英国運河の旅 ②

血湧き肉踊る大冒険!ですぅ~ にかー!

大人6人と子供1人+犬1匹(我が家のワンコ、モモ)で行ってきました、運河の旅。
借りたお船(ナローボート)は、個室が4つ・シャワー&トイレが2ヶ所・キッチン1つ・・のゆったりサイズ。


・・が、 

ゆったりなのは縦方向だけ。
船の横幅は2m程度とめっちゃ細い(ナロー)のです~
当然通路などないので、船内で移動する場合はそれぞれの部屋を通らなくてはなりません。
この感じってちょっと汽車の車内に似ているかもです。


車両(個室) = トイレ = 車両(個室) = 食堂車(キッチン) = 車両(個室) = トイレ = 車両(個室) (汽車のトイレって一両ごとってご存知でしたか?)


とりあえず・・
お部屋の並びからおわかり頂けるように 上 トイレだけは他の人の部屋を通り抜けなくても行けるので、急な生理現象や真夜中の生理現象も大丈夫 はぁとvv
(明け方トイレに起きるのが習慣・・のミドルなお年頃のワタクシも安心!です~)


ところで・・
後から知ったのですが、初心者は小さな(短い)ナローボートの方が運転がしやすいのだそうです。
大胆にもワタクシたち、ナローボート最大級の長さ70フィートのお船をレンタルしてしまいました・・。
ちなみに誰もナローボートの運転経験はありません。
う~ん・・、本当に大丈夫でしょうか?


なーんて思っていたら
うっかり 浅瀬にハマって 思いっきり 座礁してしまいました ・・・汗
舵もきかずエンジンも空回り・・おまけに雨まで降ってきて・・、どうする事もできずに途方に暮れていたのですが、近くを通ったお船に助けてもらい無事生還(?)することができました。
でもその時はもしかしたら 沈没 するカモカモ ・・と本気で心配していました。

豆電球 モモ運河に落ちる!や 水門で船干上がる!など等、他の冒険イロイロは紙面の都合上(?)割愛させて頂きますデス(笑)。


ん・・? 

自然の中でお船に揺られながらの大冒険・・、どこかで体験した事があるような・・。
えっと・・えっと・・
(年は取りたくないものですぅ・・)




そーです!
「ジャングルクルーズ」です~!!
目に入る景色は思いっきりイギリスの田園なのですが、旅全体の雰囲気が某ディズニーランドミッキー のジャングルクルーズに似ているのです。
そういえば運河に浮かぶ白鳥や鴨、水辺で草を食む牛など等、何気に動物が登場(?)するトコロもそっくりです(笑)。


もし宜しかったら・・
皆さんも イギリス イギリスでジャングルクルーズ体験をしてみませんか?
望むと望まざるにかかわらず、大冒険が出来る事請け合い!です はぁとvv



sR0013299.jpg
順番に出発です。


sR0013356.jpg
初めての運河の旅・・を祝して、まずはシャンパンで乾杯 ミモザ
備え付けの食器にシャンパングラスがなかったのが残念ですぅ・・。


sR0013632.jpg
船の先っぽに乗るオットとモモ(我が家のワンコ)。


sR0013627.jpg
船から運河を見たところ。


sR0013598.jpg
水辺で草を食む牛さんたち。
大きいです~。


sR0014021.jpg
エサをねだって物凄い勢いで追いかけてくる白鳥ファミリー。
顔がコワいですぅ・・。


sR0013767_20080903071811.jpg
海賊の格好でクルーズを楽しむ人たち、何組か見ました。
流行っているのでしょうか?
牛さんといい白鳥さんといい・・、まるで「ジャングルクルーズ」と「カリブの海賊」が合体したみたいです(笑)。


sR0013803.jpg
今回の旅のメインイベント、「アクアダクト」です!
橋の上に水が流れていて、そこをお船で渡るのです~。


sR0013780.jpg
アクアダクトで記念撮影。


sR0013621.jpg
キッチンの窓からの景色。


sR0013859.jpg
寝室。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

2008.09.03 | コメント | トラックバック | お勧めの観光地など

イギリスはまたまた大洪水

sR0012187.jpg

綺麗な湖ですぅ はぁとvv
・・ではなくて、
またまた洪水です・・ ・・・汗
(1年前にも似たような景色を見たような・・)


sR0012189.jpg

上の写真は我が家から続く一本道の私道を出て、右に曲がってすぐの橋・・があったハズのところ。
橋、水没しています・・。
多分、この辺りのお家は床上浸水していると思います。


幸い我が家は家の建っている場所より低い位置に大きな池(湖?)があるので、(雨水はそこに流れる為)床上浸水の心配はないのですが、我が家の問題は私道をでて右に行っても左に行っても川があるということ。
モチロン川には橋が架かっているのですが、大雨が降ると当然のように橋は水没・・。
こうなるともうどこにも行けません。


ニュースによると、昨日と今日の2日間で1ケ月分の雨が降ったのだとか・・。
しかも天気予報は明日も雨・・。


はー・・
(階段の踊り場に積んだダンボールの山を眺めながら・・)

う~ん・・
コレどうしたらヨイのでしょう・・?
実はこの週末チャリティーショップに行くつもりで、もう着なくなった(着られなくなった?)洋服やモモ(我が家のワンコ)が子供時代に使っていたベッド等をまとめておいたのです~。
その量、なんと!大型ダンボール4個分。
ワタクシ1人ではとても運べそうにありません。

・・となると
来週末のオットの休みまでこのまま踊り場に??
ただでさえ狭い踊り場がますます狭く、身体を横にしないと通れないです・・。


それにしても・・
こんなに大量の不用品、いったいどこに入っていたのでしょう?
さっぱり見当がつきません・・。


謎ですぅ~


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.09.06 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

ただいまダイエット中!

まだまだ大丈夫・・と目と脳を騙してきましたが、そろそろ限界かもです・・ ・・・汗

ワタクシ、どうやらすっかり大きくなってしまったようです・・。
英国運河ナローボートの旅で毎日毎食食べ過ぎたせいか、とうとう洋服を買い換えるかココロを入れ替えてダイエットをするか・・の選択を迫られえる時が来てしまいました・・。
このところずっとナイスなミドルの必需品「のびのびジーンズ」を愛用していたので、こんなにヤバヤバなことになっているなんて思いませんでした・・。


若い頃は日に何度も体重を量ったものですが、ミドルなお年頃になってからはあまり体重を意識しなくなったような・・。
え・・っと、最後に体重を量ったのは・・・

(この間およそ、40秒)

そうあれは確か一昨年のクリスマスです。
もう長い事体重計に乗ってませんでした。
現実を知るべく思い切って体重計に乗ってみると・・


うぎゃーっ! !絵文字名を入力してください

6,4kgも増えています・・。
確かに最近では3回ほどジャンプをしないとフツーのジーンズのボタンは留まらなくなっていました・・。
(のびのびジーンズだったら問題なく留まるのですが・・)


原因はこの半年の食生活に違いありません。
思い当たる食べ物は2つ。
ひとつ目は「Minstrels」というチョコレート。
このチョコレート、チョコレートとは名ばかりのカカオの味はほとんどしない、めっちゃ甘くてミルキーないかにもイギリス~なチョコレート。


でもでも・・
これがクセになる美味しさなのですぅ~。
もっとも長年のイギリス暮らしで(甘みに対する)味覚がイングリッシュになっているかもですが・・。
(イギリスのスウィートは日本の倍くらい甘いです)
半年前からこの「Minstrels」が止められず、225g入りのパックを毎日1~2袋頂いていました・・。


もうひとつ思い当たる食べ物は油ギッシュなお肉。
いえ・・、
お肉で大きくなったワケではないのです。
元々ワタクシ、オットがいつか自分も食べられてしまうのでは・・と心配するほどの肉食獣。
痩せていた時も・・といっても標準体重程度ですが、毎日のように1kg近いお肉を頂いていた時でも特に大きくなったりはしませんでした。

・・が、 

半年前から牛タンがどうにも止められず・・。
ご存知のように牛タンはほとんどが脂肪・・、毎日のように食べ続けたらそれは大きくなるに決まってます・・。


・・というわけで
ココロを入れ替えて現在ダイエット中のワタクシ。
お肉は脂肪のない赤身もしくはハツなどの内臓系を1日500gまで、チョコレートは1日に板チョコ1/2程度に・・。
(えっ、まだ食べすぎデスカ??)


年内に元の体重に戻りますように!デス~ にかー!



sR0011070.jpg

問題の(?)「Minstrels」 225g入り 日本円で400円くらい

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

2008.09.10 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

アンティークディーラーSさんのお家はアンティークショップ!?

想像以上にワンダーランドでした(笑)。

友人のアンティークディラーSさんのお宅に初めてお邪魔しました。
ウワサ通り(?)、家中アンティークだらけ。
100年200年前のうぉぉ~!なイロイロが無造作に(無秩序に?)部屋中に置かれています。
もっとも、家自体も築200年のバリバリ(←死語デスカ?)のアンティークなのですが・・。


そういえば・・
以前Sさんに家の部屋数を尋ねたところ、少し考えてから悪戯っぽく笑って・・
3部屋・・かな~?
・・とおっしゃっていたのですが、
実際には1階に6部屋、2階に5部屋、屋根裏部屋まである、めっちゃ大きなファームハウスでした。


・・が、 

どのお部屋も身体を横にしないと通れない状態。
使える状態のお部屋(・・と言ってもモノが一杯です)は確かに3部屋かもです・・ ・・・汗


お家の一部を商品のストック場所として使っているのは聞いていましたが、これでは一部じゃなくて全部です・・。
とにかくモノの多さに圧倒されます。
(日本のドンキホーテでさえこんなにひどい事になってないような気が・・)
キッチンの壁際に積み重ねられたチェスト、階段の踊り場のスペースにまで高く積まれたアンティークブック、玄関ホールにデーンと置かれたピアノ(しかも2台も!)etc.・・。
それにしても、なぜに玄関にピアノが!?


そういえば・・
Sさん、(場所を空けるのに)ピアノを売りたいようなことをおっしゃっていたので、もしかしたらその内Victorian Cat Antiques でアンティークピアノを販売するかもです(笑)。
ピアノの前にもモノが沢山置かれていて写真を撮ることが出来ず、映像でお見せできないのが残念ですが、どちらのピアノもめっちゃ素敵でした。
多分どちらも150年くらい前のものではないかと思います。
もし我が家にスペースがあったらぜひぜひ欲しいのですが、悲しいかな・・、我が家は一階に3部屋(キッチン・リビング・ダイニング)2階に3部屋、モチロン屋根裏部屋はありません・・。


そうそう・・
Sさんいわく、
今回私がお邪魔する・・という事で、1週間(!)かけて私が座れるスペースを作ってくれたのだそうです。
(本当は先週お邪魔するハズだったのですが、約束の日の前日、どうにも椅子が置けるスペースを作れないから延ばしていい?・・というお電話が・・)
確かにちゃんと椅子は置かれていたのですが・・


あのぉ・・
椅子に値札が付いてますけど・・。



sR0014348.jpg
こんな道を延々と走り続けます。


sR0014356.jpg
我が家から1時間40分、やっとSさんのお宅に到着!
築200年のファームハウスです~。


sR0014372.jpg
玄関ドアは家が建てられた当時のオリジナル。


sR0014373.jpg
ドアノック、めっちゃカワユイです。
オリジナルのドアに付いてたドアノックは(当たり前ですが)アンティーク(笑)。


sR0014358.jpg
玄関を開けるとイキナリ登場するチェスト。
右後ろにピアノがあります(笑)。


sR0014362.jpg
キッチンの壁際に積まれたチェスト。


sR0014361.jpg
家と同じくらい古いランプ。


sR0014360.jpg
階段の踊り場にまで高~く積まれた本・本・本・・。


sR0014369.jpg
本で埋まった本棚。
本棚の前にも本が積まれています・・。


sR0014387.jpg
屋根裏部屋に続く階段。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.09.11 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

猫も犬も肥える秋

なぜってそれは秋だから~ 音符1

我が家の猫ムスメ(ジャム&チョビ)と犬ムスメ(モモ)たちの食欲がグングン増しています。
食べても食べても、もっとちょ~だい は-と ・・と声で仕草で要求が・・(笑)。


でもでも・・
先月獣医さんに予防注射に行った時、ジャム以外は体重過多を指摘され強くダイエットを勧められてしまったのです・・。
いくらカワユクおねだりされても与えるわけにはいきませんデス!
(低カロリーのご飯を食べさせている意味がなくなってしまいます・・)


それにしても動物って不思議です。
秋に食欲が増していっぱい食べて脂肪を蓄え、食べ物の少ない冬に備える。
それは野生動物だけでなく、人と暮らすようになってご飯の心配が要らなった動物たちでさえ・・。
コレって太古からのDNAの記憶・・なのでしょうか?


野生動物なら秋に蓄えた脂肪は冬にぐー・・ん減るのでしょうが、人間と暮らしている動物&人間が秋に蓄えた脂肪はそのまま越冬し春を向かえ・・、うっかりすると毎年このサイクルを繰り返してとどんどん(横に)大きく・・ ・・・汗


食欲の秋。
天高く馬肥ゆる秋。
DNAが細胞の奥底から食べ物を要求する季節にダイエット中のワタクシ・・。


ひー・・ん 絵文字名を入力してください
牛タンがめっちゃ食べたいですぅ~



sR0014549.jpg
モモ、運動中!です。


sR0014545.jpg
《野生のブラックベリー》
甘くてトロリン・・と美味しいのです は-と


テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

2008.09.15 | コメント | トラックバック | 動物

図書クラブ ~私設図書館~

今夜はワタクシ、眠れないかもです~。

数年前から「図書クラブ」なるものを主催しております。
図書クラブ~それは有閑マダ~ムたちの優雅な読書サロン~・・ではなくて、この辺りにお住まいの日本人の方に我が家の本を借りていただく日なのです。


実はワタクシ、重度の活字中毒の上に本を読む速度がとても早く、しか~も!一度読んだ本を読み返すことはほとんどありません。(最近はミドルなお年頃のせいで本を読むのがシンドクなってきていますが・・)
・・かといって、
異国の地(?)で日本語の本を捨てたら何だか バチ が当たりそうで処分する事も出来ず、本は溜まる一方でした。
1500、いえ・・、2000冊はあったでしょうか? ・・・汗


そこで・・
日本人の方(もしくは日本語の理解できる方)に本を貸し出す事に・・。
これはグッドなアイデアでした。
いえ・・
借りられる方にとってではなく、ワタクシにとって(笑)。

・・と申しますのも
当初は全く予想もしてなかっためっちゃ嬉しい誤算(?)が・・ は-と
な、なんと!
マダームの皆さまが読み終わった本をイロイロ寄付してくださるので、自分ではなかなか購入しないジャンルの本も手軽&気軽に読むことが出来てしまうのです~。
(うう・・、幸せですぅ~。マダ~ムの皆さま、どうもありがとうございますデス。)


でもただ一つだけ問題が・・
本を返してくださる時に同じ数だけ借りていただかないと、本が本棚に入り切らないのです・・

・・って、
嬉しい悲鳴・・ですね(笑)。


豆電球 200年前のブリタニカ百科事典はムリかもですが、我が家の私設(ミニ)図書館の本にも チャ-ルズエドワードのライブラリー の本みたいにファミリーアームを入れることがワタクシの野望なのですぅ は-と



sR0014595.jpg
本イロイロ。
この8倍くらいの本があります。


sR0014598.jpg
ダイエット関係の本も沢山あります(笑)。


sR0014593.jpg
日本に帰国が決まった方が3箱分の本を寄付してくださいました。
開けたら眠れなくなりそうで怖くてまだ開けていません(笑)。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.09.21 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスはインディアンサマー

インディアンサマーです~。

つい先週まで晩秋・・というか、もしかして冬が始まったカモカモ~なお天気だったのにここ数日ミョーに暖かく、日中なら半そででも大丈夫な感じです。


せっかく(?)冬を覚悟して、暖炉の脇に薪を積んだりお庭を片付けたり・・と冬支度を始めたトコロだったのに、このまましばらく暖かいのでは・・などと思わず淡い期待をしてしまいます。
いえ・・、長年のイギリス暮らしでこんな日々は長くは続かないことはよ~く知っているのですが・・(笑)。


さてさて・・
イギリス人はこんな日~夏が終わったのに暖かい日~をインディアンサマーと呼びます。
うーん・・、なぜにインディアン?
今までダレカレかまわず意味を尋ねてみましたが・・、

「意味は知らないな~」・・とか
「みんながそう呼ぶから・・」・・とか
「インドみたいに暑いからじゃない?」
(どう考えてもインドの半分も暑くないです)

・・など等、的を射ない答えばかり。


傑作だったのが昨日家にオットを迎えに来たタクシーの運転手さん。
(オットは昨日から出張なのです~)

「イギリス人はこんな日をインディアンサマーって呼ぶらしいんだけど、何でそう呼ぶか知ってる?」

私の質問に対して彼は少し考えたフリ(たぶん)をした後、
ニヤリ・・と笑って


「う~ん・・、知らないなぁ~、だって僕はアイリッシュだもん」




豆電球 イギリスをイギリスという一つの国・・だと思ってらっしゃる日本の方は多いですが(え・・っ、私だけデスカ?)、本当はイングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの4国を合わせて「グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国」といいます。
愛国心溢れる(?)彼らはどの国の出身かということにとてもこだわります。

ついうっかり「イギリス人(イングリッシュ)は・・」と言ってしまった私に対して、彼はジョークで抗議をしたというワケです 汗
どんな時も冗談を忘れない、イギリス人・・、いえブリテン人はスゴイですぅ~。


sR0014592.jpg
秋です~。庭のオーク(冬に葉っぱが落ちるから楢?)の木からどんぐりが・・。


sR0014582.jpg
もう来年の夏までパラソルを広げることは無いと思っていました~。


sR0014585.jpg
庭の池(湖?)、湖面に木々が映ってめっちゃキレイです は-と

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.09.22 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

結婚17年目のお直し

もうそんなに経つのですね。

あと2ヶ月ちょっとでオットと結婚して17年。
長いような短いような・・。

う~ん・・、
やはり長いのかもです。
見た目も随分くたびれてきました・・。

ジャーンッ! 

そこで思い切ってお直しをする事にし決定しました~っ!


・・と申しましても
ワタクシではなくて結婚と同時に購入したダイニングテーブルとチェアたちのお直しですが・・(笑)。
我が家の家具はダイニングテーブルを始め本棚、ライティングビュローetc。そのほとんどがイギリスのアンティーク。
当時はそうとは知らずただ気に入って買ったもので、(イギリスではなく)日本で購入したものです。

縁あって彼らは再びイギリスに渡り(ものすごい縁です~)現在に至るわけですが、ここ数年椅子のぐらつきやテーブルトップのザラツキ、傷などが目立つようになり、日常の(ワックス等の)お手入れだけでは難しい状態に・・。


そういえば・・
カレッジのアンティーク修理コースに通って自分で修理を・・と夢見た事日もありました・・( ・・・ 遠い目・・)

・・が、 

元々手先があまり器用じゃないワタクシ、それは止めておいた方が良さそうです。
(実は大学がそーゆー系だったのですが、正直申しまして 全く 向いていませんでした・・)


さてさて・・
グッドなタイミングでお仕事でお世話になっているJさんの工房でアンティークの修理を(何年かぶりに)再開することになりました。

そう、
納期は守れないけれど、腕はピカイチ~!
                                           ・・のJさんです。


早速ワタクシ、車にダイニングテ-ブルと椅子を詰め込んで行ってまいりました。
きっと家具たちはめっちゃキレイになって帰ってくることと思います。


「どのくらいで出来る?」
「う~ん・・、2~3週間かなぁ~」



そうですか・・。
2~3ヶ月かかるのですね。
(彼が納期3週間・・といったら、それは3ヶ月の意味なのです~



sP1130761.jpg

Jさんは納期が怪しいので、工房の責任者Rさんにもよぉぉ~くお願いしてきました。


sR0014686.jpg

ダイニングテーブルがないとやけに広く感じますぅ~。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.09.27 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


08 ≪ 2008/0910
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png