狩猟 ~キジ狩り~

バキュー・・・ン

今年も雉狩りのシーズンが始まりました。
オットと私の住むコテージ、通称「Keepers Cottage」は本来ならば狩りの番人(Gamekeeper)が住む為の家で狩場のど真ん中に建っている為、家の前には狩猟犬を連れ散弾銃を担いだイギリス紳士が毎週末ごとに集います。
(ちなみにオットの職はGamekeeperではありません)


ところで・・
ご存知の方のいらっしゃるかもですが、雉はあまり飛びません(飛べません?)。
追いかけると走って逃げます。
走って走って助走をつけてから、無理やり飛びます(笑)。
その様子はちょっと鶏に似ています。


雉狩りですが
犬が雉を追いかけて飛ばせ、飛び立ったトコロを散弾銃で撃ち落とします。
銃は常の空に向けて撃たれるので(近くでバキュンバキュンしていても)そう危なくはないのですが、位置的な関係なのか撃たれた雉が庭に落ちてくることが多いので、狩りの日は彼らが雉を回収しやすいように家のゲートを開けておきます。
私もオットも雉はいただかないので、庭に雉を置いていかれても困るのです~ ・・・汗



我が家ではいただきませんが、実は羽付き雉の下ごしらえはそう難しいものではありません。
死んだ雉をその辺にぶら下げ放っておくと(腐りかけた頃に)勝手に羽がバサ・・ッと落ちるので、あとはテキトーにローストするだけ。
めっちゃ簡単です。
モチロン腐りかけなので相当臭うらしいのですが、慣れるとその臭い(ニオイ)がたまらないのだそうです。
興味のある方はぜひお試しくださいマセ~。


さてさて・・
今日も手に雉をぶら下げたイギリス紳士たちが、庭を右往左往していますぅ~(笑)。



ssR0016225.jpg



ssR0016197.jpg



ssR0016213.jpg



ssR0016228.jpg

庭で雉を回収するイギリス紳士その1。

ssR0016233.jpg

庭で雉を回収するイギリス紳士その2。


kissDN もっと狩猟の写真をご覧になりたい方はこちらへ・・。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.12.01 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

日本から取引先の方がいらっしゃいました~

ヒィーン・・、疲れました~。

急に日本からお仕事先の方(Aさん)がいらっしゃる事になり、宿泊施設の予約やら取引先の方との商談のセッティングやらナンやらで、ここ10日間はめっちゃ忙しかったですぅ~ ???


でもでも
こんな程度で忙しい~などと言ってはいけないかもです(キリリ・・!)。
先週5日にイギリス入りしたAさんですが、なんと昨日(10日)の飛行機で日本へ戻られました ・・・汗

5泊6日でイギリス出張・・。
しかも到着は5日の夜10時&出発は10日の朝9時、実際に動けるのは正味(?)4日、すご過ぎです。

♪黄色と黒は勇気の印、24時間働けますかぁ~♪
恐るべし、ジャパニーズビジネスマン・・。


さてさて
今回のAさんの渡英の(一番の)目的はJさんと会う事。
Jさん家具職人。 納期は守れないけれど腕はピカイチ~ ・・のJさんに、イギリスのオールドパイン(70~80年前の古材)で家具を作って欲しいのだそうです。
Jさんについてご興味のある方はカテゴリーの「お仕事雑記」の「オーダー家具」をクリック頂くか、こちらへ・・。

実はAさんの会社で来春ショールームをオープンさせる計画があり、

そこで Jさんの家具を専門に販売したい ・・ということで、
今回はそこに設置する為の家具(サンプル)のオーダーにいらっしゃったのです。
(Aさんってば、めっちゃ大胆ですぅ~)


オールドパインのオーダー家具を専門に扱う(予定の)ショールームですが、いわゆるフツーの店舗ではなく、キッチンや寝室・リビングなどがある一般住宅(と呼ぶにはかなり大きいのですが)を利用したちょっと面白いショールームで、生活シーンに合わせた家具をそれぞれの部屋に展示する「生活提案型ショールーム」の為、オーダーはシャワールームのタオル掛けからベッド・・まで大小様々多岐に渡りました。

う~ん・・
納期も怪しいJさんですが、こう注文がバラバラだとオーダーミスもかな~り心配なワタクシです・・。


最近イライラすると髪を抜く癖のあるワタクシ・・。
来年春まで髪が持つか心配ですぅ。



イギリスのコンサバトリー

Aさんからショールームにはぜひイギリスの「コンサバトリー(温室のようなもの)」を付けたい!とお聞きして、コンサバトリーの展示場にお連れしました~。


フィッシュ&チップス

久しぶりにフィッシュ&チップスをいただきました。



写真をクリック頂くと、スライドショーが始まります

今回Aさんの為にお取りした、ちょっと面白いB&Bとイギリスの伝統的なホテル
ご興味のある方はこちらへどうぞデス~。



アップロードファイル 超簡単手抜きおもてなし料理アップロードファイル

sR0016502.jpg

日本へ戻られる前日の夜、Aさんを食事に招待しました。


sR0016485.jpg

ピーマンのオリーブオイル焼き。
前日の夜に作って冷蔵庫で冷やして・・。


sR0016488.jpg

クスクス。
出来合いのクスクスを買って、ナッツミックスを加えて混ぜ混ぜ。
周りにジャムを水でゆるくして飾ります。


sR0016489.jpg

ウォールナッツサラダ。
出来合いを買ってきてお皿に盛っただけ・・。


sR0016490.jpg

牛肉の大和煮。
前日オット用に煮ていたカレー・・のお肉を少し取って、醤油・蜂蜜・ニンニクで作ったタレに漬けてみました(笑)。


sR0016492.jpg

サラダ。
切ってあるサラダパックを買ってきて、戻したワカメとシーフードをトッピング。


sR0016500.jpg

ビーフン。
今回まともに作ったのはコレだけです、たぶん(笑)。


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

2007.12.11 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

クリスマスパーティーのドレスコード

今日はオットの会社のクリスマスパーティー、年に一度(?)のおめかしの日です~。

背中と胸の大きく開いた黒地に 金のラメラメ のロングドレス。
日本だったらこんなドレスは結婚式にお呼ばれでもしない限り、着る機会はないです。
いえ・・、
当年とって○○才のワタクシ、(例え結婚式に呼ばれたとしても)日本ではこのドレスを着る機会は皆無です、たぶん


るんるん(←死語です~)お出かけしたものの・・・
ロングドレスの方、ほとんどいらっしゃいません・・。

ガーン! (←死語です~) !絵文字名を入力してください

もしかしてワタクシ、浮いてマスカ?


一体何が起こったというのでしょう?
もしかしてロングドレス禁止令?
それともドレスコードがスマートカジュアルに??
う~ん・・、謎です~。


それにしても・・
正装のパーティーに うっかり 平服で参加・・というのもいたたまれない気分になりますが、逆もなかなかも居心地が悪いですぅ~。




ssR0016712.jpg

ホテルのバーで開場を待つ人々。


ssR0016719.jpg

前菜、サーモンのパテ。


ssR0016724.jpg

メインディッシュ。
クリスマスといえばターキーのクランベリーソース添えです~。
お皿にはイギリス人の主食(?)、じゃがいもがゴロゴロ乗っています~。


ssR0016739.jpg

デザート。
イギリス名物(?)クリスマスプティングが食べたかったですぅ~。


ssR0016780.jpg

このパーティー、ワイン(赤・白)は供されますが、ビールは自腹です。
皆さん、ホテルのバーにビールを買いに走ります(笑)。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.12.14 | コメント | トラックバック | クリスマス

クリスマスの伝統料理 ~ローストターキー&クリスマスプディング~

もう食べられませんですぅ~ ・・・汗

この辺りでは美味しいと評判のパブ&レストラン、「PLUME of FEATHERS」へ友達と行ってきました。
ここは我が家から近いので時々お邪魔するのですが、クリスマスディーナーを頂くのは初めてです。

あ・・
「ディナー」と申しましても、ワタクシたちが頂いたのは、「夕食」ではなく「昼食」です。
大ムカシ(ワタクシの記憶が正しければ中学時代)「ディナー」は「夕食」と習ったハズなのですが、どうもここイギリス※では「ディナー」は特に「夕食」を指す言葉ではないようです。
昼食でも夕食でも重い食事を彼らはディーナーと呼ぶのです。
(ちなみに通常の夕飯は「ティー」と呼ばれます)

※もしかしたらこの習慣、私の住むミッドランドだけかもしれませんが・・。


うっかりしていました・・。
パブ系のレストランは量が多い・・という事を忘れていました。
とにかくお料理一つ一つの量が爆発的に多いのです~。

いえ・・、
ワタクシ決して小食な方ではございません。
どちらかといえば大食です。
・・が、いくら美味しくてもこう同じ味が続くと辛いものが・・。
それぞれ違うメインディッシュをオーダーしてシェアするべきでした~。
今回はクリスマスディナーということで、全員がローストターキーをオーダーしてしまったのです・・。


結局・・
残った分は「ドギーバッグ」にして頂きました。
勿論モモ(ウチのワンコ)のお土産であるハズはなく、夜に自分で頂いてしまいましたが・・(笑)。




ssR0016968.jpg

「PLUME of FEATHERS」は人里離れた場所にポツン・・と建っています。


ssR0017017.jpg

クリスマスディナーは(パブではなく)レストランで頂きました。
奥はコンサバトリー(日本の温室のようなもの)です。


ssR0017020.jpg



ssR0016977.jpg

席にはカトラリーと共に、イギリス名物(?)クリスマスクラッカー。
みんなで輪になって、隣の人とクラッカーの両端を引っ張り合います。


ssR0016993.jpg

真ん中の部分が残った人がウィナーです。
中からは・・


ssR0016995.jpg

紙で出来た王冠、小さなおもちゃ、伝統的なイギリスのジョークの書かれた紙。
どのクリスマスクラッカーでも中身の構成は(全く!)同じです。

さてさて・・
このジョークなのですが、イギリス人がみても笑えないほどのオヤジギャグ(ダジャレ)。
クリスマスクラッカーの伝統らしいのですが・・。

たとえば・・
Q.牛が食べるミューズリーは?
A.ムーズリー。(日本では牛はモ-モーですが、イギリスではムームーなのです~)


ssR0017008.jpg

メニュー。クリスマス仕様です。


ssR0016989.jpg

前菜。


ssR0016998.jpg

メインディッシュ。モチロン、ローストターキーです~。


ssR0017004.jpg

たっぷりのクランベリーソースを付けて頂きます。


ssR0017009.jpg

デザートは憧れ(?)のクリスマスプティングです。


テーマ:クリスマスを楽しむ - ジャンル:ライフ

2007.12.19 | コメント | トラックバック | クリスマス

クリスマスマーケット

ssR0017349.jpg


何だかココロがぽかぽかしてきました~。
クリスマスイルミネーションの暖かい色合いのせいでしょうか?


モモ(我が家のワンコのボーダーコリー女子たしか5歳)を連れて、オットとバーミンガムのクリスマスマーケットに行ってきました。
11月から約1カ月に渡り開催されたクリスマスマーケットも、とうとう今日で終了です。
オットは今日が今年初めてのクリスマスマーケット、ギリギリ滑り込みで間に合いました。


それにしても・・
皆さん、お寒くはないのでしょうか?
ドイツ人に負けず劣らずビールラブ なイギリス人の皆さん、今日もビールをガンガンに飲んでらっしゃいます。
見ているワタクシの方が凍えそうです(笑)。


しか~も!
室内に席がある場合でも、なぜか皆さん外で飲んでいるのです。やじるし↓
う~ん・・、なぜでしょう?
体感温度が違うのでしょうか?

ssR0017335.jpg


日本人にしては寒さに強いワタクシですが、お外でビールはちょっと・・ ・・・汗
やはり寒い夜にはモートワイン(ホットワインwithスパイス)に限りますデス。
クリスマスマーケットで頂くモートワインはちょっとホットカルピスに似た味わいで、お中元の残りのカルピスを冬になるとお湯で割って頂いた子供時代・・を思わず思い出してしまいます(笑)。


ありゃ、りゃ、りゃ・・?? ??? 

モートワイン、飲みすぎたのでしょうか?
ココロだけでなく、頭までぽかぽかしてきましたぁ~。




ssR0017286.jpg

まるでお菓子の家みたいで、眺めているだけで幸せな気分になります~ ラヴ ハート


ssR0017299.jpg

イギリス名物(?)ガーリックブレッド。


ssR0017303.jpg

冬の風物詩、焼き栗。


ssR0017306.jpg



ssR0017280.jpg

クリスマスに無関係なお店も出店しています(笑)。


ssR0017318.jpg

移動遊園地のメリーゴーランド。


ssR0017357.jpg

豆電球 クリスマスマーケットのその他の写真は こちら


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.12.23 | コメント | トラックバック | クリスマス

オットとクリスマスイブ

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

オットと2人でクリスマスイブです~。


sR0017390.jpg

前菜イロイロ。


sR0017385.jpg

モッツレラチーズとトマト。


sR0017386.jpg

ミニチキンナゲット。


sR0017382.jpg

かぼちゃの小豆ミルク和え、マヨネーズ&クランベリーソース添え。


sR0017383.jpg

オリーブの実。


sR0017388.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0017384.jpg

ワカメと海老のサラダ。
醤油・マヨネーズ・ニンニクを小さなビニール袋で混ぜて、そのまま(ビニールの先っぽを切って)サラダにまわしかけます。


sR0017380.jpg

中華サラダ。



ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と押して頂けると励みになりますデス。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

テーマ:クリスマスを楽しむ - ジャンル:ライフ

2007.12.24 | コメント | トラックバック | クリスマス

イギリスのクリスマスは日本のお正月?

イギリスのクリスマスは日本のお正月みたいです~。

・・と申しましても、
今のお正月ではなく四半世紀以上前のお正月です。
(年がバレますね・・ ・・・汗


クリスマスの日は(ムカシの日本のお正月のように)銀行や公共施設そしてスーパーまで、ありとあらゆるお店がお休みになります。
クリスマス当日だけでなく翌日もお休みのスーパーも多いので、ワタクシも(念の為に)イブに食料の買出しに行きました。

気分は子供時代の 年越し です(笑)。
ワタクシが子供の頃は年末大量の食料を買い込んでおせち料理を作り、正月はそのおせちを頂いて過ごす・・といのが、大方の日本人の正しい年末年始の過ごし方でした。

若い皆さんには信じられないかもしれませんが、ワタクシが子供の頃、正月三箇日はどこもかしこも閉まっているのが普通でした。
開いているのは社寺くらいです(笑)。
(初詣は稼ぎ時なのですぅ~)
モチロン、コンビニなど一軒もありませんでした ( ・・・ 遠い目・・)。


さてさて・・
どこもかしこも閉まっているクリスマス、ワタクシとオットは朝から暖炉の前でモートワイン(おとそ?)を飲んで過ごしました。
お出かけは夕方モモのお散歩に行っただけ(笑)。
夕食はローストターキー(おせち料理?)をオットと仲良く頂きました。
明日の朝はローストターキーサンドイッチ(おせち料理の残り?)を・・


う~ん・・、イギリスのクリスマスは まさに 日本のお正月ですぅ~。



sR0017409.jpg

クリスマスの午後のKeepers Cottage。


sR0017425.jpg

外を覗くモモ(ボーダーコリー女子たしか5歳)。


sR0017426.jpg

外を覗くジャム(シャムネコ女子きっと6歳)。


sR0017440.jpg

暖炉の前のモモ。
暖炉の上の鍋にはモートワイン(スパイス入りのホットワイン)。
今日は朝からず~っとモートワインを頂いています。


sR0017446.jpg

材料:(A)赤ワイン750cc・オレンジジュース300cc・水300cc・砂糖大匙3・スパイスミックス1袋
    (B)ブランデー150cc
    (C)りんご・オレンジ(適当にスライス)
①(A)を沸騰直前まで暖め、(B)を加え更に(沸騰させないように)10分加熱、スパイスミックスを取り出す。
②(C)を入れたカップに①を注ぐ。



アップロードファイルクリスマスディナー(おせち料理?)アップロードファイル

sR0017481.jpg

《前菜》
(ターキーパイwithクランベリー/クスクスwithクランベリーソース/ウォールナッツとりんごのサラダ/洋ナシ)
器は私の大好きなウェッジウッド(クィーンズウェア)のアンティーク。

今日のお料理はクリスマスに欠かせない「クランベリー」がテーマ。
前菜もメインもデザートもクランベリー漬けなのです~。


sR0017495.jpg

《メインコース》
クリスマスの定番、ローストターキーとローストベジタブルです~。
たっぷりのグレービーソースとクランベリーソースを添えて・・


sR0017510.jpg

《デザート》
デザートはクリスマスプティングにしたかったのですが、オットが好きではないのですぅ~(くすん・・)。
(ムースwithクランベリーソース)



テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.12.25 | コメント | トラックバック | クリスマス

イギリス「ティー」の謎 ~お茶?夕飯??~

う~ん、いったいどっちでしょう?

イギリス人の友人HちゃんのパートナーJ氏から、「ティー」に誘って頂きました。
電話を受けたのはオットです。


オットはお茶に誘われた・・と主張するのですが、イギリスのティーは軽い夕食をさす場合があるので厄介なのです~。
時間が午後4時というのもビミョーです ・・・汗

Hちゃんに電話をかけなおして尋ねればヨイのでしょうが、(もし誘われているのがお茶だとしたら)夕飯の催促をしているみたいちょっと聞きにくいです・・。


・・とはいうものの
オットもワタクシも成り行き任せのO型、とりあえずお土産を持って訪ねることに・・(笑)。

さてさて
お土産は夕飯に招かれたのならお酒、お茶ならお菓子・・が一般的ですが、今回はどちらかわからないので(笑)全然関係のないモノ、この辺りで美味しいと評判のお肉屋さん・・のビーフパイとポークパイをチョイス(←死語デスカ?)しました。
お肉屋さんの・・という枕詞がいかにも美味しそうですぅ~ アップロードファイル


ガチャ・・

んー・・ ラヴ ハート
Hちゃんの家のドアを開けるとプ~ンと良い匂いが・・。
私たちが招かれた「ティー」はお茶ではなくて夕飯でした(笑)。



sR0017537.jpg

美味しいと評判のお肉屋さん。


sR0017539.jpg

スコッチドエッグやミートパイ・・、お惣菜がイロイロ並んでいます~。


sR0017540.jpg

雉(キジ)。
なんと3羽で£1.95(500円弱)!
我が家の周りで撃たれたキジもこのお肉屋さんに引き取ってもらうのだそうです。


sR0017545.jpg

キジのアップ。


sR0017541.jpg

夕暮れの街並み。


sR0017558.jpg

八百屋さんの店先。


sR0017559.jpg

街の広場。


sR0017626.jpg

キッチンのダイニングテーブルに並んだお料理。
セルフサービスでお料理を盛り付けてリビングに運びます。


sR0017632.jpg

今日のお料理はメキシカンです~。


sR0017647.jpg

リビングでティー(軽い夕食)。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.12.28 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

2日続けておもてなし~

アップロードファイル 超簡単手抜きおもてなし料理アップロードファイル

おおわらわ(大童)~、2日続けて おもてなし~
五七五です(笑)。

2日続けてお客様をお招きしました。
作り慣れたものを駆使して(笑)、超・超簡単おもてなし料理です~。


sR0017697.jpg

前菜イロイロ。


sR0017686.jpg

金時豆。
水煮のキドニービーンズを黒砂糖で味付け。
少しずつ砂糖を足して、煮立てて冷まして・・を4回ほど繰り返します。


sR0017672.jpg

カラーピーマンのオリーブオイル焼き。


sR0017681.jpg

味付け卵。
ビニール袋に漬け汁(酢・醤油・砂糖)とゆで卵を入れ、出来るだけ空気を抜いて口を縛ります(こうすると少ない漬け汁で済むのです~)。


sR0017685.jpg

中華サラダ。


sR0017676.jpg

雪山サラダ。
インパクトの割りにめっちゃ簡単です(笑)。
缶詰の鮭にマヨネーズをたっぷり塗り、玉ねぎの薄切りを満遍なくまぶします。
ポイントはマヨネーズを塗る前にキッチンペーパーなどで鮭の水分を拭き取っておく事!です。


sR0017673.jpg

海鮮サラダ。
洗わずにそのまま使えるサラダミックスを利用して時間短縮なのですぅ~。
ドレッシングはまとめて作って冷凍してあるものを利用


sR0017715.jpg

カレーパイ。
普通のカレー(夕飯の残り)に冷凍パイ生地を乗せてオーブンで40分。
カレーパンのないイギリスでは、けっこー受けます(笑)。


sR0017712.jpg

ガーリックブレッド&トマト(オリーブオイル焼き)。
前菜のピーマンのオリーブオイル焼きを作る時に一緒に焼いておいたトマト・・をガーリックブレッドに乗せてオーブンで10分。


sR0017714.jpg

酢豚。
お肉はまとめて揚げて冷凍しておいたものを、オーブンで8分ほど焼いてカリカリにして使います。
お肉を温めるている間に野菜を炒めるのです~。


sR0017711.jpg

事前に作ってレンジでチン!(笑)


sR0017779.jpg

カブの甘酢漬け。
酢・砂糖・塩をナベで煮立て、そこに切れ目を入れたカブを入れ、軽く火を通しそのまま冷まします。
あっという間に漬物の出来上がり。


写真を撮り忘れてしまいましたが、きりたんぽ鍋も作りました~。
鍋は前日に作り味を馴染ませておきます。
当日、きりたんぽ※とネギを入れて仕上げます。
鍋物は準備も簡単で簡単おもてなし料理では大活躍!なのです~。


※きりたんぽの作り方
①炊いたご飯適量と片栗粉をピニール袋に入れて潰します。
②①を細長く握りオーブンなどで焼きます。(棒に付けて囲炉裏で焼くのが正しい作り方です~)

テーマ:簡単おもてなし料理&デザート - ジャンル:趣味・実用

2007.12.29 | コメント | トラックバック | 暮らし ホームパーティー

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


11 ≪ 2007/1201
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png