赤(ピンク)白シャンパンで紅白歌合戦!?

んー・・、幸せですぅ~。

クリスマス前に届いた超大型本棚(幅:4mX高さ:2m20cm)の本の整理に終われ、クリスマスディナーがうっかりピザとコールスローサラダ、イギリス庶民の味方(?)サイダー(リンゴから作った発泡酒)になってしまった我が家、せめて大晦日くらいは少し贅沢を~・・とピンク色のシャンパンを開けました は-と


本当は紅白歌合戦を見ながら赤(ピンク)白2色のシャンパンを頂くつもり(笑)で冷やしてあったのですが、ワタクシの頭がグルグルしてしまいピンク1本でギブアップ・・ ???
(オットはもっと飲みたそうでしたが・・)


年のせい・・でしょうか??
最近、お酒が弱いです・・。

朝起きるとまずビール・・なムカシの生活がウソみたいです( ・・・ 遠い目・・)。
あの頃はビールを飲みながら朝食を作っていました。
お昼にワイン1~2本も日常茶飯事。
(アルコール依存症ではありません~)
ちょっと不経済なヤツでした(笑)。


お酒が弱くなった今、少量を味わって頂くようになりました。
お財布にも肝臓にも優しいこの飲み方、ヨイかもです~ にかー!



sR0010436.jpg

チーズナイフとピクルスフォークは1900年頃のものです。
取り皿も洋食器ブランド「ミントン」のアンティーク。
イギリスのアンティークは和食器との相性がバッチグー(←死語です~)なモノが多いです。


sR0010407.jpg

「モッツレラチーズとトマト」


sR0010409.jpg

「牛肉とブロッコリーのオイスター炒め」


sR0010411_20090105120603.jpg

「なんちゃって(←死語デスカ?)カフクエビ」
ハワイ名物、カフクエビです~。


sR0010415.jpg

「チーズ2種」
このマザーオブパールハンドルのチーズナイフ、お気に入りなのです は-と


sR0010417_20090105120711.jpg

「オリーブ」
ピクルスフォークもアンティークです。


sR0010427.jpg

イギリス人も大好き~!なオニオンフライ。
んまーっ!です。


この日のメインデッシュは肉食獣のワタクシ仕様(?)「肉だらけすき焼」でした~(笑)。


sR0010421.jpg
暖炉の前で眠りこけるモモ。
もぉ、可愛過ぎ!(←親バカです~)

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

2009.01.05 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

意味も無く~歩く彼らはイギリス人~

初めて見たら驚くかもです・・ ・・・汗

住宅街を歩く家族らしきグループ。
ベビーカーを押しているママの隣を小さな子供を両手につないだパパ。
楽しげにおしゃべりをしながらズンズンどこまでも歩いていきます。
たぶんお散歩なのでしょうが、ワンちゃんの姿はありません・・。


ひぇぇぇ~

家族総出で お散歩デスカ・・?

・・などと奇異の目で眺めたのは今はムカシ。


幼い子供を連れの若いパパママや老人カップル、時には一人で意味の無い道をただ歩いているイギリス人を頻繁に見かけるうちに、彼らにとってお散歩は読書やガーデニングと同じように趣味の一つ、もしくはライフワークなのだということに気が付いたワタクシです。

晴れの日はモチロン、雨が降っても雪が降っても、たとえ旅行先でだってお散歩を楽しむイギリス人。
ワンちゃんを飼ってなくてもノープロブレム!
彼らにとってお散歩はワンちゃんがいるから行くものではなく、まずお散歩に行きたい自分がいてたまたまワンちゃんを飼っていたからワンちゃんも連れて行くものなのです~。


コホン・・
お正月なのでここで一句。


意味も無く~
歩く彼らは
イギリス人。
家族総出で
今日もお散歩~。

五・七・五・七・七ですぅ にかー!




sR0010469.jpg

<2009年元旦>
いつものお散歩コースが寒さで凍って真っ白に・・。
雪ではないです~。


sR0010470.jpg

遊びに来てくれた友人ファミリーとお散歩です~。
友人(Hちゃん)ファミリーはモチロン全員イギリス人。
日本人の友人はこんな日にお散歩には絶対行きません(笑)。


sR0010476.jpg

Hちゃんの天使ちゃん、Z君。


sR0010478.jpg

パパと天使ちゃんたち。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.01.06 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

軟禁?!~イギリスは氷点下~

今日で連続1週間、お外に出かけていません・・。

いえ・・
正確には出かけない・・のではなく、出かけられないのです・・ ・・・汗
先週も委託商品(蓄音機用のレコード)を取りにウェールズまでお出かけの予定だったのですが・・、うー・・ん、いつになったら行けるのでしょう・・。


あまりの寒さに家の周りの道が凍ったままで、オットから 車での外出禁止令 ・・が出てしまいました。
もっとも禁止令が出ていなくてもワタクシの運転技術ではふもとの村まで無事にたどり着けるかどうか・・。


そんなわけでお買い物等のお外の用事はオットがやっています。
ありがたい事ですぅ~。

・・が、

オットのお買い物、かな~りビミョーです。
ワタクシの大好きなトリュフ5箱はヨイとして(笑)、
ブロッコリー8個、白菜4個、きのこ8パック ・・だけ デスカ?
(冷蔵庫の野菜室に収まりません・・)

・・でしょうか?
ブロッコリーはサラダ??


ひぃー・・・ん
ブロッコリー、食べても食べても減りませんですぅ ???絵文字名を入力してください

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.01.11 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスで日本の浮世絵~小林清親~

いったいナゼナゼ?どんな経緯でイギリスに??

先日友人に見せられた1枚の浮世絵の写真。
友人の友人がその浮世絵の持ち主なのですが、作者が知りたいのだとか・・。
いえ・・
浮世絵の中には作者名も日付も、おまけに出版社名まで入っているのです。
(なんと!今から約130年前に製作された小林清親の「御三家年賀登城図」でした~)

・・が、

友人も友人の友人も読めません。
なぜってそれは彼らがイギリス人 イギリス だから~(笑)。


sR0010737.jpg


お客様にお送りする前の最後のお色直し(?)をながら、いつかこのコたちも日本の誰かを「いったいナゼナゼ?どんな経緯で・・」と驚愕させる日がくるのカモカモ~などと考えてたら思わずニンマリ(笑)。
未来に悪戯を仕掛けた子供の気分です~ もくろみ

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2009.01.17 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

2009年ファニチャーショー in イギリス(バーミンガム)

ジャパニーズ・ビジネスマン、恐るべし!です !絵文字名を入力してください

パイン家具の受注のお仕事でお世話になっている会社の方が日本からいらっしゃいました。
バーミンガムで開かれるファニチャーショーをご覧になる為、です。


5泊でヨーロッパ出張・・デスカ?
それって時差ボケのままイギリスで仕事をこなし、時差ボケが治る間もなく日本に戻られる・・ということですよねぇ・・?

しかも!日本に到着した日に大切なお仕事が入ってらっしゃるということで、そのまま出社されるのだとか・・。
アンビリバボー、すご過ぎです・・ ・・・汗
それともコレって日本ではフツー・・なのでしょうか?


「(日本に戻ってから)お休みが取れてたら良かったですね」
「いえ、この出張自体が休みたいなもんですから・・」
「・・・・・。」


あの~
ワタクシが知る限り、ご自身の時間などほとんどなかったように思うのですが・・
カレ、普段どんだけ働いているというのでしょう?


♪黄色と黒は勇気の印
24時間働けますか?
ビジネスマ~ン ビジネスマ~ン 
ジャパニ~ズ ビジネスマ~ン♪



sR0010766.jpg

やってきました、ファニチャーショー!


sR0010764.jpg

展示されていた椅子イロイロ。


sR0010781.jpg

お仕事先の方がいらっしゃった時にご紹介しているお気に入りのB&B。
ポタリーショップの2階にあります。
今回は暖炉の付いたお部屋が取れました~ は-と


sR0010777.jpg
ポタリーショップのオーナー、Mさん。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.01.23 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

マイ ドールハウス、初公開~!

ssR0010828.jpg

マイ ドールハウス、初公開です~。

ドールハウスはクリスマスプレゼントとして贈ることが多い・・とイギリス人の友人に聞き、クリスマスに自分で自分にプレゼントしちゃいました にかー!
その年でドールハウス?・・なんて笑わないでくださいね。
ワタクシ、ココロ(だけ)は永遠の少女なのです は-と


さて、このドールハウスが作られたのは1930年頃。
ワタクシが生まれるずー・・っと前。
そのムカシ、イギリスでは祖父母が孫娘にドールハウスをプレゼントする習慣があったそうなのですが、これも孫娘に贈られたものなのでしょうか?


うっとり~

このドールハウスを贈られた女の子の気持ち、容易に想像がつきます(笑)。
本当に隅々まで良く出来ています。
例えばやや傾いているシンク脇の水切り台。
実はこれはワザとなのです。
もし古い家のシンクを見たことがなかったら、うっかり斜めに付けてしまった・・と思ったでしょう。


これはワタクシの愛する観光地のひとつ、ビクトリアンタウン~ビクトリア時代の街並みをそっくり移築した野外博物館~の中にある民家のシンクに瓜二つ。
斜めの台に洗った野菜やお皿を乗せておくと水が自然に切れるグッドな仕組みなのです~。


壊れた箇所を直したり、自分好みの家具や小物を加えたり・・、やりたいことが尽きません。
しかも何かやり始めると(ドールハウスの前から)動けなくなってしまうのです。
気分はまさに少女!(笑)

そう、気分は・・ ・・・汗


♪もしも~もしも~出来る~ことでしたれば~
見た目も少女の頃に戻して頂戴マセマセ~♪

    ・・な~んて歌ったら年バレちゃいますね(笑)。


さだまさしさんの「雨宿り」めっちゃ好きでした~(遠い目・・)。



ssR0010794.jpg

《キッチン》


ssR0010806.jpg

《階段》
玄関ホールを見下ろしたところ。


ssR0010810.jpg

《バスルーム》

テーマ:★★ドールハウス・ミニチュア★★ - ジャンル:趣味・実用

2009.01.27 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

イギリスの病院に入院して紅茶漬け~

オットが癒着性虫垂炎(正式名称不明)の手術で4日ほど入院しました。
イギリスで入院するのはこれで(たぶん)4回目。
そこで一句です~ にかー!


病室で~ お飲み物はと 尋ねられ~
面食らったは いつの日か~

五・七・五・七・七です(笑)。


皆さんもご存知のように、イギリス人は無類の紅茶好き。
家ではモチロン、職場にもマイカップを持ち込んで1日何回もお茶を飲みます。
傍目には「仕事の合間にお茶を飲んでいる」のではなく、「お茶の合間に仕事をしている」・・、そんな印象です(笑)。
とにかく紅茶がなくては昼も夜も明けない国民、それがイギリス人。


なんと!
そんな紅茶ラブ は-と な彼らの為に、病院にも(食事の時間とは別に)お茶の時間があります。
毎日決まった時間になると、機内のお飲み物サービスのような「お飲み物トロリー」を押したおねーさんが注文を取りながら各病室を回るのです~。


「飲み物はいかがですか?」
「あ、紅茶を下さい」」
「お砂糖とミルクはどうなさいます?」
「お砂糖を2杯、ミルクはいりません」


オット、当たり前のように答えていましたが、よく考えると(考えなくても?)不思議です。
ここは病院、機内ではありません・・ ・・・汗
ちなみに朝食前・昼食前・午後そして寝る前・・の合計4回、お飲み物トロリーはやってくるそう。
コレって機内のお飲み物サービスより回数が多いかもです(笑)。


それにしても・・
ミルクたっぷり(たぶんお砂糖もたっぷり!)の紅茶をすする彼らのなんとまぁ幸せそうなこと!
紅茶の消費量は年々減っていると言われていますが、多くのイギリス人にとって紅茶は空気や水と同じく生活になくてはならないモノなのですね(しみじみ・・)。


紅茶飲む~ 彼らの権利(?) 守る為~
今日も行く行く~ お茶トロリー

字余り(笑)。



sR0010791.jpg

《お茶トロリー》

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.01.31 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


12 ≪ 2009/0102
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png