ラドローのフードフェスティバル~イギリス食い倒れの町~

P1080413.jpg

人、人、人・・
いったいどこからこんなに人が沸いてきたのでしょう?

イギリス屈指の食い倒れの町(?)として名高いラドロー・・のフードフェスティバルに行ってきました。
ラドローはたま~にお友達とレストランに行くくらいで、しかもたいていはレストランの駐車場に車を止めてしまうので街中を歩くことは滅多にないので気分は思いっきり旅行者です(笑)。

ところでラドローは小さな町にもかかわらず、なんと(!)ミシュランの星付きレストランが2件もあり、また町のあちこちには檄ウマから檄マズまで玉石混淆のレストランが点在し日夜しのぎを削りあっています。
※数年前にはミシュランの2つ星レストラン「ハイビスカス」(私の一番お気に入りのレストランです)もラドローにありました(遠い目・・)。
ハイビスカスは現在ロンドンにあります。

さてフードショーですが、とにかく町全体がすごい熱気で町全体が会場という感じです。
そしてラドローの町全体をフードショーの会場に仕立てているのが「トレール」という独自のシステム。
これは日本の「スタンプラリー」のようなもので、例えば「エールトレール」の場合、参加者は15箇所のパブの場所が記された地図とビアグラスを日本円で約1,000円で購入します。(他にソーセージトレールやブレッドトレール等があります)

参加者はその地図を頼りに店を探し指定されたエール(ビール)を飲んで10点満天で評価。
そして12箇所以上のパブでスタンプを押してもらうとめでたくプレゼント~自分が飲んだビールの中で一番評価が高かったビール~を(評価を書いた)用紙と引き換えに無料でもらえるのです。

P1080428.jpg
エールトレール(スタンプラリー)の用紙。パブの地図付きです~。

P1080418.jpg
マイカップ(笑)。

そういえば・・
町の中でもっとも人口密度が高かったのはラドロー城でした。
今から900年以上前に建てられた文化財級のお城の庭で地元で作られたチーズやお酒、お肉に野菜、ピザ釜にスコークマシーンetc.様々な食べ物そして食べ物に関する商品が所狭しと並び売られていました。

う~ん・・
本物のお城のハズなのに、偽者っぽく見えるのはナゼなのでしょう?!

P1080534.jpg
ラドロー城の庭。

P1080473.jpg
お肉屋さんの軒先。ウサギが怖いですぅ・・。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2011.09.12 | コメント | トラックバック | お勧めの観光地など

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


08 ≪ 2011/0910
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png