ハタマタもっと賢くなる為なのかは、キリスト教徒でないワタクシにはわかりませんが、あのタマタマはただのデコレーションではなかったのですね~。

・・というわけで
クリスマスにいただくお酒はイギリス名産(?)サイダー(リンゴで作った発泡性のお酒)に決定!
もしかしてワタクシ、賢くなってしまうかもですぅ~。


P1100103.jpg
知恵の実♪

P1100176.jpg
それぞれ原料のリンゴの種類が違うサイダー2種にリンゴのチャッツネとリンゴ木でスモークしたチーズなど等♪(仲の良いお友達にいただいたのです~)

P1100096.jpg

P1100099.jpg

P1100101.jpg

P1100113.jpg

P1100066.jpg
クリスマスイヴはハウス(?)シャンパン

イギリスの行事やイベント

クリスマスディナー

美味しいですぅ~。

毎年この時期、お友達のHちゃんがクリスマスディーナーに招待してくれます(本当にどうもありがとうございますです~)。
メインデッシュは、クリスマスの大定番ローストターキーのクランベリーソース添え
お肉と甘~いソースのコンビネーションがたまりません!

そう・・
コーヒーにブライトがマストなように(←このCM、まだ放送しているのでしょうか??)、ローストターキーにクランベリーソース、ポークにアップルソース、ラムにはミントソースが欠かせないのですぅ~。
文字にするとなんとも気持ち悪そうですが、これが病み付きになる美味しさなのですぅぅぅっ!

そういえば・・
オトートはイギリスでミントソースにハマリ、瓶詰めをたくさん買って帰りました。
・・が、
日本の(普通の)スーパーでラム肉は売っていなかったようで、彼はクマや蛇・カエル等のキワモノ(?)肉を専門に扱うお肉屋さんにわざわざ(イソイソ?)買いに行っているそうです。

日本へのお土産にするなら、ミントソースは避けた方が無難かもです(笑)。



P1100235.jpg
ビクトリア時代に菓子職人のトム・スミスによって発案されたクリスマス・クラッカーはイギリスのクリスマスに(絶対!)欠かせないアイテム。

P1100243.jpg
クマのソルト&ペッパーがキュート♪

P1100245.jpg
付け合せのポテト。

P1100248.jpg
付け合せの茹で野菜。

P1100253.jpg
自分で盛り付けて完成です~。

P1100290.jpg
今年のHちゃん作のクリスマスケーキ。

P1100298.jpg
Hちゃんのケーキは本当にユニークなのです~。

P1100308.jpg
みんなでサンタさんを食べようと切り分けたところ。ちょっと怖いですぅ・・。


該当の記事は見つかりませんでした。