動物の魂も死後49日間は現世に留まって、それから天国へ・・

もう1カ月なのか、まだ1カ月なのか・・。

2010年6月7日、10年半一緒に暮らした猫ムスメのチョビが永眠しました。
5月に入ってちょっと元気がなかったのは夏バテだとばかり思っていました。
こんなに重病だったなんて・・。


夏バテ状態が続いたので心配になり、動物病院で血液検査をしたのですが原因不明(肝臓の値は良くないものの年のせいレベル)。
続けて音波検査を受けたのですが(肝臓がやや小さめながら)またしても原因は特定できず・・。
生検(組織検査)か薬かと獣医さんに聞かれ、弱っているチョビに麻酔は・・と薬の投与を選択。


ところが薬を与えても悪くなる一方で・・。
薬は10日分頂いていたのですが、5日目に再び病院に連れて行ったところ医意さんからまさかの安楽死の提案。
獣医さんいわく、
肝臓が触診でもわかるほど小さくなっていることと黄疸が出ていることから、これから臓器が一つずつ機能しなくなっていき(いわゆる多機能不全)死は避けられない状態ということだったのですが、どうしてもその場でチョビを安楽死をさせることはできずに逃げるように連れ帰ってきました。


家でオットと合流し、もう一度検査をしてもらうつもりで夕方また病院に連れて行ったのですが、チョビの具合は更に悪化してもはや自力ではバスケットから出ることもできない状態になっていて・・。
もはや選択の余地はありませんでした。
麻酔薬を規定の量より多く打たれたチョビは眠るように本当に眠るように逝きました。
自然に死を迎えるのを待つのは一見ピースフルだけれど動物にとっては残酷なこと・・という獣医さんの言葉に納得した筈なのにどうしようもなく後悔でいっぱいで・・。


その夜のことです。
チョビが好きだったオットの書斎に彼女を寝かせ、オットは机、私はオットのベッドに居たのですが、突然ドンッ!という大きな音がサイドテーブルの脚の辺りから聞こえ・・。
そこは生前チョビがよく頭をズリズリ(ゴンゴン?)していた場所。
(ジャム猫もモモ犬も私と一緒にオットのベッドに居たので、彼女たちの仕業ではありません)
チョビ?


翌日、埋葬する前にチョビの最後の姿を絵で残そうと(写真は悲しすぎて見れそうもないので・・)スケッチをしていたのですが、途中でどうにも辛くなり部屋を出たところ、突然ドンッ!バラバラバラ・・エサ入れが落ちエサが散らばる音が・・。
(モチロン部屋には誰もいませんでしたし、エサ入れも落ちるような置き方はしていません)
このエサ入れを落とすというのはチョビの悪い癖で、エサが気に入らない時やエサが入っていない時によくエサ入れを落とされたものです。
チョビ??


こんな不思議な出来事が重なり、少しずつ元気を取り戻しつつあるオットと私。
(まだ気落ちすることも多いですが・・)
きっと動物の魂も人間と同じように死後49日間は現世に留まって、それから天国に行くのでしょうね。


テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

2010.07.07 | コメント | トラックバック | 動物

キャットホーム~イギリスで猫の里親になるには・・~

お仕事のパートナーで友人のステファンが猫を飼うことになりそうです。

彼は前の猫を失ってから長いことひとり暮らしだったのですが、1カ月ほど前にフリーマーケットでつい猫用ドアとエサ入れ・トイレ砂を買ってしまい(猫を飼っていないのに!)、しばらくは「もしかした僕は猫を飼おうとしているのかな~」などとおどけていたのですが、先週とうとう首輪とキャットバスケットまで手に入れ・・。

・・・
トイレ砂etc.は猫を飼っているお友達にあげるつもりなのかと思っていました。
本気で猫を飼うおつもりだったのですね。


さてさて・・
今日はお仕事でアンティーク・オークションの下見会にお邪魔するので、その近くの「キャットホーム※」に寄ることにしました。
キャットホームは野良猫や飼い主の都合で飼えなくなった猫などを保護して里親探しをするボランティア団体で、イギリスには同様の団体が多数存在します。(犬バージョンの「ドッグホーム」もあります」)

・・!

てっきりこの日は見学だけなのかと思っていたら、彼の車にちゃっかりキャットバスケットが・・(笑)。
どうやら用意周到なステファン(B型に違いありませんデス!)はすでにこのキャットホームと連絡を取り、彼の住まいが猫を飼うのに適しているのかのチェックを受けていたのでした(都市部で庭がない場合は断られることも・・)。

彼が探しているのはフレンドリーな1歳くらいのな姉妹猫。
残念ながらこの日は希望するような猫ムスメたちに出会うことは出来ませんでしたが、ステファンは来週また別のキャットホームを訪ねるようなことを言っていたので、おそらく数週間のうちには長かったひとり暮らしに終止符を打ち、幸せでスリリング(!)な生活を始めることでしょう。

そう、猫との生活はスリリング(笑)。
特にアンティークの家具に囲まれて暮らしている場合は・・。
(彼らは家具で爪を研ぐのが大好きなのです~)


ステファンの家の家具たちが無事であることをココロよりお祈り申し上げます。



キャットホーム
キャットホームにて・・


sP1000058.jpg
キャットホームで生まれた仔猫たち


sR0030209.jpg
オークションの下見会


sP1000293.jpg
下見会が終わってから、ステファンのアンティークショップのお庭でティータイム


テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

2010.07.29 | コメント | トラックバック | 動物

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


06 ≪ 2010/0708
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png