イギリス料理は世界一マズイ!?

甘かったです・・ ・・・汗

二匹目のドジョウはいませんでした。
この間の行ったお店が思ったよりイケたので、そこそこのお味のお店だったら簡単に見つかるような気になっていました。


・・が、 

ここは世界一料理がマズイ!と言われるイギリス。
そう簡単に美味しいものにありつけないのですぅ~。
いつでも思い立った時に予約なしで美味しい食事が出来るお店・・がココロの底から欲しいです・・ 汗


近場で!手軽に!美味しいごはん~っ!!!
このささやかなハズの願望が大いなる野望に聞こえてしまうのはナゼでしょう?(笑)


さてさて・・
今日お邪魔したお店ですが、(デコレーションのセンスはイマイチながら)内装もカワユかったしパブリカンのオジさまもフレンドリーで陽気な方でしたが、お料理があまりにフツー・・でした。
(デザートも多分ホームメイドではないと思います)


キョロキョロ・・
店内にはビールを飲む数人のイギリス紳士の姿。
皆さんお一人でいらっしゃっているようです。
(時間的な事を考えると)定年を迎えられた方々でしょうか?
そして店の奥の秘密の小部屋(?)では一杯やりながらゲームに興じるオジさま方が・・って、先ほどまでカウンターの中で働いてらしたオジさままでゲームをされているではあ~りませんか(←死語です~)。

そうです、ここはパブでした!
お酒やおしゃべり&ゲームを楽しむところで、決して食事自体を楽しむ場所では・・。
(じゃぁレストランのお料理がマズイ場合は?・・などと聞かないよーに!)


さぁ・・て、ワタクシもビールを買ってゲームでも・・。



sP1120078.jpg

Arleston Inn Hotel 。
こんなところに本当の本当にあるのでしょうか?
・・と運転しながら不安になるくらい田舎にポツン・・と建っています。


sP1120080.jpg

お店のお隣は馬場です。


sP1120086.jpg

多分、お店で飼われている猫ちゃん。
めっちゃ人懐っこいです。


sP1120144.jpg

コート掛け。
お客様のお帽子でしょうか?
いかにもイギリス紳士~なお帽子です。


sP1120126.jpg

カウンター。
ここでお金を払って飲み物を注文します。
う~ん・・、クリスマスの飾りがまだそのままです・・ 汗
1月6日までに片付けないとバットラックが起こるデス~。


sP1120124.jpg

暖炉の前の席。
ヨイ感じです~。


sP1120129.jpg

奥のレストランエリア。


sP1120132.jpg

コンサバトリー(日本の温室?)のレストランエリア。


sP1120125.jpg

秘密の小部屋(?)の入り口。


sP1120135.jpg

ゲームに興じるパブリカンのオジさまとお客さん。


sP1120151.jpg

サーモン。


sP1120160.jpg

プディング(イギリス人はデザートをプディングと呼びます)。


店名:Arleston Inn Hotel
住所:Arleston Lane, Arleston, Wellington, Telford, Shropshire TF1 2LA
電話:(01952) 501881 Fax:(01952) 506429

HPアドレス:http://www.thearlestoninnhotel.co.uk


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.02.01 | コメント | トラックバック | お出かけ(外食など)

陶芸教室でアルコール?

んー・・、カワユイですぅ~ ラヴ ハート

ポタリーショップで11月下旬に注文した商品が出来上がりました。
待つことおよそ70日。
冬場は乾燥に時間がかかるということでしたが、本当の本当に長かったです(笑)。
夏場は注文から5週間もあれば出来上がるらしいのですが・・。


さてさて・・
このポタリーショップでは陶芸教室も開いているのですが、このお教室、かな~りユニークです。
お教室は(なぜか)ウェルカムワインなどアルコール(ノンアルコールも可)を頂くところから始まります。
まずお酒を頂いてから陶芸にいそしみ、その後(なぜか)食事が出るのですぅ~ ! 
このポタリーショップはお酒を出せる免許を持っているのです~。


でもでも・・
(お酒を)飲んだ後にちゃんとロクロを回せるものなのでしょうか??
素朴な疑問(←死語デスカ?)です。
う~ん・・、思わず自分が回ってしまいそうです


しか~も!
お値段がまた泣かせます(笑)。

①ウェルカムドリンク
②食事(ビュッフェスタイル)
③陶芸(作品を作る)
④作品は乾燥後、ブルーの上薬をかけて焼いてくれます。
(出来上がったら取りに行きます)


①~④で破格(?)の£25!
これはイギリスの物価を考えたら、めっちゃお得だと思いますデス。
(フツーに食事に出かけても 上 このくらいはかかるのです~)
上記のコースに(お店の方が作った)「乾燥済みの陶器」に色を付ける・・を追加しても£30。
乾燥済みの陶器はマグカップから妖精の置物・・まで、お好みに応じてイロイロ選べます。
お教室の開催には最低8人(最大20人まで)の申し込みが必要です。


自分好みの素敵な器を作って、その器でパーティー三昧・・のワタクシ・・ にかー!

あら・・
このライスプディングの入った器、素敵ですわ~。
どちらでお求めになったのかしら?
え・・っ、
奥様がお作りに?
本当ですの??
今度ワタクシの分も作って頂けないかしら?


は・・っ! (妄想の世界から現実へ・・)

自分がブッキー(ぶきっちょ)だというのを すっかり 忘れ、 うっかり 申し込みをしそうになったワタクシですが、やはり無理をしないでオーダーすることにしますデス ・・・汗


sP1120282.jpg

ポタリーショップの入り口。


sP1120242.jpg

お邪魔するなり、「cup of tea(カップオブティー)」を勧めて頂きました。
「イギリス人のカップオブティー」は「日本人の同じ釜の飯」的な感じで何だか嬉しいワタクシです。
前回は紅茶を頂いたので、今日はコーヒーを頂きました。


sP1120261.jpg

ワンちゃんの後ろの箱がオーダーした商品。


sP1120260.jpg

壁掛けライト。
影が美しいです。置くタイプもあります。


sP1120256.jpg

レジの奥にはアルコールイロイロが・・。
エールの姿もチラホラ・・。
このポタリーショップ、なんと!(なぜか?)お酒を出せるライセンスを持っているのです~。


sP1120255.jpg

ビールイロイロとビアマグ。


sP1120268.jpg

お好みのビールとお揃いのビアマグが購入可能~!


sP1120267.jpg

ビール好きのメンズへのプレゼントにも・・。


sP1120272.jpg

ポタリーショップのオーナーMさん。
ウインクするのが癖のダンディなオジさまです~。


sP1120290.jpg

荷台は商品の入ったダンボールでパンパン!です。


テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ

2008.02.02 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

意味もなく~ 家族総出で ゾロゾロと、 歩く彼らは イギリス人~

意味もなく~ 家族総出で ゾロゾロと、歩く彼らは イギリス人~
五七五七六(?)・・ですぅ~ ・・・汗


友人夫妻がワンちゃんと一緒に遊びに来てくれました。
ご主人のTさんはイギリス人、奥様はのCちゃんは日本人の国際結婚カップルです。
奥様がオットの従姉の元同僚・・という関係でお友達になりました。


出会いは今から6年前。
今でこそお散歩ラブ なワタクシたちですが、実は彼らに出会うまでは家の周りすら歩いた事がありませんでした ( ・・・ 遠い目・・)
今考えたら、本当に勿体無い事をしました(しみじみ・・)。
イギリス生活9年中、歩く喜びを知らなかった3年を返して~!です(笑)。


TさんとCちゃんはとにかくよく歩きます。
彼らと出会って私たちの人生にも「歩く喜び」が加わりました。
以前は(犬すら連れず)意味もなく家族総出でゾロゾロ歩くイギリス人を全く理解できませんでした。

・・が、
今なら彼らの気持ちがよぉ~くわかります。
自然の中を歩くと幸せホルモン、ドパーッ!なのです   
そしてモモと出会って、歩く事がもっともっと好きになりました。


意味もなく~ 家族総出で 歩くけど、ワタクシたちは 日本人~
(五七五七五です・・汗 2文字も足らないですぅ・・)


sP1120204.jpg

今日のメインは豚シャブです。


sP1120192.jpg

生ハム。


sP1120193.jpg

クスクス。


sP1120194.jpg

海の幸サラダ。


sP1120195.jpg

ひじき。


sP1120196.jpg

パルメザンチーズの薄切り。
このボソボソ感、たまりませんデス~。


sP1120206.jpg

イギリスには薄切り肉がないので、お肉屋さんでお願いして切ってもらいました。


sP1120214.jpg

翌日の朝食。
お土産で頂いたパンケーキ、めっちゃ美味しかったです。


sP1120210.jpg

パンケーキ。


sP1120219.jpg

焼きたてパン。


sP1120240.jpg

TさんとCちゃんの愛犬。


テーマ:簡単おもてなし料理&デザート - ジャンル:趣味・実用

2008.02.04 | コメント | トラックバック | 暮らし ホームパーティー

イギリスでフランス家庭料理

世界一マイナーな世界遺産アイアンブリッジ・・から車で5分、こんなトコロに本当にレストランがあるのか・・というくらいの山の中、以前エール(イギリスのビール)のお話でにちょこっとお書きした事がある美味しい地ビールの頂けるパブ・・の前にあるフレンチレストラン「Fat Frog(デブ蛙)」へランチへ行ってきました。
(長~い前置きですぅ~)

sP1120340.jpg

やじるし↑ 地ビールが頂けるパブ・・の前にある
やじるし↓ フランス家庭料理のレストラン、「Fat Frog」。

sP1120341.jpg



このレストラン、随分前に一度だけお邪魔した事があるのですが、その時ワタクシはお肉~な気分だったので、フランス家庭料理が頂けるレストランだという事をすっかり忘れてうっかりステーキをオーダーしてしまって、肝心のおフランスの味を堪能し損ねてしまいました・・ ・・・汗


・・というわけでリベンジ(?)です!
今回はちゃんとフレンチメニューからオーダーをしました(笑)。
前菜はナシでいきなりメインデッシュからスタートだったのですが、メインデッシュが出来上がる前に運ばれた「メインデッシュの付け合せのサラダ」が、ちょっと日本のランチタイムっぽくて懐かしかったです。

イギリスのレストランでは(星付きのところは別です)、メインデッシュの付け合せは人数分がドーンッ!と同じお皿に入って出てきて、それぞれが好みの量を取り分けるスタイルが一般的なのですが、ここでは日本のランチタイムでよく見かける小さな木のボールにサラダが入って出てきました。
(小さな・・と申しましても、このサラダ、日本の2倍近い大きさがあります)


sP1120323.jpg


お話は変わりますが・・
イギリス人とフランス人はなぜかお互いをバカにしあっています。
イギリス人はフランス人を「蛙野郎(Frog Bastard)」と呼び、フランス人はイギリス人を・・あれれ・・、何でしたっけ?
うっく・・(←死語です~)年は取りたくないものです・・。


(コホン・・)気を取り直して・・、
予想通り(?)、こちらのオーナーシェフが太った(Fat)なフランス人(Frog)でした。
今から約40年前にイギリスに渡ってきたそうな・・。
この方、どう見ても60はいってらっしゃらないので、その中の40年って、う~ん・・、もうほとんどイギリス人のような気もしますが・・(笑)。


牛肉の赤ワインになどのお料理はそれなりに美味しかったのですが、やはりオーナーシェフの長年のイギリス生活が祟って(?)いるのでしょうか、やじるし↓フレンチレストランではお見かけしない付けあわせが・・(笑)。 

sP1120329.jpg

イギリス人の主食(?)「チップス(フライドポテト)」です・・ 汗
(もしコレがブレッド&バターだったら、もっと評価が上がったかも・・)
お料理の味付けは悪くなかったものやや味が濃すぎたので、(味を)薄める「何か」が欲しかったワタクシは、不本意ながらチップス(フライドポテト)を頬張りながらお料理を頂きました(笑)。


ワタクシはチップスを頬張りながら、ふ・・と、フランス屈指の食い倒れの街リヨンに行った時の事を思い出していました ( ・・・ 遠い目・・)
特にレストランガイドなど調べなくても飛び込みで入ったレストランさえ美味しいフランス、ブラボー!です。 


イギリスで~ 美味しいものを 探すのは~、 これはなかなか 骨が折れますぅ~
今日は五七五七七で決まりましたデス にかー!


sP1120306.jpg

店の外でビールを飲んでいる、お馬でお散歩中の方々。
ワンちゃんだったら店内に入れますが、さすがにお馬さんは・・(笑)。


sP1120310.jpg

店全体を裏から見たところ。


sP1120313.jpg

ワンちゃん連れのイギリス紳士。


sP1120314.jpg

ビールのポンプ。


sP1120332.jpg

店名でもある蛙グッズがアチコチに・・。


sP1120318.jpg

今日頂いたエール「OLD HOOKY」。


sP1120326.jpg

メインデッシュ。


sP1120335.jpg

デザート。

sP1120353.jpg

家の周りは田舎道なので、お散歩から帰ったらシャワーです~。

このところ美味しい生活が続き太り気味なので、モモを連れて夜のお散歩に行ってきました。
このままではワタクシ、店名を「Victorian Cat Antiques」から「Fat Cat Antiques(デブ猫アンティーク)」に変えなくては!です・・ ・・・汗



店名:The Grove Hotel The Fat Frog Bistro & Restaurant
住所:10 Wellington Road, Coalbrookdale, Ironbridge, Telford. Shropshire. TF8 7DX
電話:01952 433 269

HPアドレス:http://www.fat-frog.co.uk/index.php


アップロードファイル 平均するとメインデッシュは£10ちょっと、デザートは£5前後です。
食前に一杯頂いて、メインデッシュにデザート、デザート後のコーヒーとチップまでで£20ちょっと(日本円で約4300円?)くらいです。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

2008.02.05 | コメント | トラックバック | お出かけ(外食など)

ブリタニカ百科事典全20巻(1815年)日本へ・・

sP1120356.jpg


Hちゃんはエスパーかもです~。

ビジネスレターを書くのを手伝ってもらいに、Hちゃんのお家に行きました。
・・と、
リビングのソファーに座るなり、Hちゃんが花束をもって現れました。

何かのお祝い?
それとも記念日??
ワタクシの頭はフル回転。
・・がどうしても花束を頂く理由が思い当たりません。

キョトンとしている私に、
Just present(ただのプレゼント)。
キレイだったから・・。
Z(Hちゃんの天使ちゃん)が選んだのよ。
Hちゃん、そしてZ君も大好きなオレンジ色・・のお花です。


ひとしきりお花の話題で盛り上がり、ワタクシの書いためっちゃ怪しいビジネスレターをHちゃんに添削してもらったり・・の楽しいお茶の時間を過ごして家に帰ってパソコンを開くと・・・


きゃい~ん はぁとvv (←死語です~)

HOLD(商談中)のアンティークブックブリタニカ百科事典全20巻(1815年)」と「パンチ90年分約150冊(1842~1935年)」のご入金が・・!
(どうもありがとうございますデス~)

「アンティークブック」は友人のアンティークディーラーSさんから委託された商品です。


さてさて・・
ご存知の方のいらっしゃるかもですが、実はワタクシ、重度のトーストラックフェチ(?)でございます。
アンティークショップでトーストラックを見つけると、買わずにはいられないのです。
ただ一つの救いは見つけるのが困難・・だということでしょうか(笑)?
これでアチコチで見つかったら、家中トーストラックだらけになってしまいます ・・・汗

いえ・・、もしかしたらこれは難点・・なのかもしれません。
もしもっと簡単に大量に見つけることが出来たら、Victorian Cat Antiquesをトーストラック専門店にしたいですぅ~ にかー!

上 こんなわけで・・、
トーストラックに興味を持ってくださる方がいらっしゃると、めっちゃ嬉しくなってしまうワタクシなのですが、この日(Hちゃんに花束を頂いた日)、Victorian Cat Antiques からトーストラックが一つお嫁に行くことになりました。

今回お嫁に行くことが決まったのは、イギリスでは非常に珍しい厚切りトーストの入るトーストラックす。
トーストは厚いのが当たり前・・な日本の方は信じられないかもなのですが、イギリスのトーストは(日本の)サンドイッチパンのように薄~いのです。
日本のトーストはカリッ!&フワッ!を味わうものですが、この国のトーストはカリッ!のみです(笑)。
そしてトーストの厚さ(薄さ?)に合わせて、トーストラックの(トーストを立てる部分)の幅も狭いのが一般的で・・

え・・っと、
このままだと永遠に語り続けてしまいそうなので、この辺りでヤメにしておきますデス(笑)。


Anyway・・・
まるでこれらの事を知っていたかのように、ドンピシャ(←死語デスカ?)なタイミングで花束をプレゼントしてくれたHちゃん、やっぱり、エスパーかもですぅ~。



sP1120348.jpg

Hちゃんの天使ちゃん、Z君。


sP1120360.jpg

丁度良い花瓶を見つけるまでとりあえず・・



英国アンティークビクトリアンキャット


イギリスの朝食(イングリッシュ・ブレックファースト)に欠かせないトーストラック/スタンドをアンティークで・・。


イギリスの朝食スタイルに欠かせないトーストラック/スタンドを
アンティークで・・。


イギリスの朝食スタイルに欠かせないトーストラック/スタンドが常時50種類以上の品揃え。
シルバープレートやステンレス・陶器・木製etc.お手持ちの食器に合わせてお選びいただけます。
バターたっぷりのトーストに紅茶を添えて、イングリッシュ・ブレックファーストはいかがですか?

イングリッシュブレックファースト(イギリスの朝食)とは・・
トーストラック/スタンドとは・・
ティーサービス(ティーポットセット)とは・・
ローズボウルとは・・


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.02.05 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスで不動産(家)見学です~

不動産(家)を見に行きました~。

近くの家がオークションにかかる・・と友人から電話をもらい、オットと一緒に見学に行きました。
多分ビクトリア時代の家だと思う・・と聞いていたので、もう興味シンシン(笑)。
ビクトリアンハウス、ラブ ラヴ ハート なワタクシなのです~。
(現在住んでいるコテージもビクトリア時代に建てられました)


なんと!
今回は通常の販売ではなく、オークション形式なのだそうです。
オープンハウス(自由に家の中を見られる)は今日と明日(9・10日)の12~2時で、オークションは3月4日の夜7時から。
友人によると、オークションで家を処分するのは、急いでお金が必要な場合なのだそうです。

例えば・・
○住んいた方が急に亡くなった。
○住んでいた方が老人ホームに入ることになった。
○住んでいたカップルがお別れすることになったが、どちらも残りのローンを支払いたくない。
○家のローンが支払えなくなった。
                     ・・などなど。

さてさて・・
お家ですが本当に大きいです。
お家も大きいですが、お庭も広~いです。
お庭にはヨイ感じのグリーンハウスも建っています。
またお家の周りには用途不明な建物(馬小屋?)が3つ(4つだったかも・・)が・・。
1階には3レセプション(リビングルームが3つ)とキッチン。
キッチンの奥には秘密の小部屋(大部屋?)が2つ付いています。
2階にはベッドルームが4つです。

え・・っと、
日本式にいうと何LDKになるのでしょう?
(う~ん・・、表現する言葉が見つかりません・・)


ほんのちょっぴり曰く付き(?)物件ゆえ、オークションで予想されるお値段は通常販売価格の半額ほどの£200.000。
これはめちゃくちゃお得だと思いますデス。


そんなわけで、
若いカップルから子沢山ファミリーまで、とにかくオープンハウスは人で一杯。
皆さん、かな~り真剣にアチコチのチェックをしています。
目が合うとお互いこやかに微笑を交しますが、目が笑っていません ・・・汗


こ・・怖いですぅ・・  
ワタクシたちはスゴスゴ(←もしかして死語?)退散するでございます~。



sP1120397.jpg

建物は道路に面して建っていますが、玄関は裏にあります。


sP1120399.jpg

玄関ポーチ。


sP1120400.jpg

温室付きです。


sP1120401.jpg

向かって左手が外用のトイレ(ちゃんと水洗です)。
右は庭のお道具入れ・・でしょうか?


sP1120414.jpg

玄関ホール。


sP1120404.jpg

この家はリビングが3つあるのですが、その内の一つにグランドピアノがそのまま置き去りに・・。


sP1120406.jpg

キッチンのオーブンコンロ。
めっちゃ可愛いです。


sP1120408.jpg

キッチンの奥にはドアが2つ。
向かって左は半地下の食品庫。
右側も食品庫・・でしょうか??


sP1120410.jpg

左側のドアを開け、階段を数段下りると・・。


sP1120411.jpg

半地下室です~。
私の家にも地下室が欲しいですぅ。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.02.09 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

アイアンブリッジでポークスクラッチング

小腹が空きました~。

材木屋さんにお邪魔した帰り、モモのお散歩 兼ねてアイアンブリッジに寄りました。
近くを通るとなぜか行きたくなってしまう、世界一マイナーな世界遺産「アイアンブリッジ」・・の世界的に有名なポークパイ!を販売するお店「Eley’s」です~。

このお店、看板に「世界的に有名なポークパイ」・・と書いてあるのです(笑)。


キョロキョロ・・
ここのところあまり寒くないせいでしょうか、カメラを抱えた観光客~な人々の姿が多いような気がしますデス。
アイアンブリッジ前の10台ちょっとしか車が止まれない駐車場が満車なのはいつものことですが、その先の車が30台くらい駐車できる駐車場も満車です。
アイアンブリッジ・ラブ ハート なワタクシとしてはちょっと嬉しかったりします。

・・というわけで、
今日は少し離れた駐車場に車を止めて、オットとワタクシとモモ(?)は世界的に有名なポークパイを目指してひたすら歩きました。
ポークパイの為なら 音符1 エン~ヤコ~ラ ~音符1 (←死語・・ですよね~やっぱり・・)


ガ・・ガーン! !絵文字名を入力してください

閉店10分前、間に合ったと喜んだのも束の間、ポークパイが売り切れていますぅ・・。
身もココロもポークパイ~な気分だったのに、クスン・・です 汗
・・が、
お腹も空いているので、暖かい「ソーセージロール」と「Pork Scratchings(ポークスクラッチング)」を一つずつ買うことに・・。

この耳慣れない名前の食べ物、「Pork Scratchings」は、鳥の唐揚げを作っていたらうっかり皮が剥がれて皮だけがカリカリに揚がってしまったモノ・・と非常に食感と味が似ています。
それもそのはず(?)、Pork Scratchingsは豚の皮を油でカリカリに揚げたスナックなのです~。
塩味が強めなので、ビールとめちゃ合います


ただ問題はカロリーがちょっと(いえ、かなり・・)・・。



sP1120478.jpg

毎度お馴染み(?)アイアンブリッジへ続く坂道・・を上るオットとモモ。


sP1120482.jpg

ジャーン!(←死語・・ですね)
右手に見えますのは、アイアンブリッジの雄々しいお姿でございます~。


sP1120483.jpg

左手に見えますのは、世界一マイナーな世界遺産アイアンブリッジにある、世界的に有名なポークパイ・・がキャッチフレーズの「Eley’s」でございますデス(笑)。
世界的に有名かどうかは怪しいですが、お味はサイコーです。
今までに頂いたどのポークパイより美味しいです。
もうすぐ店じまいの時間だったので、お店の方がお掃除をしていました。


sP1120485.jpg

優しい笑顔が素敵です~。


sP1120486.jpg

今日はポークパイが売れ切れていたので、「ソーセージロール」と「Pork Scratchings」を買いました。
Pork Scratchingsは豚の皮を揚げて作ったスナック。
やや塩気が強いので、ビールによく合います。



sP1120488.jpg

ソーセージロール、£1.20。


sP1120487.jpg

Pork Scratchings、£0.90。


sP1120489.jpg

Pork Scratchingsのアップ。


sP1120492.jpg

橋の上から街を見たところ。


sP1120502.jpg

アイアンブリッジにある、火力発電所。


sP1120509.jpg

エール。
つまみはPork Scratchingsです~。
これがビールによく合うのです。


sP1120447.jpg

いびきに効くらしい・・と友人に聞いて、イヤーキャンドルを通販で買いました~。


sP1120459.jpg

イヤーキャンドル中のオット。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.02.10 | コメント | トラックバック | お勧めの観光地など

今年の家具職人Jさん(きっとB型)は一味違うかもです~

どうしたというのでしょう?

家具職人Jさん、納期は守れないけれど仕事の出来はピカイチ~!・・のキャッチフレーズでお馴染み(?)なJさん、今年は一味違いますデス。
もしかしたら2月中にコンテナを送れるかもです~ にかー!


思えば去年の今頃、Jさんのオフィスにはカレンダーがありませんでした。
無くて困らないの?と尋ねると、ココに入っているから大丈夫・・とJさんは自分の頭を指し、ニッコリ。
当然 うっかり多発! です。
見かねたワタクシ、Jさんにカレンダーをプレゼントしました( ・・・ 遠い目・・)。


今年のJさんは一体どうしたというのでしょう?
1月にお邪魔した時、すでに数か月分が一度に見られるめっちゃプロフェッショナル(?)なカレンダーが机の前の壁にデカデカと張り出されていました。
しかもJさん、これいいよ~・・とワタクシにまでそのカレンダーを勧めるのです~(笑)。


・・が、 

ホッとしたのも束の間、
JさんはやはりJさんでした(笑)。
Jさん、オーダー表を見ながら何やら怪しい独り言をつぶやいています。

う~ん・・、このテーブルって何だっけ?
コーヒーテーブルだった・・かな?
おかしいなぁ・・??
あ、
それはダイニングテーブルですぅ~、とワタクシ。

サイズ教えてくれる?

何ですと~?! 炎 怒! 炎 



sP1120524.jpg

家具職人Jさん(きっとB型)


sP1120519.jpg

この写真の椅子(12脚)は元々は座面が布張りではなかったのですが、お客様のご依頼で(ウレタンフォームを入れて)布地を張って頂きました。
布地の選択も任せて頂いたので、愛着もひとしおなのですぅ~。


sP1120521.jpg

オーダーした椅子、イロイロ。

テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ

2008.02.11 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

まるで工場?冷凍弁当を大量生産!

冷凍弁当を作るデス~。

先週、そして今週・・と、オットがずっとイギリスに居たので(出張に行かなかったので)、冷凍弁当が底をついてしまいました ・・・汗


・・と申しますのも、
帰りが遅いオットは、昼の分と夜の分、お弁当を2つ持って会社へ行くのです。
しかも!目を離すと朝からお弁当を食べていることもあったりします(笑)。
そんなわけで、オットが出張に行かない日が続くと、あ・・っという間に冷凍弁当がなくなってしまうのですぅ~。


さてさて・・
我が家の冷凍弁当ですが、同じ内容のものを4個ずつ大体5~10種類作ります。

トンカツ弁当×4
3色ごはん×4
ハンバーグ弁当×4
    ・
    ・
    ・
・・といった具合で、一度に20~40個のお弁当が出来上がります。
(巨大冷凍庫を持っていた頃は、一度に80個作ったことも・・)


モチロン・・
冷凍弁当を作る日・・にもお料理はしますが、予めこの日に備えて普段の食事を多めに作って余った分を小分けに冷凍してあるので、お料理自体はそれほど大仕事ではなかったりします。
どちらかというとこの日の作業の中心は「お弁当詰め」です。
彩り良く・・が目標なのですが、これがなかなか難しいです・・

豆電球
オットは冷凍状態のまま会社に持っていって、食べる前に会社のレンジでチンして頂くので、ごはんも詰めた状態で冷凍してしまいます。
もし食べる前にレンジを使えない場合は、ごはんだけ朝に詰めます。
(ごはんは冷凍(冷蔵)すると、ボソボソになってしまうのです~)



冷凍弁当のメリット

<持って行く側>
①凍ったまま持って行くので夏でも安心。
②朝の気分で好きなおかずを選べる。

<作る側>
①一度作ったら数週間は作らなくOK やじるし→ 朝ゆっくり出来る
②残り物を無理して食べなくていい(お弁当へ入れる )やじるし→ ダイエット


・・なのですが、
う~ん・・、普及しないのはなぜでしょう?
やはり イメージ 良くないのでしょうか??



アップロードファイルオットの冷凍弁当アップロードファイル

sP1120365.jpg

ハンバーグを焼いています~。
焼きあがったら、トマト味と和風味のそれぞれのタレをからめて、見た目を変えます(笑)。


sP1120373.jpg

当日作ったおかずと予め作って冷凍しておいたお弁当素材。


sP1120375.jpg

オットの好物「3色ごはん」は8個作りました~ にかー!


sP1120379.jpg

こんな感じで同じ内容のものを4つずつ作っていきます。


sP1120384.jpg

出来上がりました~。
冷めるまでこのまま放っておきます。


sP1120389.jpg

冷めたら同じ内容ごとに重ねて冷凍庫へ・・。
(中身のおかずがわかりやすいようにに並べます~)



アップロードファイルオットの冷凍弁当 ~番外編~アップロードファイル

sP1120440.jpg

今日の晩御飯の残り、「鰻チラシ」をお弁当箱に詰めます。


sP1120441.jpg

ジャーン!(←死語デスカ?)
あらかじめ作って冷凍してある「お弁当素材」登場!です。


sP1120445.jpg

適当(テキトー?)なおかずを「お弁当素材」から選んで、お弁当箱の隙間を埋めたら一丁上がり~!ですぅ~。


sP1120366.jpg

実は普段頂いているごはんも冷凍なのです。
一度にまとめて10合炊きます。
美味しく保存するコツは、炊き上がったらすぐに容器に詰め(すぐ)フタをすることです。
水蒸気を逃がしてはいけないのです~。


sP1120369.jpg

ごはんパックは冷凍庫。
翌朝食べる分はお皿に入れて冷蔵庫へ・・。

テーマ:お弁当 - ジャンル:結婚・家庭生活

2008.02.12 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

成人病になりそうですぅ・・

う~ん・・、大丈夫なのでしょうか?

オットが出張で居なくなった途端、食生活が凄いことなっています。
オットには何でもバランスよく食べてね は-と ・・などとエラソーなコトを言いながら、ワタクシときたら・・。


実はワタクシ、好きになると(食べ飽きて)嫌いになるまで、もしくはアレルギーが出て(物理的に)食べられなくなるまで食べ続ける・・という悪い癖があるのです。
一番最初にアレルギーが出たのは、イタリア野菜のルッコラでした。
キッチンガーデンで山のように採れるのに気をよくして、毎食大きなボール一杯食べ続けたら、ある日全身に(口に中まで!)蕁麻疹が・・ !絵文字名を入力してください
その時は原因不明だったのですが、その後すぐイタリアに旅行に行く機会があり、その旅行先でも同じ症状が出たことから犯人はルッコラということに・・(笑)。


その後、めっちゃハマッたマンゴーは、毎日3~5個、数ヶ月に渡って食べ続けたら見るものイヤに・・
2年前にハマッたアメリカンチェリーは、毎日1.5kg食べ続けていたら目の周りに怪しい赤い斑点が・・ !絵文字名を入力してください
全身に(斑点が)広がる前に泣く泣くお別れしました。
でもでも・・
今から考えると、赤い斑点の原因は農薬だったのかもしれません。
スーパーにアメリカンチェリーを買った帰り、(洗わず)車の中でそのまま食べてしまうことも多かったので・・(大雑把なO型です~)。


さてさて・・
最近ハマッているのはチーズと果物の組み合わせ。
文字通り、朝から晩まで食べ続けています ラヴ ハート

・・が、 

この高蛋白高脂肪&果糖た~っぷり・・な組み合わせ、年齢的な事を考えると量を控えた方がヨイのは間違いありません。


オットの出張がこのまま続くと、ワタクシ、成人病(生活習慣病)になりそうです ・・・汗



sP1120614.jpg

夕方から友人のアンティークディーラー、Sさんのトコロに遊びに行きました。
とうとう大掛かりな工事が必要になった、彼のお店が入っているアンティークセンター・・。
販売しているものだけでなく、建物自体もアンティークなのですぅ~(笑)。


sP1120611.jpg

お客様でワンちゃんの肖像画(?)を探している方がいらっしゃるのです~。


sP1120617.jpg



sP1120626.jpg

いつものガソリンスタンドにお買い物に来ました。
今日はよく工事中に出くわします~(笑)。


sP1120625.jpg

う~ん・・、いつも通りではないと思うのですが・・


sP1120627.jpg

入り口が見つからないですぅ~。


sP1120630.jpg

今日のガソリンスタンドでのお買い物。


sP1120633.jpg

今日の晩ごはん。
オリーブの入った容器ジャムの空き瓶でフランスのアンティーク。
このぽてっとした感じがカワユイのですぅ~
柄の部分がマザーオブパールのピクルスフォークは現在では希少です。

テーマ:健康が一番♪ - ジャンル:ライフ

2008.02.14 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

じ~んわり温かい、陶器製のアンティーク湯たんぽ♪

sP1120646.jpg

今夜もお世話になりますデス~。

この写真のボトル、かつてはイギリスの冬の必需品でした。
現在ではその地位(冬の必需品)をセントラルヒーティングに譲ったものの、まだまだ充分ヨイ仕事をしてくれます。


さてさて・・
写真のボトル、何だかおわかりになりますか?

え・・っ?
寒い夜に頂いて身体を温める、アルコール度数の高いお酒の入った瓶・・デスカ?
いえいえ、違いますデス~。
んー・・、ピーボトルもはずれです(笑)。


ヒント① 寒い夜に寝室で使います。
ヒント② タオルに巻いて使います。
ヒント③ 使う時はお湯を入れて・・

はい~、もうおわかりですね。
答えは「湯たんぽ」です~


電気毛布のように朝起きた時にボー・・ッとしないので、湯たんぽ愛用者のワタクシです。
写真の陶器製の湯たんぽ・・は1940年頃のものですが、セントラルヒーティングが入るのが遅かったカントリーサイドでは近年まで使っていたお宅も少なくないのだそうです。
カントリーサイドに暮らす知り合いのオジさまは、1940年頃に購入した湯たんぽを(セントラルヒーティングが入るまで)50年近く使い続けた・・らしいです !絵文字名を入力してください
イギリス人(特に田舎の方)の物持ちの良さにはいつも驚かされますが、この湯たんぽの丈夫さもアンビリバボー!です(笑)。


しか~も!
丈夫なだけではございませんデス。
ムカシ(?)の人の知恵と技術は本当に素晴らしいです。
蓋の部分がスクリューになっているのですが、なんと!凸も凹も陶器製。
(ピッタリ合うのが不思議ですぅ~)
またとても厚い陶器で出来ているので中のお湯が冷めにくく、朝までポカポカ温かでめっちゃ幸せです ハート


ビバッ! アンティーク湯たんぽですぅ にかー!



sP1120662.jpg

上から見たところ。


sP1120663.jpg

蓋を取ったところ。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.02.15 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

5秒で出来る超簡単サラダ

うぅ・・、ヨダレが~。

久しぶりの焼きそば、オットもワタクシも目がハート ラヴ ハート です。
日本の方は不思議に思われるかもですが、ワタクシたちにとってはめっちゃご馳走なのです~。
今日の焼きそばは憧れのマルちゃん は-と 冷凍で買いました。


実はワタクシ、
イギリスに住むまで焼きそばを冷凍・・なんて考えた事もありませんでした。
ココでは日本食は何でも冷凍されて売っているのです~。
そういえば・・
初めて「冷凍納豆」を見た時はめっちゃ驚きました( ・・・ 遠い目・・)。


そんなワタクシも
今では自分で冷凍弁当を作るまでに・・(笑)。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sP1120677.jpg

前菜イロイロ。
シャンパンは食べ物を選ばないのでグッドです~ にかー!
問題は値段だけです(笑)。


sP1120665.jpg

レタスのサラダ。
レタスは手で2つに割って、ゴマ油と岩塩・白ゴマをかけるだけ・・の5秒で出来る超簡単サラダ


sP1120668.jpg

チーズと洋ナシ。


sP1120669.jpg

スモークサーモン。


sP1120671.jpg

いかリング。


sP1120674.jpg

焼きそば。

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

2008.02.16 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

祝・初収穫 ~行者にんにく~

寒いですぅ~。

水たまりの氷が溶けないまま夕方になってしまいました・・。
庭の池にも薄っすらと氷が張っています。


暖炉に薪をくべていたオットが、突然、鍋が食べたい!・・と言い出しました。
急にそんな事を言われても具が・・ ・・・汗
日曜日の夕方5時半。
日本でならスーパーへGO!・・の時間ですが、イギリスのスーパーマーケットは(日曜日は)夕方4時で閉店なのです・・。


う~ん・・
シャブシャブ用の豚肉は冷凍してありますが、ネギも白菜もありません。
玉ねぎとジャガイモならありますが、これだとオットの期待している鍋にはならなそうです (ポトフなら作れそうですが・・)


!!
ヨイ事を思いつきました~
「行者にんにく」を採りに行くデス~。
まだ2月中旬なのでそれほど大きくはないでしょうが(10cmくらい)、小さい葉っぱは軟らかいのでシャブシャブにはうってつけなのです~。


籠を片手に、行者にんにくの採れる川原へ夕方(夜?)のお散歩です。
野を越え、山を越え・・
ついでに橋も渡り・・(結構遠いのですぅ~)
川原に到着した時はすっかり暗くなっていました・・ 三日月


懐中電灯を持ってくれば良かったとココロの底から後悔しながらも、暗闇の中手探りでひたすら収穫に励むオットとワタクシ・・。
他人が見たら、そーとー怪しかったと思います(笑)。


(苦労の甲斐あって?)
今夜は行者にんにく鍋でポカポカですぅ~アップロードファイル


sP1120684.jpg

夕方のお散歩です~。


sP1120690.jpg

夕日が美しいです。


sP1120692.jpg

どんどん暗くなっていきますぅ・・。


sP1120696.jpg

行者にんにくの採れる川原に着いた時にはすっかり真っ暗に・・。
フラッシュをたいて、行者にんにくをパチリ・・。


sP1120703.jpg

今日の収穫。
まだ小さいのです~。


sP1120717.jpg

行者にんにくシャブシャブ。
具はシンプルに行者にんにくと豚肉。
タレは出汁醤油とレモン(出来ればカボスが美味しいです)を半々で混ぜたもの。
めっちゃ美味しくて、いくらでも食べられます ラヴ ハート

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.02.17 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

庭の桜に蕾が・・

sP1130153.jpg

春ですぅ~ 桜

桜の蕾が膨らみ始めました。
桜といえば春。
春といえば桜・・。


春咲く花はイロイロあれど、やはり春は桜です にかー!
この桜の花に春を重ねるという日本人特有の感性は、平安※のムカシから脈々と受け継がれてきたお花見の習慣・・、おそらくはDNAの記憶によるものに違いありませんデス!( キッパリ)

※花見の習慣は、嵯峨天皇(786~842年)が御所内の南殿に桜を植えさせて宴を催したのが始まりといわれています。


さてさて・・
ワタクシたち日本人が心待ちにしているお花見・・ですが、どうやらイギリスの人たちには理解しがたい習慣のようです。
彼らも桜の花をキレイだとは思うそうですが、その下で宴会を開く感覚はわからないのだとか・・。


でも、もしかしたら・・
この感覚の違いは両国の「桜の咲き方の違い」によるところが大きいのかもしれません。
春も寒いイギリスでは、桜はダラダラ咲いてダラダラ散ります(笑)。
(あまり美しくないのですぅ~)
その年の気候によっては満開がないまま、寂しく葉桜を迎える事も少なくありません。
パッと咲いてパッと散る日本の桜だからこそ、ワタクシたち(日本人)は桜を愛でるのだと思います。


ところで・・
庭には桜の木が3本、家の周りにも野生(?)の桜の木が沢山・・という恵まれた環境に暮らすワタクシですが、お花見をするには2つほど問題が・・。
まず1つ目の問題はイギリスの桜の時期はお花見をするには少し(かな~り?)寒いということ、そして2つ目の・・というか最大の問題は桜がいつ満開になるのか(ならないのか)予測ができないことです。
(この家に住んで7年になりますが、満開の桜を見たのは2度だけです)


満開の桜の下、(今年こそ!)お友達を招いてお花見をしてみたいですぅ~。



sP1130142.jpg

イギリスらしい曇り空です~。


sP1130143.jpg

この木のトンネルをくぐる瞬間、めっちゃ幸せ感じます にかー!



sP1130148.jpg

今日はいつもと違う道を通ってお散歩です。


sP1130149.jpg

・・と申しますのも


sP1130144.jpg

キョロキョロ・・


sP1130147.jpg

発見!
イギリスの案山子でございます~。


sP1130157.jpg

お散歩から戻って、庭の池でたたずむモモ嬢5歳。


sP1130156.jpg

一昨年、池の辺に移植した「行者にんにく」。
庭で手軽に行者にんにく狩りです~(笑)。


sP1130162.jpg

スノードロップもアチコチ沢山咲いています。


sP1130163.jpg

ずー・・っと眺めていても全然飽きません~。
川でも海でも、水の側が大好きなワタクシです。

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.02.23 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

アンティークブック ~ミセスビートンのお料理ブック(1880年)他~

ssP1130324.jpg
MRS.BEETONS EVERYDAY COOKERY AND HOUSEーKEEPING BOOKより

んー・・、美味しそうですぅ~ にかー!

上の写真はビクトリア時代のカリスマ主婦、ミセスビートンのお料理ブックの中の1ページ。
このお料理ブックを見る限り、ビクトリア時代のお料理はとても美味しそうです。
思わずヨダレが・・(笑)。


さてさて・・
一般的にイギリス料理は不味い!と言われていますが、一体いつからそんなコトになってしまったのでしょう?
最近のコト?

いえいえ・・
実は「不味いイギリス料理」、アンティーク並みの長~い歴史を持っているのでございますデス。


今から130年前の1878年、イギリス第2の都市マンチェスターでとある会議が開催されました。
なんと!
イギリス女性の料理下手・・を憂いた時の有識者たちが「家政学会議」なるものを開いたのです。
単に「家事」と呼ばれていたイロイロがこの会議で「家政学」という立派な名称を与えられ、料理・掃除・裁縫などを学校で教えることが(この会議で)承認されました。
この決定を受け、翌年から小学校で料理と清掃のコースが始まったそうなのですが・・。
現代のイギリス料理事情から察するに、もしかしてあまり効果がなかったかもです・・


マダムビートンが提案するビクトリア時代のお料理の数々。
本当は不味いか美味しいか、どなたか勇気のある方、試されてみませんか~?



ssP1130298.jpg

◆ミセス ビートンのお料理ブック ~1880年~


ssP1130300.jpg

カラーイラストが素敵です。


ssP1130301.jpg

メニュー例。



 ミセスビートンの本を ピック アップ

                                        ミセスビートンとは・・

ミセスビートンの料理の全て(1930年)カラーイラスト12点、全640ページ。イラストの状態も良いです。お気に入りのページを開いてディスプレーして・・。
価格: 13,800円
ミセスビートンの料理の全て(1945-50年)299_1s_42.jpg
価格: 12,600 円
ミセスビートンの料理の全て(1961年)300_1s_25.jpg
価格: 12,600 円

ミセスビートンの毎日の料理(1930年)296_1s_57.jpg
価格: 14,600円
ミセスビートンの毎日の料理(1920年)295_1s_33.jpg
価格: 13,600 円
ミセスビートンの家政書
(1912年)
ミセスビートンのお料理と家政学の本です。カラーイラストが32点、全2040ページの迫力のオリジナルバージョン!
価格: 0 円
SOLD OUT



テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.02.27 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


01 ≪ 2008/0203
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png