ウエディングパーティのドレスコ-ド in イギリス

ウェディングパーティーにお呼ばれです(ワクワク!ドキドキ!)。

でもでも・・
よそ行きのお洋服で出かけるパーティーは去年のクリスマス以来なので、何を着ていったらヨイのかめっちゃ迷いますぅ~。


以前イギリス人のお友達の結婚式に出席した時は教会のお式から参加してそのまま着席式の披露宴に突入~!だったのでドレスコードはいわずもかな・・だったのですが、今回は結婚式無しのウェディングパーティー。
オットが出張中ということもあり、立食式なのか席があるのかさえ さっぱり わかりません。

考えてもどうにもわからないので、一緒にパーティにお呼ばれしている友人に電話で聞いてみることに・・


んー・・
ポッシュなレストランに行く時に着る服を気持ちグレードアップした感じ?

何だかわかったようなわからないような・・、ビミョーな答えです(笑)。


結局、胸元が大きめに開いているシャツにパンツで行くことに・・。
(ふむふむ・・)
ロングドレスだったのは新婦さんだけで、女性はフツーにワンピースを着ている方が多かったので浮かず沈まずヨイ感じ(笑)。
花嫁さんは元モデルさんということもあってスラリと高い身長にロングドレスが良くお似合いです。

・・が、

花婿さんはまるで近所にお買い物に行くようなカジュアルなシャツにスラックス姿。
そこにいる 誰よりもラフな 格好です。


もっともある意味、 誰よりも目立って いたので、主役の装いとしては正解なのかもですが・・(笑)。


sR0014708.jpg
ダンスタイムです~。
イギリスのパーティーには99.9%の確率でダンスタイムなるものがあります。
大抵アバ等の音楽がガンガンにかかりディスコタイムになるのですが、なぜかこの日はスコットランド民謡に合わせて踊るという趣向。
生バンドや(踊りの)インストラクターさんも呼ばれていました。

ところで・・
パーティーは「ビレッジホール」で行われたのですが、これは日本でいうなら「公民館」・・でしょうか?
どんな小さな村にも(たぶん)必ずある公共の施設です。
村の催し物、例えばフリーマーケットのようなことも行われ、ローカルのパブなどと同じくそこに住む住民にとって無くてはならない大切な場所です。

素朴で温かな手作りパーティ、良かったですぅ~(しみじみ・・)。


sR0014721.jpg
このお二人が本日の主役。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.10.01 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

ただいまイラスト製作中~

ひーん・・

ネットショップで使うイラストを描いているのですが、全然進まないですぅ・・
いつからこんなにイラストを描くのが遅くなったのでしょう?
いくらイラストを描くのが十数年ぶりとはいえ、一日ががりで下書きどころかラフスケッチのみとは・・、アンビリバポーな遅さです・・。


ムカシお仕事で毎日50~100件のイラストを描いていたワタクシは、

本当の本当にワタクシだったのでしょうか? ・・・汗


あれはもう20年以上も前、電電公社が民営化されNTTになった時のことです(遠い目・・)。
(お若い方は電電公社をご存じないかもです~)
NTT(東〇総支社)で民営化を記念して何か店頭で販売する商品を作りたい・・と考えているらしいと小耳にはさんだワタクシは、なんと(!)ムボーにも自作の企画書と商品見本を持ってNTTの企画室(何か名前があったような気もしますが、あまりにムカシ過ぎで名前失念・・)のドアを叩きました。
当時美術系の大学に通っていたので、授業の課題のような軽いノリでした。


それにしても・・
年が倍近く違うオジ様たちの前で意気揚々とプレゼンをする大胆不敵な小娘。
今考えると恥ずかし過ぎです・・。


勢いを買って頂いたのかハタマタ勢いに負けたのかは定かではありませんが、無事ワタクシの企画は採用され、この時のお仕事が縁で電話帳の企画ページや広告デザインなどNTT関係のお仕事をやらせて頂くようになり・・、あの当時多い日には一日100件近いイラストを描いていた ハズ なのですが・・。


う~ん・・
あの頃のワタクシやっぱりワタクシじゃないかもです

NTTの企画室に乗り込むなんて今のワタクシには絶対に出来ませんし、イラスト100枚なんてヨユーで半年かかります(笑)。



sR0014851.jpg
ラフに一日って・・ 汗
しかもデッサンが狂っているし・・。
狂っているのはわかっても直せないのが悲しいですぅ・・(くすん・・)。
イラストの椅子は我が家のキッチンにあるもので、ビクトリア時代に作られたアンティーク。


sR0014844.jpg
モデルその① チョビ嬢


sR0014840.jpg
モデルその② くまさん


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.10.02 | コメント | トラックバック | お仕事 その他

イギリス人と紅茶 ~ボナムスのオークション in マナーハウス~

あのウワサは本当でした。

友人のアンティークディーラーSさんと一緒にイギリス最大のオークションハウスのひとつBonhams(ボナムス)のオークションの下見会に行ってきました。


午後12時、待ち合わせ時間に約束の場所に行ったのですが、Sさんの姿が見えません。
・・ふっと、ボナムスが臨時で開いているティールームのオープンエア席に目をやると・・
掌をヒラヒラさせているSさんが・・(笑)。

ワタクシが席に着くと挨拶もそこそこにSさんは「お茶、どう?」
閉館時間まであと4時間・・、お茶を頂いている場合じゃないような気が・・。
でも結局、Sさんお笑顔につられて紅茶をご馳走になりましたが・・。


さてさて・・
紅茶も飲み終わり、いよいよトレジャーハントの始まり!です。
・・と申しましても、本日オークションが行われるわけではありません。
あくまで今日は下見会。

カタログを見て興味を引かれた商品を、実際の目で見て触って、時にはサイズを測って・・、購入に(入札に)値する商品なのかどうかを入念に調べる日なのです~。
オークション当日は商品を見ることは出来ないので(オークションは庭に設置された大型テントで行われます)、充分な事前チェックはMUST!です。


キョロキョロ・・


ソファーやベッド、ワードローブなど思いつく限りの全ての家具、本、グラス、食器・、カトラリーetc.・・、壁の絵に至るまで目に付く全てにオークション用のNo.が付いていす。
無かったのは洋服や靴、宝石など身に着けるものくらい。
Sさんにお聞きしたところ、どうやらこのお屋敷の女主人はオーストラリア在住の男性と結婚しすでにオーストラリアに住んでいるとのこと。


う~ん・・
信じられない潔さです ・・・汗
もっとも彼女の前職はアンティークディーラーなので売り物(在庫)も混ざっているかもですが・・。


それにしてもヨイのでしょうか?
こんなに何もかも処分してしまって・・。
・・と思っていたら、
たしかに彼女も大金持ちですが、彼女の結婚相手は彼女の何倍も資産のある方なのだそうです。
(あるところにはあるのもです~)


突然Sさん、

あ・・豆電球
そろそろお茶の時間だよね。
行こうか?


な・・、なんですとーっ! 


・・が、
あまりに当然のようにおっしゃるものだから、つい行ってしまいました・・。
え・・っと、30分お茶をしたとして・・、今3時だから4時まで30分・・。
無意識にこんな計算をしてしまうのは、ワタクシがせっかちなのでしょうか?


ティールームは紅茶を飲みながらおしゃべりを楽しむイギリス人で満員御礼状態です。
このヨユーはいったいドコから?
日本人ならこんな時、時間ギリギリまで商品チェックに余念がないハズ(笑)。
なのに彼らときたら・・。


イギリス人はお茶の合間に仕事をしている・・というウワサは本当かもです。
まるでお茶を飲むのが仕事でその合間に他のことをやっているような感じです。
(念の為にティールームで閉館時間について訪ねたところ、今日は5時ですと言われちょっとホッとしたワタクシです)


???
全ての商品を見終わる頃、Sさんがミョーにそわそわしだしました。
時刻は4時40分。

急がなきゃ・・、・・とSさん。


ご察し通り本日3回目のティータイムでした(笑)。
5時にお店が閉まってしまうので急いでいたのです。


断言しますデス!
彼らは仕事の合間にお茶を飲むのではありません。
お茶の時間の合間に働いているのです~。



sR0014656.jpg

《オークションのカタログ £20(約4000円)》
カタログであると同時に入場券の役割も・・。(1冊で2人まで入場可)


sR0014740.jpg

立派なお屋敷です~。


sR0014762.jpg

車もオークションにかけるようです。


sR0014747.jpg

まずは紅茶を一杯アップロードファイル

お庭にテントが張られ、ボナムスが臨時のティールームを開いていました。
まずは紅茶を一杯・・。
写真の女性はSさんの知り合いのアンティークディーラーさん。
お隣の男性は彼女のお友達。


sR0014769.jpg

《ダイニングルーム》
いくつかあるダイニングルームの一つ。


sR0014783.jpg

《ウェッジウッドルーム》・・という名前のお部屋。


sR0014789.jpg

本日2杯目の紅茶アップロードファイル
午後3時のティータイムです は-と


sR0014793.jpg

《ライブラリー》
実は今回のオークションのSさんのお目当てはライブラリーのアンティークブックだったのですが、あまり状態が良くなくてガッカリしていました。


sR0014802.jpg

《ベッドルーム》
モチロンこの部屋のベッドも階段式のオマルもオークションに・・。
オマル(ポータブルトイレ)はビクトリア時代のもので2段目の階段を引き出して用を足すのですが、引き出せないようになっていました~(笑)。


sR0014806.jpg

《メインダイニングルーム》
向こう端がかすむくらい(?)巨大なダイニングテーブルでした。


sR0014828.jpg

本日3杯目紅茶アップロードファイル(笑)。


sR0014820.jpg

入札を迷っているアフタヌーンティー用のケトル。(ランプをセットして使用)


大きなお写真やその他のオークション写真をご覧になりたい方は、
イギリス写真館 の「ボナムスのオークションをご覧下さい。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.10.03 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

日本でイギリスのパブに住んでみませんか?

sP1110482_20081010103323.jpg

イギリス は-と ラブのみなさ~ん!

どなたか日本で イギリスのパブ にお住みになりたい方はいらっしゃいませんか~??


現在ワタクシ、
日本で所有しているマンションの売却を考え中・・。
お写真をご覧頂ければわかるように、思いっきり イングリッシュパブ~な内装です。
地味な部分も何気に イギリス イングリッシュだったりします(誰も気づかないかもですが・・)。


例えば・・
イギリスの家ではそう珍しくはありませんが、実はこのウチ、家の中の全てのお部屋に(お部屋の中からだけでなく)外からも鍵を掛けられます。

しか~も!(ここが地味~なこだわりです(笑) 矢印 下
ガッチャン式のロックではなく、 シャーロックホームズの映画に出てきそうな コロンとした真鍮製のドアノブの下の大きな鍵穴に大きな鍵を差し込んで回すタイプ。
(ちょうど今、ビクトリアン キャット アンティークス に掲載しているような《18世紀のドアノブ》みたいな感じです)

コレ、探すの大変でした。
(オーダーしてからもしばらく待った記憶が・・)
もしかして(もしかしなくても・・)このウチ、今住んでいるイギリスの家よりもイギリスっぽいかもです。
もっとも・・
鍵に関しては一度も閉めた事はありませんでしたが・・(笑)。


そういえば・・
入居した年に記念にと応募した「プラスワンリビング」(主婦の友社さん)のインテリア大賞で賞を頂いたのですが、あれは本当にヨイ記念になりました( ・・・ 遠い目・・)。
もっとも・・
その10年後に「プラスワンリビング」別冊のメールオーダーのムック本、「ずっと使いたい愛着の定番アイテム」の取材で今度は(なんと!)イギリスの家に来て頂くことになるなんてこの時は思いもしませんでしたが・・(笑)。


ふー・・

写真を見るとイロイロな出来事を思い出すものですね(しみじみ・・)。
ここに住んでいた頃は頻繁に友人知人を招いてはパーティーを開いたものです・・。
気が付くと空が朝焼けに染まっていた事も数知れず(笑)。
(あの頃はワタクシもまだ若く、体力もあったので・・)
キッチンにはビルドインの 食器洗浄器 、生ゴミを粉砕してそのまま流せる ディスポーザー など等・・、気軽にパーティーが開ける仕様になっていました。


え・・っ、
イギリスの家には・・デスカ?
残念ながらどっちも無いです・・。


・・が、 

どうやらこの家には秘密の妖精(妖怪?)さんが住んでいるらしく、
パーティーの翌朝ワタクシが目を覚ます頃には 全て がキレイサッパリ片付いているのです~ にかー!
この妖精さん時々洗濯もしてくれるので、食器洗浄器より優秀かもです(笑)。




にこ
自分たちが快適に暮らせること、そしていつでも友人を招く事の出来る作りであることに徹底的にこだわって、ついでに内装にまでこだわったらいつの間にかこうなっていました(笑)。
収納も一般のお宅の(たぶん)倍以上、ベッドエリアの後ろにはウォークインクローゼットも完備しているので、部屋が散らからずとても暮らしやすいです。
ちょっとばかり受け入れがたい内装かもですが・・ ・・・ 汗

でもでも・・
施工会社の方と何度も何度も打ち合わせを重ねて作って頂いたので、出来ればこういったスタイルがお好きな方に住んで頂きたいのです~。

※収納は沢山付いているので、収納の為の家具は必要ないと思いますデス。


豆電球
場所:神奈川県(小田急線)
最上階(9階)の南の角部屋(このマンションで一番条件の良いお部屋です)
購入時は3LDKだったお部屋を1LDKに変更
大きい窓2面
全室フローリング
ウォークインクローゼット
広い収納スペース
特別仕様の(部屋が広いので)エアコン付き
ビルトイン食器洗浄器付き
ディスポーザー付き
全室有線放送付き(バスルームにもスピーカー付き)
ペット可

興味のある方、もしいらっしゃったらどうぞ宜しくお願いプリーズです~。


sP1110486_20081010103518.jpg

リビングダイニング&ベッドルーム全体
向かって右側がダイニングエリア、左側がリビングエリア、左奥はベッドルームエリアになっています。(ベッドの後ろはウォークインクローゼット)
ホテルのようなお部屋を作ってみたかったのです~。
掃除もめっちゃ楽チンです。


sP1110484_20081010103658.jpg

リビングエリア


sP1110501_20081010103911.jpg

リビングエリアにあるオットと夜なべしてこしらえた暖炉


sP1110483_20081010104055.jpg

ベッドルームエリア


sP1110500_20081010104214.jpg

ベランダ

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

2008.10.10 | コメント | トラックバック | 暮らし ハウスデコレーション

会社でミシュランの星付きシェフのお料理はいかがですか?

sR0014989.jpg


ビジネススーツに身を包み、笑顔で談笑する人・人・人・・。

何か仕事の商談中?
いえいえ、そうではありません~。


約一年ぶりに「PURNELL’S」にお邪魔しました。
ここはレストラン「ジェシカ」にミシュランの星をもたらしたシェフ、PURNELL氏が独立してオープンしたレストラン。
目的はズバリ(←死語です~)彼の作るデザートを頂く為です アップロードファイル


・・と申しますのも
イギリスの有名レストランのシェフが腕を競い合うという趣旨のテレビ番組で、彼の作ったデザートがデザート部門で優勝したらしいのです~。
これはもう、食べに行くしかありません(笑)。
前回お邪魔した時、お料理が美味しかったのは憶えているのですがデザートの記憶はイマイチ曖昧で確認(再確認?)の意味もあったりします。


それにしても・・
バーミンガム(イギリス第二の都市)の街中から程近いという立地のせいでしょうか?
前回同様、ウェイティングルームはビジネスマン&ビジネスウーマンで一杯です。
とてもレストランのウェイティングルームには見えません。
どう見ても会社のレセプション(受付)のようです。


さてさて・・
会社の受付・・いえ、ウェイティングルームを後にしてダイニングへ・・


あ・・
運ばれてきました~。
まずは焼きたてパンですぅ。
続いて前菜が・・


モグモグ・・ウマウマ!
モグモグ・・ウマウマ!!
(この間およそ2時間半)


お料理もデザートもめっちゃ美味しかったです。


・・が、
難点は受付だけでなくダイニングも・・とにかく全体的な雰囲気が会社~なトコロ。
ダイニングのテーブルにクロスは敷かれていませんし、モチロンお花も飾られていません。
黒いテーブルトップは都会的な雰囲気ではあるのですが、ビジネスマンが多いという客層が相まってまるで会社の応接室のよう・・。


それともう一つ難点が・・。
「PURNELL’S」は美味しいのですが、めっちゃ量がカワユイのですぅ~。
始めに出てきたパンをしっかり食べないと足らないです。
・・いえ、食べても足らないかもです。
(注:一般的な日本女性には程よい量です、多分。)


実は・・
この後、ケーキを食べに行ってしまいました・・ ・・・汗



店名:PURNELL'S
住所:55Comwall Street Birmingham B3 2DH
電話:0121-2129799
HP:purnellsrestaurant.co.uk


sR0014987.jpg
バーミンガムの街。
もう少しするとここにクリスマスマーケットが・・。


sR0015017_20081016063006.jpg
いざ!


sR0014992.jpg
パン


sR0015001.jpg
前菜《鯖のタルタル》


sR0015003.jpg
メインコース《鴨》


sR0015007.jpg
デザート《チョコレート・トライフル》


sR0015014.jpg
コーヒー


sR0015012.jpg
コーヒーと一緒に出てくる小さなお菓子


sR0015020.jpg
足らなくてケーキ食べに行ってしまいました~(笑)。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.10.17 | コメント | トラックバック | お出かけ(外食など)

デンタル・ファースト・エイド・キット~イギリスの歯医者は・・~

こんなモノを売っているなんて、まったくも~イギリスってば・・。

・・などと思っていたのに、自分自身がコレのお世話になる日がこようとは夢にも思っていませんでした。
日本では見たことありません。
それともワタクシが知らないだけで、日本でも売られているのでしょうか??


コレとは・・
その名もズバリ!(←死語です~)デンタル・ファースト・エイド・キット。

例えば詰め物が取れたとき~
例えば差し歯が落ちたとき~

コレあえあればものの数分で元通りです~ にかー!
資格も難しい技術もなーんにも要りませんデス!


ところで・・
イギリスの歯医者さん、一般的にあまり上手ではありません。
(探せばどこかにゴッドハンドを持つ方がいらっしゃるかもですが・・)
今まではロンドンの歯医者さん(プライベート)にかかっていたのですが、治療した歯が痛んだりブリッジが3度も落ちたり・・。

3度目のブリッジが落ちた時、頭の中でアノ歌がリフレインしました・・。

ロンド橋、落ちた~
落ちた~、落ちた~
ロンド橋、落ちた~


アノ時は急遽日本へ帰って治療しました。
歯が落ちたその週には機上の人になっていました。
今回も出来ればすぐにでも日本へ行って歯の治療をしたいのですが、近日中にコンテナを送らなくては!アン~ド、オットがあまりに忙しくワタクシが日本へ行ってしまったら我が家の動物たちが餓死しそうで・・。

オンラインショップの運営の他にオールドパインを使用した家具とアンティーク等を日本のお店にコンテナで送っています。


ムフフ・・(←死語デスカ?)
この接着剤、なかなか性能(?)がヨイかも・・。
(硬いモノは怖くて食べていませんが)フツーのモノはとりあえず食べられます。
もう少しこのまま様子を見ることにしますデス~。



sR0015111.jpg

とてもグッドな商品なのでビクトリアンキャットに掲載してみようかしらん・・と一瞬思ったのですが、日本にはヨイ歯医者さんがたくさんあるので必要ないですね~(笑)。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.10.24 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

サマータイムが終わり、川口浩探検隊現る!in イギリス

何年住んでも慣れませんデス・・ ・・・汗

土曜の夜から冬時間になったのを知らず、うっかり早起きをしてしまいました。
いつもならオットが起きてからのそのそと起き出すのですが、今日はお仕事で日本に電話をしなくては!・・な用事があったので、朝6時(夏時間なら日本時間の午後2時、冬時間だと日本時間の午後3時)起きたつもりがまだ 5時 でした・・。


冬時間が始まる日の夜、丁度お友達の家のホームパーティーに招いて頂いていたのですが、冬時間、話題にものぼりませんでした。
皆さんにとってはごくフツーのことなのかもです。

それにしても・・
オットもオットですぅ。
教えてくれてもいいのに~!です(くすん・・)。
ヤツはちゃっかり自分の目覚まし時計だけ1時間遅らせてました。


当たり前なのですが・・
冬時間になると今までの19時が18時になるので、暗くなるのが 急に 早くなるのですぅ~。
うっかりしていると足元も見えないほど真っ暗になり、やむなく(?)川口浩探検隊状態 でモモ(我が家のワンコ)のお散歩に行くハメに・・。
ヘッドライトは家の周りに電燈が全くない、我が家の冬の風物詩です(笑)。

正式な番組名は忘れてしまいましたが、オーバーなリアクションとヤラセ(?)がウリの探検番組がムカシ放送されていたのです~。その隊長が川口浩さんで、頭にヘッドライトを着けて怪しい洞窟などをよく探検していました。


え・・っ?
川口浩さんをご存じない?? !絵文字名を入力してください
うっく・・(←死語です~)
年はとりたくないものです・・。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.10.28 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

10月なのに初雪が・・ in イギリス

早すぎです・・。

暦の上では秋真っ只中の ハズ のイギリスに雪が降ってしまいました。
初雪です。
日中の気温、3℃しかありませんデス。


それにしても・・
今からこんなに寒くて大丈夫でしょうか?
ワタクシの暮らすKeepers Cottage(キーパーズコテージ)が建てられたのはビクトリア時代後期の19世紀末・・と結構古いのですが、古い家にはいわゆる「断熱材」が入っていないのです。
我が家の外壁は見事にレンガの厚みのみ、セントラルヒーティングだけでは寒いので暖炉が欠かせません。
本格的に寒くなる前に(え・・っ?もう本格的に寒い・・デスカ?)薪を調達しなくては!です。


ちなみに新しい家には日本でいう「ブロック」が断熱材として入っている(壁が2重になっている)ので、一旦暖まると熱が逃げにくいです。 やじるし↓


sR0015088.jpg


ひーん・・
それにしても寒すぎですぅ。
実はワタクシ、暖炉の火を点けられないのです・・。
(難しいのです~)


少し(かな~り?)早いけれど・・
湯たんぽと猫を抱いて寝てしまおうかしら?!


sR0015375.jpg
陶器製の湯たんぽ。長時間じ~んわり暖か は-と アンティークです。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.10.29 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


09 ≪ 2008/1011
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png